小顔矯正で顔を小さくする

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正なら持続力、維持することの効果がある顔が小さくなる矯正をしている北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をして行くときにはボキボキすることもなく顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていく時には痛くない小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時には顔を無理やり押さえつけたりすることはしません。

小顔矯正をする時には小顔矯正と言うよりも顔の治療と言う感じで矯正をしていきます。当院では検査する事ができます。

検査してみると顔にも疲れやストレスが溜まっていることがわかりました。最近の研究成果で発見された事で考えもしないことで、普通ではありえないことなんですが、体には多くの疲れやストレスがたまっていますが、この疲れやストレスが体だけではなく顔にもたまっているということがわかったからです。

顔にも疲れやストレスがたまると言うことがわかったと言うことは、それを減らす事ができれば顔が小さくなるかも知れないと言う事です。

普通は誰でも顔に疲れやストレスがたまると言うのは考えもしないことです。普通ではありえません。

しかし本当に顔にも疲れやストレスがたまっているんです。顔に疲れやストレスがたまると皮膚、脂肪、筋肉、じん帯、顔の骨が炎症やハレを起こしていきます。これも検査できる当院だからこそ、わかったことです。

顔にも疲れやストレスがたまると皮膚、脂肪、筋肉、じん帯、顔の骨が炎症やハレを起こして顔が朝から大きくなります。

顔の骨まで炎症やハレを起こしていると顔が肥大して大きくなります。顔にも浮腫み、脂肪が多くなります。

朝から顔が浮腫んでいる方は睡眠負債になっています。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をして行くときには一番、多いと小顔矯正効果がないものがあります。それが実は疲れやストレスなんです。

毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスです。疲れやストレスと言うのはたまる所があります。

疲れやストレスは人が生活したり仕事をしたり精神的な緊張やプレッシャーでも多くなります。

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチしたりすることでも疲れやストレスは多くなります。

カラオケに行っても、旅行に行っても、温泉に行っても気分は変わりますが疲れやストレスは体にたまっていきます。

人は疲れやストレスと無縁ではいられません。

疲れやストレスがない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいます。わからない方は睡眠負債のある方です。

その疲れやストレスがどこにたまるのか、知っている方は限られます。疲れやストレスがどこにたまるのか。体にたまると言うことはわかっていると思いますが、多くの方が意識していません

疲れやストレスがたまる所は食べたものを消化する時に内臓が働いてくれています。内臓が働くと疲れが生まれることもあります。内臓の疲れはどこにたまるのか。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは35キロ中、骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経も内臓の一部です。疲れやストレスは筋肉にたまりながら内臓に多くたまっていきます。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレスが内臓にたまっていくことが多くあります。

日常的に生活したり仕事をしたり運動したりすることで疲れやストレスが多くなります。この全てが内臓にたまっていきます。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

これらも内臓の働きです。内臓が働くことで疲れやストレスが多くなり内臓にたまっていきます。

内臓の働きと生活する両方の疲れやストレスが内臓にたまっていきます。

これが内臓と筋肉にもたまりますが、顔にもたまります。

食べたものを消化する時に内臓が働いてくれています。内臓が働くと疲れが生まれることもあります。内臓の疲れはどこにたまるのか。

疲れやストレスは弱い部分にたまっていきます。

睡眠障害と小顔矯正

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債になっていることに気が付いていない方が多くいます。睡眠障害と言うのは寝ているようで眠れてないことです。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしている

寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠です。つまり寝ていますが眠りが浅い最悪な睡眠です。

脳が寝る眠りと言うのは熟睡です。

睡眠障害があると脳は弱っていきます。脳が弱ると脳細胞の急激な減少をしていきます。そうするとイライラしやすくなったり、頭がボーとするすることや、物忘れ、うっかりが多くなります。

睡眠障害が多くあると痛みやコリも感じにくくなります。

院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

体調が落ちていると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが大きくあり、痛みやコリになっていますが、感じていませんしわからなくなってます。

体調と小顔矯正

小顔矯正をしても顔が小さくなっても維持することや持続力は睡眠障害、疲れやストレスの蓄積が大きい方です。

疲れやストレスの蓄積が大きいと骨盤の歪み・背骨のズレになります。

小顔矯正をする時には疲れやストレスの蓄積と睡眠障害あると顔の皮膚、脂肪、筋肉、じん帯、顔の骨が炎症やハレを起こしています。

皮膚、脂肪、筋肉、じん帯、顔の骨が炎症やハレをを減らすことを初めからしていくから顔が小さくなります。

特にアゴのラインはスッキリ引き締まります。

ということはアゴの部分は多くの疲れやストレスを貯めているという事になります。

小顔矯正とは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は小顔矯正の効果がある持続力、維持する力を向上させること。

2018年07月05日