肩こりを解消して楽になる

肩こり

肩こりを楽にしようと思うなら、まずは筋肉のコリからほぐして解消していきます。肩こりを解消するためには、筋肉が緊張したり硬くなったり、筋肉疲労を起こしたりすることでリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなることが原因で肩こりが起きたりすることが多くあります。

肩こりを解消

筋肉のこれから解さなければ、肩こりを楽にすることができませんので、肩こりというと筋肉のコリということですから、筋肉のこをほぐすようにしますが、筋肉のコリというのは僧房筋という筋肉が緊張したり硬くなったり筋肉疲労を起こしていることで肩こりを起こしている場合が多く見受けられます。

僧坊筋という筋肉は頭の付け根から腕の付け根から背中まである大きな三角形を横にした筋肉です。

もちろんこの筋肉が両側の背骨に沿って存在していますので、菱形のような状態になっています。
この筋肉が何かの原因で緊張や硬くなったり、筋肉疲労で起こすのが肩こりです。

使い肩こり

毎日毎日腕や肩や背中を使うことが多くありますので、当然筋肉にも疲れやストレスが溜まり疲れやストレスがたまることが原因で筋肉は疲労を起こしていきますので、筋肉疲労が緊張や固くなるということで、肩こりに進行していきます。

最近は多くの方がバックを持ったりすることで、同じ肩の方が持ちやすいために同じ肩ばかり荷物を持ったりすることがありますので、何気なくしている動作の連続性が筋肉の疲労を起こし、肩こりに進行しています。

多くの肩こりの方の場合、何気なくしている動作が連続して積み重なったものが筋肉に影響を出して肩こりになっています。
肩こりを起こす時には、筋肉が疲労している時で疲労すると固くなったり緊張が起きますので、緊張や疲労から起きる肩こりということです。

筋肉疲労から肩こり

しかし、肩こりというと筋肉疲労だけが積み重なって起きたものではありません。確かに筋肉疲労が積み重なっていくと筋肉が徐々に緊張したり硬くなったりすることで骨を引っ張ってしまうということも稀にはあるかも分かりませんが、多くの場合、逆の場合が多く見受けられます。

逆の場合というのは、先に背骨がずれて筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動くことが原因で筋肉は引っ張られていきますので、引っ張られたりすることで緊張したり緩んだりすることでリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなる肩こりが起こります。

しかし、何も原因がなくて背骨がずれることはありませんので、何かの原因で背骨がずれることが起きるということなんですが、姿勢が悪かったり、猫背になったりすることで骨がずれたりすることはありませんので、これというのは中に中枢神経系を守っている役目を持っていますので、簡単に姿勢が悪かったりすることで背骨が曲がったりすることが起きると大変なことになります。

疲れやストレスから肩こり

ヒトの体というのは、生活することや仕事をすることや運動することや色々な動作をすることや体を動かすことで多く蓄積していくものがあります。
多く蓄積していくものというのは、日常的に生きている限り生活している限り多くなり、積み重なっていくものです。

積み重なっていくものは誰でもあるものですしない方はいませんので、誰でも積み重なっていて大きくなっているものが肩こりの大本の原因になります。

日常的に動いたり生活したり、運動したり走ったり歩いたり買い物をして荷物を持ったり、車の運転をしたり座っていることでも庭仕事をして畑を耕したりすることでも、草を抜いたりすることでも車を洗ったりすることでもテレビを見たりする時でも映画を見たりする時でも色々なことで積み重なっていくものがあります。

何をしても多くなる疲れやストレス

その全てに疲れが大きくなることが肩こりの原因になっていきます。
ストレスという日本語は存在はしませんので、ストレスというのはストレッサーがディストレスという言葉の英語の1部分を取っただけの言葉です。

ストレスという言葉は、世界中に通用はしませんので、日本人だけがわかる言葉です。
ストレッサーという言葉は、欲求不満という言葉でもありますし、ディストレスっていうのは抑圧とか言う意味があります。

体が疲れた時に体が欲求不満だと言えば全然意味が通じません。
体が疲れた時に抑圧が溜まったというのもあまり意味が通じません。

疲れやストレスとは

正確にはストレスという言葉は一番近い言葉を探すと疲れが多く、溜まったと言い換えることができますので、疲れやストレスというのは同じ言葉を繰り返しているだけです。
ストレス発散という言葉があると思いますが、ストレス発散というのは疲れを発散する、疲れを解消するという意味になります。

カラオケに行ったりすることでストレス発散したり、飲みに行ったりすることでストレス発散をするということや、旅行をすることでもストレス発散と言いますが、この意味になりますと気分転換をして精神的なものの蓄積を減らすという意味になると思います。
しかし、多くのストレス発散は精神的な気分転換は解消できるかも分かりませんが、体には疲れやストレスが逆に多く蓄積していきます。

ストレス発散

カラオケで歌を歌ったりする時でも、エネルギーを消費しますので、エネルギーを消費するとマラソンしたのと同じぐらいのエネルギーの消費量になりますので、エネルギー消費するところというのは体から取らないとエネルギーは消費することができませんので、体のエネルギーが消費される、つまり使われるということですから、体のエネルギー量が減っていき減っていくということは体

力が低下するということですから、調子を落とすということにもなります。
肩こりを起こす時にはどういう状態に体がなっているのかというと、疲れが溜まった状態であり、ストレスが溜まった状態です。
疲れが多く、体にたまった状態がストレスという状態です。
体に多くの疲れがたまると、また体に多くのストレスが溜まると、体は自然と歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスから背骨のズレ

この歪みやズレが骨を動かす結果になり、骨が動くことが原因で筋肉は引っ張られますので、筋肉の緊張が起こり、肩こりになります。
しかし、身体に疲れがたまる、またストレスが溜まるというのはどこに溜まるのか

疲れがたまるところがあるから、溜まっていく訳ですし、ストレスがたまるところがあるからストレスが溜まる訳です。
何も原因がないところに蓄積していく訳はありません。
疲れやストレスが溜まる所というのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきて水分と言っても血液だったりリンパ液だったり、体液だったりという色々な水があります。

ストレスから肩こり

どこにたまるストレス

水に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になります。
このどこに疲れやストレスがたまるところがあるのかというと、主には内臓と筋肉になります。
疲れやストレスが溜まる所というのは、内臓と筋肉に溜まりますので、主には筋肉よりも内臓に何10倍も多くの疲れやストレスが溜まっています。

体を動かすことでも疲れやストレスは多くなりますけど、我々は食事をすることでもアルコールを飲んだりすることでも焼き肉を食べたりすることでもご飯を消化することでも野菜を食べたりすることでも内臓が働いてくれているから紹介したり分解したりしすることをしてくれますので、消化したり分解したりすることを働きと言いますので、内臓が働くと疲れやストレスが内臓自体にも多く蓄積して自分自身を弱らせてしまいます。

内臓疲労から背骨のズレになる

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で背骨のズレが起きていきますので、背骨のズレが起きるということは、筋肉が引っ張られた状態で肩こりに進展していきます。
体には本当に多くの疲れやストレスが溜まってしまいますが、疲れやストレスがどこに溜まるのかというのを考えた方は少ないと思いますし、専門家の先生でさえもしっかりと知っている方はいませんので、当然と言えば当然なんです。

疲れやストレスというのは、溜まるところがあるから溜まっていっているわけです。
内臓に疲れやストレスがたまることが原因で肩こりになりますので、内蔵と言っても多くの内臓が存在しますが、肩こりを起こしやすい、内蔵というのは主にですが、心臓と肺と横隔膜になります。

肩こりになる時には

例えばですけど、肩こりを起こしている方、起こしやすい方、繰り返している方は時々ですが息苦しさを感じたり胸苦しいさを感じたり、胸の中心のあたりで一瞬ですけどチクッとする痛みが起きたりという感じが起きている方が多くいますが、全員が起きているわけではありません。

多くの方が一瞬で起きるものですから、長く続くことはないために、その時で忘れてしまう方が多くいます。

内臓の弱りから肩こり

そのため、内臓が弱っているということも考えないで、単純に肩こりだとか思っている方が多くいますので、心臓が弱ったりする時でも背骨がずれて肩こりになります。
心臓に関係する背骨は胸椎の1番目と2番目が心臓に関係をしていますので、両方とも肩こりを起こしている所にあります。

少し下の部分が入ですから、心臓の周りに肺が存在していますので、配当心臓は密接に隣り合っていますので心臓に何らかの問題が持った時には肺も弱っている可能性もありますし、逆に肺が弱った時に心臓も何らかの問題を持つということもあります。

内臓疲労

調べてみると分かると思いますが、心臓と肺は特に近く、心臓の周りを肺が被っていますので、両方の関係が特に密接にあります。
しかし、病気というわけではありませんので注意してください。

肩こりとは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを解消しているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月14日