骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で骨盤矯正をして骨盤を小さくしていく為には骨盤の歪みや開きから整えていく骨盤矯正をすると脂肪や浮腫みも解消していくカイロプラクティック徳力整体院の矯正。
骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

骨盤矯正を希望させる方が多くいますが、多くの方は骨盤矯正の言葉を知っていても、どんなものか、知らない方が多くいます。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていく矯正です。それが、どんなものなのか、知らないと言う方が多くいます。

ですから骨盤矯正をしていく時に、当院では骨盤の幅を触っておぼえて下さい。言いながら骨盤のわかる部分を院長が触って、お見せしているのですが、それを触ることができない方が多くいます。

院長が「骨盤の横に手を当てて、触ります」と見せても触れない方が多くいて、違う所を何となく触っていたりしています。

骨盤矯正と言うのは

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。下には骨盤の写真がありますが、これが骨盤です。骨盤とは骨です。骨を小さくしていくことが、本当の骨盤矯正です。

骨が小さくなるのか、と言うとなりません。つまり骨盤矯正とは言えません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行くときには、対象になるものは、骨盤の歪み・骨盤の開きです。

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると、骨盤周辺に脂肪や浮腫みが多くなります。つまり骨盤矯正と言っても骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すると骨盤が小さくなります。

骨盤の歪み・骨盤の開きが解消させると骨盤周辺にある脂肪や浮腫みが減りやすくなります。

しかし、それだけではダメなんです。

骨盤の歪み・骨盤の開きがある時には、どうして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きているのか、と言うことが肝心です。

何も原因がなくて骨盤の歪み・骨盤の開きが起きることはありません。

何かの原因があるから骨盤の歪み・骨盤の開きになります。しかし初回から色々矯正すると体力がない方ほど変化についていけなくてダルクなりますから、初回は骨盤矯正だけして骨盤が小さくなるということをお見せしています。

2回目からは骨盤矯正でも骨盤だけではなく他も調整していかないと維持することもできません。戻りが多きかったり、持続する力、維持する力は、ご自分の体に原因があります。

維持する、持続力

骨盤矯正をする時に、気になるのは、本当に骨盤が小さくなるのか、と言うことと、持続することができるのか、と言う事だと思います。

骨盤矯正で骨盤が小さくなります。

しかし、誰でも骨盤矯正をしたあとの骨盤の小ささを、変化なく戻りもなく維持することはできません。

これには理由があります。維持することができないのは、体調にあります。最近は自分で体調が感じていない方が多くいます。

骨盤矯正をする時に体調はどうですか、と聞くと「体調は良いです」と言って検査してみると体調が異常と思えるほど悪い方が多くいます。

つまり自分の体調が落ちていることに気が付いていないと言う事です。体調が気が付いていない方は奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている場合が多くあります。これが起きるのは睡眠負債です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。普通でしたら良い睡眠です。

しかし眠るとは脳から寝ていることを言います。体が寝ている状態でもスースー寝息を立てている眠りをしていても脳の中の事までわかりませんよね。

人が見ても気持ちが良さそうな眠りをしていても脳の中の事までわかりません。なのに見た目で見て寝ているから眠れていると思っています。

それだけの理由で。

脳の中のことは検査しないとわかりません。

寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどの方が不眠症でした。

しかし今の不眠症の方は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。あとの5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。夢を見る睡眠の方が寝ています。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまします。寝ながら考え事をしている睡眠は脳を弱らせていきます。脳を弱らせると脳疲労になります。脳疲労になれば脳が疲弊して衰弱も起こります。

そうすると痛みやコリもわからなくなります。風邪も引かなくなります。風邪の細菌もインフルエンザウィルスも脳が元気だから引くことができます。特に熱は脳が細菌やウィルスを減らす熱です。最近やウィルスが熱を出すことはありません。自分で減らそうとして熱を出しています。

ですから脳が弱れば細菌やウィルスが充満していきます。細菌やウィルスの宝庫になります。こんな状態でも何も起こりません。

骨盤矯正をして維持すること

骨盤矯正をして維持する力は眠りにもあります。寝ているようで寝ていない方が増えていますから、眠りの質を上げていくと維持しやすくなりますが、骨盤矯正だけではありません。

眠りが浅いと精神をやられていきます。

脳細胞の急激な減少が起こります。一番は記憶に問題を起こします。うっかり、物忘れ、イライラしやすいなどが増えていきます。

どちらかと言うと骨盤矯正よりも、ほんとうは体を治した方が良いと思いますが、骨盤矯正と同時にしていくとウエストまで細くなります。

骨盤矯正だけではなく顔も小さくなっていきます。

 

小倉骨盤矯正をするならボキボキしない痛くない骨盤矯正をするなら骨盤の歪みから矯正して骨盤を整えて行くと骨盤が小さくなり小尻になることができます。

2018年04月20日