更年期障害

  • はてなブックマークに追加
  • 更年期障害には更年期障害になる原因がありますから原因から解消すると楽になっていきます、薬で抑えたりしないで原因から考えていきましょう。

更年期障害

更年期を迎える年齢に達すると卵巣の機能が衰えて女性ホルモンの分泌量が減少することから起きる色々な症状を更年期障害と言います。

更年期障害


更年期障害は閉経する前後にある原因不明の色々な症状のことを言います。

更年期障害

閉経前後に起きるいろいろな症状はイラストのように色々ありますから原因不明で起きるあらゆる症状が年齢である50歳前後に起きていえば更年期障害といわれて病名が付ます。

更年期障害というのは50歳前後の方に起きるホルモンのバランスが原因だと考えられていますので女性ホルモンの分泌減少することが関係する色々な症状から起きていると考えられています。

これは病院の先生や研究者の言葉などで当院の院長の目から見れば、全然基本的なものが考えられていないなと思うことが多くあります。

当院の院長は特殊な検査法で体調の検査をすることができます。

今まで来られた更年期障害の方は体調がすごく悪くなっていました。

女性ホルモンの分泌の減少と言うよりも閉経前後にホルモンのバランスの狂いから体調としてることが原因です

閉経前後にホルモンのバランスが狂うことと体調が悪くなったことが重なってしまって更年期障害のような症状になっています。

更年期障害は

更年期障害は体調から良くすることから始めると更年期障害による色々な症状が少しずつでも楽になってきます。

体調が悪い時には当然ホルモンのバランスも悪くなっていますのでホルモンバランスが崩れているのは当たり前です。

体調が落ちていれば内臓も元気ではありませんので、内臓の働きの低下から起こるいろいろな不調状態が起きています。

内蔵の働きが落ちていれば内臓の働きを上げればいいわけですから、当院の治療は内臓の働きまで上げることができます。

ホルモンの分泌するところも内臓ですからホルモンの分泌を整えていくためにも体調を上げていかないと内蔵はしっかり働ことはしません。

更年期障害が起きている方は

更年期障害が起きている方はものすごく体調が悪くなっている場合が多いようですから数回かかって体調が上がる方もいればさらにもっとかかる方もいます。

一番難しいのが体調を上げるということなのでマッサージしても体調は上がりませんし、サプリメントや薬を飲んでも体調は上がりません。

低周波治療器や電器などをしても体調を上げるということはできません。

体調を上げるということが普通に一般的に言っている場合が多いようですが、そんなに簡単に体調というのは上がってきません。

どこでもどんな治療でも体調を上げるということは、一番難しく分かってない方ほど、簡単に考えています。

一度起きた更年期障害は、いつ治るとも限らず永遠と更年期障害という方もいらっしゃいます。

病院の薬を飲むこともかまいませんが

原因から改善していくようにしないと一度起きた問題はそんなに簡単に治るものではありません。

薬というのも治すというよりも抑えているような感じが強いようですが、ただしく働いてないホルモンに対して、外部からホルモンを投与するということが中にあるホルモンをもっと働きません。

中にあるホルモンを活性化して働きようにしないといけないのに、外部からホルモンを投与されると中野ホルモンはもっと働かなくなります。

 


北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから更年期障害を薬を使わずに改善、解消するカイロプラクティック徳力整体院