小顔矯正で顔が小さくなる

小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正はボキボキもしないのに顔を無理やり押さえつけたりすることもないのに顔が小さくなっていくという特徴がある小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときには電気や機械などを使ったりすることもなくての技術力のみで顔を小さくすることができます.。
手の技術力のみで顔を小さくすることができるのでマッサージをするような感じだと思ってもらえば近いと思いますからマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができます。

小顔矯正とは

しかしマッサージをして顔が小さくなることはありません。
マッサージをするような感じで顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなるという小顔矯正です。
当院では小顔矯正をしていくときには必ず小顔矯正に入る前に自分の顔を触って覚えてもらうことをしています。

つまり小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴です。
しかもスタッフが測ったりすることもありませんので自分で覚えてもらうことをしていますが覚えてもらう触り方が簡単なんですが難しい触り方なんです。
小顔矯正をしていくときの触り方というのは両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。

そして手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。
単純にこれだけなんですがこれだけではわかりません。

時々小顔矯正を希望されて来られた方が小さくなったのがわからないということがあります。
しかし鏡で見たら小さくなったのがわかるということもあります。
手で触ってわからないのに鏡で見たらわかるということなんです。

顔を手で触る

しかしこれではあまり意味がありませんので手でわかってほしいですから手でわかるように触ってもらいます。
そのためには触り方のコツがあります。
触り方のコツというのは左右差を感じる落として触ることです。

ただ顔に手を当てただけではわかりません。
顔に手を置いてるだけでもわかります。
顔に手を当てたら左右さを感じようとして触ってみることが大切なんです。

左右差を感じようとすると手の集中力と感覚神経がより強く働きだします。
手の集中力と感覚神経で顔の形がしっかりと、わかっていきますがまずは鏡で見て自分の顔の形を記憶してもらいます。

顔の形というのは皆さん違いますので違うのが分かるように触ってもらいたいんですが鏡で見ている時に自分の顎のラインやほほ骨のラインをしっかりと左右を比べてみてください。

顔の形

顔の輪郭を比べてみてください。
顔は左右が対象の方はいませんので必ず左右が違います。

例えばですけど例で言えば右側の顔が全体的に大きいとか左側の頬骨の所が出っ張っているとかそういうふうに目で見て確認をして下さい。

目で見てわかったら今度は目を閉じてください。
目を閉じて左右さを感じようとして触るんです。

先ほど見た鏡の顔の輪郭と手で触った時の左右差が同じですか。
これができないと手で触って小さくなったのが分かりません。
簡単なようで簡単ではないというわけがここにあります。

顔が小さくなったのがわからないという方は感じ取ることができていません。
小顔矯正をして行く時には顔が小さくなったのが分かるようにしているのが特徴ですから実際にこれを患者さんにしてもらって小さくなったのがわかれば笑顔が違います。

自分で触るから小さくなるのがわかる

スタッフが計測して小さくなりましたよ3 CM ぐらい小さくなりましたよと言われても感激は薄いと思いますが自分で測るようにして触ることでより一層小さくなったのが分かるようになります。
ぐらい小さくなりましたよと言われても感激は薄いと思いますが自分で測るようにして触ることでより一層小さくなったのが分かるようになります。

小顔矯正をして行く時には顔が10 CM を20 CM を30 CM も小さくなることはありません。
も小さくなることはありません。

小顔矯正をして小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じだと思いますが当院の院長は30年の経験から見ても顔が小さくなったのが分かりますし確認のため触って小顔矯正をしていますが変わって言っているのが手のひらの中でわかります。

手だけで顔を小さくする

小顔矯正をしていく時には院長は集中力を手に集めて小顔矯正をしていきますのでマッサージをしているわけではなく顔を揉んだりしているだけではなく実際に本当に顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときには何をしたら顔が小さくなるのかという問題がありますし小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力があるのかということを聞かれます。

小顔矯正をしていく時には当院の院長が実際に顔を小さくする小顔矯正をしていますが検査することをしています。

小顔矯正をする時に検査するというのも大変変な話なんですが本当に検査をして顔の異常のある部分を見つけ出すことができます。
今まで多くの方が小顔矯正に訪れていますが30年間、小顔矯正をしてきて一人も異常が無い方がいません。

つまり何らかの顔の異常を抱えているということです。
何の異常なのかと言うと小顔矯正を訪れた方に院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。

小顔矯正の触り方

体調と小顔矯正

同じ答えというのは体調がいいです体調は悪くありません調子はいいと思いますという風に答えていますが検査をして見るとすごく悪いことばかりなんです。
体調を測る時にはどこでもできる検査ではありませんのでできる人が行えば簡単にやっているように思えますが簡単な方法ではありません。

体調を検査して調子を落としていると思われる時は実際に体に歪みやズレが起きています。
歪みやズレというのも軽いのから中程度から重症程度からひどすぎるのから色々段階があります。
体調を落とすということは疲れやストレスがどこかに溜まっているのが原因です。
痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。

疲れやストレスの蓄積

体調の悪さを感じなくても普段起きているものが感じていることもありますので普段起きているものというのは便秘があったり生理痛があったり生理不順があったりという感じだと思います。
普段から起きているものを当たり前だと思わないでください。

体には何かが起きる時には必ず何かが起きています。
疲れやストレスというのは貯まるところがあります。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。

体重の半分以上は水分だということなんですが水分と言っても水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり脳脊髄液だったり色々な部分に水が存在しています。
水に疲れやストレスが溜まるということはさすがに言いませんので疲れやストレスがたまるところがあると言うことです。

どこのたまる疲れやストレス

疲れやストレスがたまるところというのは35 kg の中にありますので35 kg の中には神経と リンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
体を消去法で考えてもこの中で疲れやす留守がたまりやすいところというのは内臓と筋肉になります。

内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関連付けるのはやめてください。
内臓が弱っているということや内臓に疲れが溜まっているということや内臓にストレスが溜まっているということですから病院のように検査をしても数字的内容は出ないということが多くあります。
しかし病院というところは病気の専門家ですから血液検査や尿検査や MRI 検査などをすると異常が見つかるという方はもう病気としてなっているということですから完成しているという状態です。
病気になって完成して数値的な異常が出た場合は病院で治療を受けなければいけません。
当院が扱う内臓というのは病気ではありません。

内臓疲労から疲れやストレス

内臓と言うと何でもかんでも病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていくんです。
特に背骨のズレというのは内臓に直結していますのである内臓が弱って疲れやストレスを溜めてしまうと背骨はずれを起こしていきます。
例えば胃が弱った形は胸椎の5番目がいに関係する骨ですから胸椎の5番目がズレを起こしていきます。
胃のもたれや胃の痛みが起きている方や繰り返しやすい方は胃薬ばかり飲んで抑えていることが多く見受けられますが背骨の5番目の骨がずれを起こしていますのでズレも矯正していかないと治りにくく繰り返し安くなります。

内臓疲労から顔が大きくなる

生理痛になっている方は卵巣の関係する背骨というのは腰椎の3番目ですから3番目の骨がずれを起こしています。生理痛にはもう一つ関係する部分がありますので至急に関係する部分は腰椎の5番目になります。

生理痛の時に腰が痛くなるのはこの関係がありますが生理に関係する子宮や卵巣に疲れやストレスが溜まっていると骨盤の歪み安く開きやすくなっています。
必ず背骨がずれたり歪んだりする時には背骨が先だ先ではなく骨盤の歪みが先ではなく体の中に疲れやストレスが溜まった時に起こりますので貯まるところは内臓になります。

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスとは別にもう一つ減らさなければいけないものがあります。

減らさなければいけない物というのは睡眠負債状態で大脳が弱った方が多くなっています。
最近は多くの方がと言うか全員の方が大脳を弱らせているぐらい睡眠負債状態になっていますが気がついていない方が八割方います。

眠りとは

8割の方が夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているんだと思っています。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。
寝ている方を人が見てスースー寝息を立てているからといって寝ているとは言えません。
昔不眠症という言葉がありましたが最近はあまり効かなくなりましたが不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れないとか寝たら1時間おきに目を覚ますとか夢ばかり見た記憶があるとかいう感じの方が不眠症でした。

しかし睡眠負債というのは不眠症とは違った状態で起こります。
睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないで妄想に近い寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっている関係から眠れていないということなんです。
この睡眠の事を寝ながら考え事をしていると言います。

大脳から寝る熟睡

夜、寝たらすぐに寝ながら考え事をしているという状態になって脳が活性化してしまっています。
先ほども言いましたように膿が休んでいないと眠っているわけではなく熟睡状態が台脳を休ませてくれています。

しかし寝ながら考え事をしている状態というのは夢よりも浅い睡眠なんですが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている方は無呼吸にもなりやすくなります。

小顔矯正をしていく時には睡眠負債状態が一番関係していますが睡眠負債状態というのは脳が休養とって寝ていることつまり熟睡の状態のことを言いますので熟睡ができないと大脳が弱っていきますので小顔矯正をしていくときには一番近くにあるのが滞納です。
小顔矯正をしていくときには顔を小さくするという風に説明をしましたが顔というのは頭蓋骨の一つです。

つまり頭蓋骨矯正というわけではありませんが頭蓋骨を小さくすることまたは頭蓋骨の一部分を小さくすることを小顔矯正と言います。

小顔矯正を

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は小顔矯正をしています。

2018年08月21日