肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを解消するならストレッチしても筋トレしても運動してもツボを押してもマッサージしても病院でも肩こり解消グッズを買ってもネックレスしても効果があるけど原因から小倉でコリの専門家なので人気があります。

肩こりを楽にしていくなら

肩こりを解消しようと思うなら一時抑えよりも肩こりの原因を見つけることから改善しています。

肩こりと言うと運動したり腕や肩を動かしたりすると循環がよくなりますからリンパの流れが良くなって老廃物が減っていきます。普段から動かすことがない肩ですから動かしたりすることは有効な方法です。運動しても続かないと意味ありません。しかし・・・・

肩こりと言うとストレッチをする事でも同じ効果がありますからストレッチして動かすと筋肉がほぐれていきますから肩こりが楽になることもあります。ストレッチしても続かないと意味ありません。しかし・・・・

ネックレスを買っても中に入っているもので肩こりが楽になる方もいます。特に磁気ネックレスは大変流行しました。しかし、今は激減しています。

肩こりを解消すると言うクッズを買って試してみても肩こりは楽になることもありますが。

肩こりに効果があると言うツボを押してもツボで肩こりが解消されて楽になることもあります。

肩こりと言うと湿布を貼っても肩こりが楽になることもあります。

肩こりと言うとマッサージをしても肩こりが楽になることもあります。

肩こりと言うと針を打っても肩こりは楽になることもあります。

肩こりと言うとお灸をしても肩こりは楽になることもあります。

肩こりには指圧をしても肩こりは楽になることもあります。

肩こりには低周波治療器や電器をしても楽になることはあります。

肩こりと言うと

肩こりには原因があるから肩こりになっています。肩こりの原因を見つけ出すことをしないと、本当の意味で肩こりを解消することにはなりません。

肩こりが起きる時には疲れが筋肉に蓄積して起きています。つまり筋肉疲労が肩こりの一因になります。

毎日の生活、仕事で疲れやストレスがたまりますが、疲れやストレスは筋肉にもたまりますから筋肉にたまる疲れやストレスが筋肉疲労の原因になります。

この筋肉疲労の積み重ねがあり解消できないと肩こりになります。

しかし筋肉疲労が長いとリンパの流れが悪くなって老廃物がたまるだけでは済みません。

筋肉疲労が多くなっていくと筋肉、そのままではなくなります。

筋肉がどうなるのか、というと筋肉も硬くなっていきます。

筋肉が固くなると言うことは何をしても柔らかくなることはありません。

しているときだけ良い感じがしますが元に戻ります。

マッサージしても、低周波治療器や電器をしても、何をしても柔らかくなりません。

これは筋肉の老化だからです。

よく高齢の方が膝を悪くしますが、変形までいく膝の痛みが起きている方がいますが、これと同じことが筋肉にも起こります。

一度、老化した筋肉は体質改善の治療でしか変わりませんし、簡単に変えられるものではありません。

定期的に来て施術してかえられるものです。

筋肉以外で肩こりも

肩こりと言うと筋肉でも起こりますが筋肉以外で起きている肩こりもあります。それは背骨のズレです。多くの方が背骨のズレで筋肉が引っ張られて筋肉が緊張して肩こりになっています。

しかし背骨のズレは、どうして起きるのか、原因があります。

肩こりを起こしている方の検査をしてみると、筋肉の疲労だけではなく背骨のズレがある場合が多くあります。

しかし背骨は中枢神経を保持しているので簡単にズレることはありません。

背骨がズレる原因はある部分に疲れやストレスがたまるのが原因です。

このある部分とは内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

内臓にも疲れやストレスはたまります。

内臓に疲れやストレスがたまると体の内側から崩れていきます。この崩れが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

背骨のズレが起きるのは内臓疲労です。

内臓も消化や酸素を吸う事でも勝手に働いてくれています。

内臓の働きの低下から肩こりに

アルコールや脂分の摂取で内臓が一生懸命働いてくれるからエネルギーが作られます。

しかし内臓にも働くことで疲れやストレスが多くなります。

この多くなったものが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。

どこの内臓に疲れやストレスが多く蓄積したのかで痛みやコリになる部分が違います。

疲れやストレスは全体にたまりながら、さらに弱い内臓に蓄積していきます。弱い内臓に疲れやストレスがたまると内臓は老化していきます。これが病気になります。

体には生まれつき弱い内臓とそうでもない内臓があります。

そうでもない内臓は痛みやコリとも病気にも関係ありませんが、弱い内臓はそうはいきません。

例えばですが親や祖父母が糖尿になっていれば、子供や孫はアレルギー、アトピーになる可能性が上がります。あくまでも可能性ですが。

肩こりになる方

肩こりになる方は生まれつき肩の筋肉が固いかも知れません。生活することで、さらに弱い筋肉が老化して固くなっていきます。その時に肩こりとして気が付きます。

生まれつきある肩の筋肉の弱さは年齢とともに上がりますから、さらに弱くなります。

肩こりを起こすのは内臓関連だけではありません。

肩こりになる

小倉肩こりを楽にしていくなら原因を見つけることから解消しているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月10日