小顔矯正をするなら

小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなると言いましたけど本当に顔が小さくなるので初回からしっかり顔を触ってもらって覚えてもらうことをしています。

小顔矯正をする前に顔の大きさを触って覚えてもらわないと比べることができませんので比べることができるように小さくなったのが分かるようにしているのが当院の特徴です。

顔を比べることができる

比べてもらうのが特徴だと言いましたが比べてもらうためには顔をしっかりわかってもらわなければいけませんので顔の大きさや幅や形などを覚えてもらうことは難しいことを何ですが難しいことをしてもらっていますが触り方は簡単なんですがちょっとした工夫が必要です。

小顔矯正をする時には両方の手首を合わせて顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるだけなんです。
ただこれだけなんですが手を置いただけでは分かりませんし触っただけではわかりません。

小顔矯正を希望されて訪れた方が顔を小さくしたにもかかわらず分からないという方が時々いますがわからないという方は触り方が悪かったのか感じようとしなかったのか色々な問題が重なっていますが本当は大変なことが起きているということがあります。

顔の変化がわかるように

他の方は同じようにして顔が小さくなったのがわかるのに自分がわからないということがあるということは大変なことなんですが同じように触ってもらい同じように説明をして同じように顔を小さくすることをしていますが時々わからないという方がいますのでわからないという方は小顔矯正だけではなく全体的なものを整えて体質改善の治療をすることを考えてください。

当院では小顔矯正をして行く時には顔を小さくするというのは頭蓋骨のひとつですから頭蓋骨矯正の一部です。
顔というのは顔面骨ともいいますが頭蓋骨のひとつですから顔も頭も顎も全て頭蓋骨のひとつです。

顔が頭蓋骨の一部

しかも小顔矯正をして行く時には顔だけ初回は触って顔を小さくすることに専念していきますが顔出ししても維持することができなかったり持続させることができなかったりということがありますので顔というのは体に直結していますので体の状態がかなり影響が大きくなっています。

初回は顔を触って顔を小さくすることに専念していくと説明しましたが顔を触って宣伝して行く時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますのでマッサージをするような感覚だと思ってもらえれば近いと思いますのでマッサージをするような感じで顔を小さくすることができますがマッサージをしているわけではありません。

小顔矯正をする時にマッサージをして顔が小さく なることはないと思います。

顔をマッサージ感覚で

小顔矯正をしていく時には本当にマッサージをするような感じで顔を揉んでいくと徐々に顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますがマッサージではなく検査することをして顔の異常のある部分を見つけ出すことができるから顔が小さくなります。

最近は小顔矯正に来たかも委員長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを出してきます。
同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査をしてみると逆の事が分かります。

痛みやコリがないからと言って

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りませんし疲れやだるさがないからといって何も起きていないということはありません。

もし本当に歪みやズレが起きているのに何も症状を感じないということでしたら睡眠負債状態で脳疲労が強く起きている可能性もあります。

小顔矯正をしていく時には単純に顔を小さくすればいいというわけではなく全体的なものを整えていかないと維持することはできませんしさらに一回だけで顔が小さくなるものと数回受けて小さくなっていくものがあります。

1度で終わることはない

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますがしばらく小顔矯正を受けてもらうことです。

本当に顔が小さくなっていき特に顎のラインは細く引き締まってすっきりしていきます。
最近は多くの方が体調を検査すると奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調している方が多くいますが体調が奈落の底夜どん底のような体調をしているとどういう状態になっているのかと言うと骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく起きていますし背骨がずれてガタガタ状態になっています。

骨盤が大きく歪んでいたり開いているのに顔を小さくしても維持することはできません。
背骨がガタガタ状態になっているのにそれほど体調が悪いのにそれを感じていないからといって維持できるかと言うと維持できることがありません。

小顔矯正と大脳

小顔矯正をして行く時には一番近い大脳が深く関係していますので大脳が最近は睡眠負債状態から極端に弱っている方が多くなっていますが弱っているところではなく悪くなっている方もいますので単純に大脳にも体調があるとしたら体調を上げて整えて行けば良くなるかと言うとそういう状態でもないという方も多くいます。
大脳というのは精神と運動神経と感覚神経と生きていく神経である脳幹の部分が存在しますので最近は多くの方が脳幹の部分まで悪くなっている方が多くいます。

脳幹が悪くなったり脳幹が弱くなったりするということは大変なことになります。

しかし最近は多くの方が大脳が弱ったり弱っただけでは済まない方が多くなっていますので始めはうっかりや物忘れが多くなることから始まっていき徐々にそれが拡大したり形を違えてパニクったりすることが多くなったりするようです。

いろいろなものごとが徐々に分からなくなっていくという方もいますので会話の成り立ちができなかったりとんちんかんな答えを返してきたりという事でも起きています。
小顔矯正をする時に一番の敵になるものは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのはあらゆるところに溜まっていきますのでたまらないところはありませんが例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきますので水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水が出てくるということですが水が何かを起こしたり水に疲れやストレスが溜まることはないと思います。

65キロもの水分が出てきますので水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水が出てくるということですが水が何かを起こしたり水に疲れやストレスが溜まることはないと思いますで もの水分が出てきますので水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水が出てくるということですが水が何かを起こしたり水に疲れやストレスが溜まることはないと思います。

では後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるということですから35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。

疲れやストレスの蓄積する所


中枢神経系も内臓の一部ですから疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓ということです。

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内臓と言うと病気というイメージを抱くのはやめてください。
内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体は歪んだりずれたりしていきますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりすることが内臓疲労から起きています。

内臓疲労が多くなればなるほど 限界泣く溜まった状態で痛みやこりになって行く方もいますが最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態の方は麻痺した状態や鈍感になっていきますので睡眠負債から来る大脳のよわりから痛みやこりまたは色々な症状を感じにくいということが起こります。
睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっているんですが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることをいいます。

見た目ではわからない睡眠


誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしていても大脳の中のことまでわかっていません。
一度、睡眠負債状態に陥ってしまった方は自力で改善することは難しく当院で治療することも簡単な方法ではありません。

当院ではマッサージ、癒しをしているわけではありませんので体を治していくということは簡単な場合もありますが楽にすることと原因を見つけ出して直していくという治療があります。
楽にすることばかりしていると原因が存在する場合が多くありますので原因もいつまでも同じままではいられません。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

年齢とともにと言うか年齢以上に急速に悪くなっていくのが弱い部分です。

体には弱い部分と、そうでもでもない部分がありますので弱い部分は急激に弱くなっていきます。
人の体というのは内臓の部分でも関節の部分でも弱い部分とそうでもない部分が存在しますので弱い部分ほどお疲れやストレスを溜めやすく疲れやストレスをためてしまうと細胞の急激な変化が起きていきます。

細胞の急激な変化が先将来に繋がっていくという過程があります。
病院というところは病気の専門家ですから病気として完成した状態か完成する前で数値的な異常が反応してきますのでそれまで待つことができます。

しかし病気として完成した状態か完成する前になってしまうと遅いんです。
小顔矯正をしていく時には顔だけ小さくすることなく体から整えていくことが一番必要になりますので顔にできてしまった脂肪が多くなった方やむくみが多くなった方も減らすことができますし顔が垂れた状態を引き締めて行くことができるのが特徴です。

浮腫みが起きるのは

しかしむくみが多い方はむくみというのはフシュという別名を持っています。
むくみを簡単に考えてしまうと脂肪のような感じだと思うでしょうが実は違いますのでむくみというのは体調の悪さが原因です。

毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやいろいろなものごとで疲れやストレスは多くなるばかりですが疲れやストレスを減らすことは考えていません。
一番減らさなければいけないのは疲れやストレスです。
美味しい焼肉を食べてもうなぎを食べても疲れやストレスが減ることはありません。

運動しても筋肉は鍛えられますが疲れが溜まります。
カラオケに行って熱唱してもエネルギーは発散されて精神的なストレスは発散されますが肉体的にはストレスは溜まるばかりです。

温泉に入っても入ってる時は気分がいいかもわかりませんがお湯に浸かるということがストレスになりますのでストレスが溜まるばかりです。

気分転換

気分的にいい感じになっているものを勘違いしている方が多くいますので温泉に入ったりお風呂に入るということは体にとっては負担になります。

さっぱり感と暖かい、とか気持ちが良いことは意味が全然違います。
小顔矯正をして行く時には初回は顔だけ小さくすることをしていきますのでしっかりと小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形を鏡で見て確認しておいてください。
二段階的に顔の形や大きさや幅を触って覚えてもらうことをしていますが一番目は鏡を見てまず目で見て確認することをしてもらいます。

検査すること

何を確認するかと言うと顔の出っ張り具合などですが右側が全体的に大きいとか左側の頬骨が出っ張っているとかいう感じだけでいいんです。
鏡で見て目で確認したら今度は目を閉じて両方の手のひらを顎の部分に当てて手のひらと指で顔を密着させるようにして顔を触ってください。

この時に左右さを感じるようにしてください。
ただ手を置いただけではわかりませんので左右さを感じようとすると手の集中力と感覚神経が働き出しますので両方の集中力で顔の変化が分かるようになります。
これができない方が時々います。
今でも鏡で見て触って覚えてください。

小顔矯正とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は小顔矯正が人気。

2018年08月20日