腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で腰痛、腰の痛みを楽にして腰痛の原因の骨盤の歪み・背骨のズレから解消する北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛を解消

腰痛を改善するなら腰痛を楽にしたら腰痛の原因になっている骨盤の歪み・背骨のズレから解消する事をしないと。

腰痛になったら腰痛には原因があります。腰痛の原因を改善していかないと戻りやすく効果がなかったり痛みがない時でも原因は進行していきます。

しかし腰痛と言うのは骨盤の歪み・背骨のズレが原因なんですが、骨盤の歪み・背骨のズレを矯正しなくても腰痛は楽になります。

骨盤の歪み・背骨のズレを整えなくても楽になりますが、骨盤の歪み・背骨のズレは残ったままになっています。

骨盤の歪み・背骨のズレを解消しなくても腰痛が楽になる方法は対症療法と言う治療になります。対症療法と言うのは原因なんか関係なく、原因を見つけることもなく楽にする事をしていき方法です。対症療法と言う方法は色々あります。

●例えば湿布を貼ったりすることも対症療法の一つです。湿布を貼ったりすることは痛み止めです。冷やす効果や鎮痛効果のある薬剤で炎症を楽にすることもできます。腰の痛みがある部分に対して貼ることができるので普通の方もできますし一般にドラックストアで買う事もできます。湿布も色々な種類がありますので、どれを選ぶかで違いが多少あります。

しかし湿布を貼ったりしても腰痛の原因なんかは関係ありませんし、どうして起きているのか、なぜ起きているのか、と言うことは関係もなく骨盤の歪み・背骨のズレを整えることではできません。湿布を貼ったりしても強い痛みは楽なることもあります。湿布を貼ったりして楽になる程度の腰痛でしたら。

腰痛が起きるときには、どこかに原因があります。強い痛みは湿布を貼っても楽になっていく時もありますが慢性化しやすく繰り返す原因になったり、10年たっても治っていないと言う方もいます。

慢性化した腰痛はこじらせていきます。何年間も腰の痛みがある状態が続いていると、そのままではありません。患部も色々なこじれた状態になります。厄介な状態になっている方も多くいます。

腰痛とマッサージ

腰痛が起きた時にはマッサージをすると言う方もいます。マッサージして楽になることも多くあります。マッサージする時には筋肉を対象にしてマッサージしていきます。腰痛と言うと筋肉、じん帯も炎症を起こしていますから湿布を貼ったりしても解消しないものを変える事ができるかも知れません。

マッサージと言うのは筋肉に対してだけ効果がありますから筋肉の炎症などに有効です。腰痛と言うと筋肉のトラブルから腰痛になりますが、腰痛に関係する筋肉は表面上の筋肉も関係しますが、もっと奥の筋肉が関係します。

院長も以前、腰痛を起こして有名だと言う治療院にいって運動療法のような腰痛を解消する受けましたが、受けたあと、しばらくしたら腰がズキズキしだしました。運動療法ですから足を曲げたり色々していましたが検査する事もなく、ただ運動療法をしているだけでした。今思えばですが。

腰痛が起きた時には骨盤の歪み・背骨のズレから整えていくことが必要です、そして腰椎部に椎間板ヘルニアがあることもあります。それらは検査して見つけることをしないとわかりません。検査する事ができる専門家の先生じゃないとわかりません。

マッサージの先生には専門家の先生はいません。マッサージする方の専門は筋肉のマッサージですから。骨盤の歪み・背骨のズレが専門ではありません。何事も専門分野があります。

マッサージの先生はマッサージが専門です。マッサージと言うのは筋肉に対して施術していく方法です。

マッサージと言うのはウィキペヂアで見てみると皮膚に対して血液の循環、リンパの循環を改善する手技であると書いています。マッサージと言うのはヨーロッパが発祥だそうです。スポーツした後、運動したあと筋肉の緊張をほぐすためにマッサージによる適度な刺激をすることで緊張を緩和することで筋肉痛を和らげたりすることです。まさに癒しです。時には体を癒すことも必要です。しかしいつまでも癒してばかりいても変わりません。

当院でも目的があるマッサージはしますが、マッサージを専門にしている訳ではありません。骨が動きやすいように揉むことをしています。筋肉、じん帯の炎症やハレを解消するために揉むことをしています。

当院では腰痛、腰の痛みのある時に検査することをして確認しながら楽にして、筋肉、じん帯の炎症やハレを解消したり骨盤の歪みを整えて背骨のズレが有れば改善する事をしていきます。しかしそれだけではなく、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、見つけていきます。

腰痛と低周波治療器や電器

腰痛を改善する治療院の多くは低周波治療器や電器を使っています。当院でも昔は使っていました。しかし今では低周波治療器や電器は使っていません。壊れたとかではなくある時、疑問に思って低周波治療器や電器を研究して見たからです。

低周波治療器を研究して見た所、大変なことがわかりました。低周波治療器と言うのは刺激をすることで痛みを散らすことをしています。プラス端子からマイナス端子へ低電流の電気を流して筋肉を刺激します。電気で筋肉を刺激して痛みになるものを散らしています。散らすことで腰痛、腰の痛みが楽になることもあります。電気をすると筋肉は疲れをためていきます。電気は運動療法の一種です。

運動すればするほど筋肉は疲れをためていきます。疲れているのに疲れさせることをしていくと痛みがマヒしてわからなくなります。低周波治療器や電器をしても腰痛の原因は変わりません。

低周波治療器や電器をしても骨盤の歪み・背骨のズレは残ったままです。骨盤の歪み・背骨のズレがあると腰痛としてだはなく股関節の痛み、生理痛、生理不順、便秘がひどくなる、膀胱炎、尿漏れなどになります。

腰痛と原因

腰痛を起こしていく時には原因があります。この原因が骨盤の歪み・背骨のズレなんですが骨盤の歪み・背骨のズレも原因がなくて起きることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きる時にはある部分に疲れが溜まりやすくなっている方です。ある部分と言うのは内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

腰痛を起こす内臓は腎臓です。体の中には弱い部分とそうでもない部分があります。弱い内臓には毎日の生活、仕事などで疲れが溜まりやすくなります。

疲れが溜まると腎臓の働きが弱っていきます。この弱りが腎臓に関係する筋肉バランスを崩します。筋肉バランスが崩れてくると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。骨盤の歪み・背骨のズレが起きた時に気が付かないで重いものを持ったりすると腰痛になります。

つまり骨盤の歪み・背骨のズレがあると体を支えることができません。

腰痛になるときは、重いもの、中腰、前かがみ、同じ姿勢、くしゃみ、布団が合わない、横すわり、あぐらなどで起こります。これらは切っ掛けと言います。腰痛の原因ではありません。

腰痛とは

腰痛とは腎臓疲労が原因で腎臓に関係する筋肉バランスが崩れて骨盤の歪み・背骨のズレになります。しかし、これだけでは痛みはありません。あとは切っ掛けが必要です。

腰痛になる時は切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレができていれば条件はそろっています。

条件が揃ったときに腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みの治療法は、ますは筋肉、じん帯の炎症やハレを解消すること、そして骨盤の歪み・背骨のズレを整えること、普通の整体院やカイロプラクティック院ではここまでですが、当院では腎臓疲労を解消することもしています。

そして、さらに体質改善の施術で原因の腎臓を強くしていく事をしています。しかし体質改善の施術は強い施術ですから初回からはできません。

腰痛、腰の痛みの根底にあるものは体質的な腎臓の弱さです。弱い腎臓に疲れが溜まるから骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛みにならない方は。腎臓が弱くありません。

腰痛、腰の痛みとは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は腰痛を解消する事をしています。

2018年05月29日