腰痛を楽にするには

腰痛を改善しようと思うなら、腰痛の原因から見つけ出すことをしなければ本当の意味で腰痛を楽にすることはできませんが、腰痛の原因を見つけ出すこともなく、楽にすることはできます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

腰痛を楽にする治療というのは、多くの治療院でしている方法なんですが、対症療法という方法で楽にすることを目的とした治療法ですから、治療とゆうよりも楽にする治療法だということです。
腰痛を楽にするためには、対症療法という治療法ですが、対症療法というのは湿布を貼っても痛みは楽になることもありますし、家族の方にもんでもらったり、専門家の方に揉んでもらうことでも腰痛は楽になっていくということもあります。

腰痛を解消

また、ドラッグストアなどに売っているサプリメントなどを飲んでも腰痛や肩こりや頭痛などを生理痛なども楽になることもあります。
治療院などでよく用いられている、低周波治療器や電気などを使うことでも痛みや凝りは楽になることもあります。

しかし、これらの対象療法という治療法は原因を見つけ出して直しているわけではありませんので、楽にすることが目的ですから、どこから痛みが起きているのか、どうしてコリが起きているのかということを見つけ出すことはありません。


特に低周波治療器というのは、電気を当てることでプラス端子からマイナス端子に電流が流れていき、筋肉を刺激することで揉みほぐしたり、運動させるという治療器ですから、痛みはコリ治すというよりも散らしてしまっているという場合が多いようです。

マッサージも筋肉に対してほぐしたり揉んだりすることには有効だと思いますが、原因は違うところにありますので、何でもかんでも筋肉だけではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレから

単純に筋肉が疲れたり、筋肉が疲労したり、筋肉が緊張したりということで、これが起きている場合にはマッサージは有効だと思いますが、筋肉だけで起きている痛みというのはまずはありません。
マッサージで有効なのは、筋肉疲労とか緊張というレベルですから、その先にあるものが一番重要になりますので、単純に何も原因がなくて筋肉が疲労したり緊張したりということは考えられませんので、どうして筋肉が緊張するのか疲労するのかということを見つけ出さなければいけません。

腰痛が起きる時でも何かが起きているから、腰が痛くなってぎっくり腰や腰痛になっている訳ですから、原因を見つけ出さない限りは痛みだけを楽にすることは湿布を貼ってもマッサージをしても低周波治療かけても可能かも分かりませんが、原因が残ったままになっています。

必ず体には何かの症状が起きるときには歪みやズレが起きています。歪みやズレがない方はいませんし、起きていない方はいませんけど程度の段階が皆さん違います。

歪みやズレも大きく起きている時もあれば、軽く起きている時もありますし、ひどく起きている方もいらっしゃいますので、色々な歪みやズレがあるということで痛みやこりの度合いが違うということです。

回復させること

長く痛みが起きている状態では体調が回復することができない場合が多く、見受けられますので、体調を回復させることが一番だと思います。
体調を徐々に回復させていくことができれば、多くの症状が楽になっていくことはありますが、最近多くの方がこじらせている場合が多いようですから、こじらせてしまうと簡単にはいかない症状が出てきますので、しばらく時間がかけながら回数をかけながら回復させないと楽になることができないという方がいます。

腰痛と言っ言っても単純なものから複雑なものから厄介なものから色々な腰痛がありますので、数回で楽になることもあれば二、三ヶ月かけながら治さないと回復しないという腰痛もあります。
腰痛を起こしている原因というのは、多くの場合、身体に溜まった疲れやストレスが原因なんですが、体に溜まる疲れやストレスも溜まる場所があるから溜まっていく訳です。この貯まる場所が一番、問題なんです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

多くの腰痛や腰の痛みが起きている方の場合自分でも気がつかない場合が多く見受け体に多くの疲れやストレスがたまることが原因で色々な症状を起こしていますので、疲れやストレスがどこに溜まるのかということですまる。
疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば水分が65キロにもなりますので、血液だったり体液だったりリンパ液だったり色々な水分が65キロにもなりますから体重の半分以上は水分だということです。
水分に疲れやすい奴が溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

体重が百kgの方の35kgが皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと、あとは大脳の重さと脳幹の重さと脊髄の重さと内臓の重さになります。
この中で一番疲れやすいですが、貯めやすいというところを見てみると内臓と筋肉になります。
中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄も内臓-1部と考えられますので、疲れやストレスの多くは内臓に溜まりながら筋肉にも少し貯まるということで、どちらかというと筋肉に溜まる疲れやストレスというよりも内臓に蓄積していく疲れやストレスの方が多くあります。

疲れやストレスの蓄積

しかし内臓に溜まる疲れやストレスと言いましたが病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく、しっかりと説明を聞いて、内臓にたまった疲れやストレスが原因だということです。
最近は本当に多くの方が疲れやストレスを内蔵にためてしまっていますので、内蔵に貯めることが原因で体の中から崩れを起こしていき、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

特に背骨のズレというのは、内臓に直結していますので、多くのバーイ、腰痛やぎっくり腰や腰の痛みが起きる時には必ず腎臓に疲れやストレスがたまることが原因で大腰筋、腸骨筋という筋肉に影響を出してしまって、骨盤のバランスが悪くなった状態で何かをした時に腰が痛くなっています。

腎臓に疲れやストレスが溜まって、多くなっていくと腎臓に関係する筋肉が大腰筋と腸骨筋という筋肉ですから、大腰筋や腸骨筋という筋肉は股関節の内側に付着していますので、股関節の部分を位置をずらしながら骨盤の歪みやズレを起こし、背骨のズレを起こしていきます。

必ず腰痛が起きる時には骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、足を組んで椅子に座ったり横すわりをしたり、車の運転を長くしたり、スポーツや運動や野球やサッカーなどをした時に骨盤が不安定になった時にバランスを崩す姿勢やバランスを崩すことをすると腰痛が起きてしまいます。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレ

骨盤が歪んだり開いたりすると、骨盤が冷不安定になりますので、不安定な時に重たいものを持ったりすると体を支えることができない状態になっている時に何かをしたら痛みになります。
骨盤が不安定な状態というのは誰でも起きているものなんですが、何かをしたきっかけが重なった時に腰痛になる場合が多くありますので、きっかけと骨盤の不安定状態の両方が大きく揃った時に腰痛やぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になります。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも誰でも起きていても、不思議ではないものですから、特別なものではありませんので、骨盤の歪みや骨盤の開きがある時にはヘルニアが起きている方が多くありますが、ヘルニアがありますよと院長がいても信用しない方もいますし、痛みがあるところを押さえて、そこが痛いと言われていてもどうなってるかということも考えずに単純にいたいと思っているだけの方が多いようです。

腰痛が起きる時には腎臓が疲れ切っている状態で披露多く貯めてしまっていますので、疲れやストレスの蓄積が、大腰筋、腸骨筋の歪みを起こし、骨盤を不安定にさせていきます。

普通一般的に整体院やカイロプラクティック院が歪みやズレを矯正してくれていますが、それでも単純に歪みやズレを矯正するだけでどうして歪みやズレが起きたのかということは見つけ出すことはしているところは少ないと思います。

必ず歪みやズレが起きる時には原因がありますので、原因から改善していくことをしないと最終的には色々な状態に進行していくということもありますし、悪化させてしまうこじらせてしまうという方もいますし、脊柱管狭窄症という風に進行して手術しないと治らないという腰痛の方もいますので、骨盤の歪みや開きを残したままだと脊椎管狭窄症に進行していくこともあるということです。

疲れやストレスの蓄積する所

色々な症状を改善してく為にも検査することをしていますので、検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり、体調がすごく悪くなっていたりという風に色々な症状がありますので、まずは痛みを改善しなければその先に進んでいくことができませんから、腰痛やぎっくり腰や椎間板ヘルニアや座骨神経痛を改善していくことをしますが、楽にすればいいというわけではなく、その先にあるものまで改善していかなければ進行していくということがありますから、起こした原因は簡単なものではありません。

単純に腎臓に疲れが溜まってる程度であれば、数回で回復すると思いますけど、弱い内臓とそうでもない内蔵というのが人にはあります。

人には強い内蔵というのはありませんので、そうでもないという内蔵になりますので、そうでもない内臓が何かを起こすということはあまりないと思いますが、人の体には生まれつき弱い内臓が存在していますので弱い内臓が徐々に年齢を重ねることで、さらに弱っていきますので弱っていくとが原因で色々なトラブルになるということがあります。

2018年08月08日