膝の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 膝の痛みには膝の痛みになる原因がありますから原因から変えていくことが重要です。

膝の痛み

膝の痛みには原因があります。膝の痛みをヒアルロン酸を注射で打っても潤滑液を増やしても原因から変えていくことをしないと根本的には変わりませんし、そんな事をしていると軟骨も痛めやすくなります。

膝の痛み

 

ヒアルロン酸などの潤滑液を注入しても油をさすようなことですから、他に原因があるのに原因から改善しないと、もし潤滑液が切れてしまったら、軟骨を痛める事にもなります。

ヒアルロン酸は維持的な緩和しかしていませんし、関節に油をさすことだけです。

膝の痛みのある方は膝の内側の痛み、膝の外側の痛み、階段を上る時の膝の痛み、階段を下りるときの膝の痛み、歩いただけで痛む膝の痛み、お皿の部分が痛む膝の痛み、座って立つときの膝の痛み、色々な膝の痛みがあります。

痛みには原因が

必ず痛みには原因があります。病院ではわからない膝の痛みの原因があります。整形外科、外科の病院はケガや外傷、骨折の専門家ですから、膝の痛みは専門外と言う事もあります。

病院では関節も骨折とかヒビとか、ケガとか、傷でしたら専門家ですから膝の痛みと言うのは、それらではありませんから。

痛みを楽にしていくためには

膝の痛みを楽にしていくためには膝を触ればどうなっているかわかります。

水が溜まっていないでも、炎症やハレがあることもあります。炎症やハレがあると炎症やハレを抑えていくことから始めていきますが、多くの膝の痛みの方は、多くの方がハレや炎症があります。

炎症やハレがあると筋肉やじん帯、軟骨、骨も炎症やハレが起きている方もいました。

ただ、注射を打つだけではなく、薬でもなく関節自体を触れば、どうなっているかわかります。

膝の痛みには膝の痛みになる原因があります。

膝の痛みを一時的なもので楽にしようとすると悪化させたり慢性化させることもあります。

膝の痛みには

当院では膝の痛みのある方が良く来院して治療していますが、多くに方の膝を触ると炎症やハレ、又はそれ以上にブヨブヨしていると言う事がわかります。

水ではありませんが炎症やハレを起こしすぎると全体的にブヨブヨしていると言う方もいます。

どうなっているかは、見てみないとわかりませんが、当院の院長は学者ではありませんが治療家なので現場の専門家ですから、そういう方を多く見ています。

治療は信じられないかもしれませんが、膝を触ってマッサージでするだけで関節が細くなります。細くなると言うことは炎症やハレが改善していると言うことです。

変形性膝関節症

膝の軟骨がすり減り、痛みが出てくる状態です。

ひどくなると変形が進行して歩くたびに痛みがある方もいます。

初期の段階では朝歩き始めて痛みがあったりイスから立ち上がる時、また長く歩いた後に痛みがあったりすることが多いようです。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は膝の痛みを改善しています。