小顔矯正

小顔矯正とは

当院では人気のある矯正法の一つに小顔矯正があります。今まで多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますので初回から変わることで評判の良い小顔矯正をしていますが顔を小さくしていくのが小顔矯正ですからどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えなければ顔を小さくすることはできないと思います。

単純にアイデアひとつでヘアースタイルやメイクなどで顔を小さくするというよりも顔を小さく見せるということは可能かも分かりません。

顔を小さく見せても実際には小さくなっていない

しかしメイクやヘアスタイルで顔を小さく見せても実際に小さくなっているわけではありません。
小顔矯正をして行く時には顔を小さくしていくことをしなければ小顔矯正とは言えませんのでどうすれば顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんが顔を小さくするということは、どういうことなのかということを説明していきたいと思います。

小顔矯正をしていくときには小顔矯正に入る前に自分の両手で顔を触って大きさを覚えてもらうことをして小顔矯正に入るようにしています。
つまり小顔矯正に入る前に顔の大きさを触って覚えていると小さくなったのがしっかりとわかるということです。

小顔矯正をする前とした後を比べることができますので人気があるわけですけど触り方というのは大変、簡単なようで簡単ではないんです。
簡単に考えて触ってしまったかたほど顔が小さくなっても自分で感じ取ることができないという方が時々います。

目で見るよりも手で小さくなったのがわかる

大きなスイカと中ぐらいのスイカを比べることは目で見て簡単かも分かりません。
しかし鏡で見て比べるというよりも実際に自分の手で触って変化が分かれば申し分なく小さくなったのがしっかりとわかるということなので手で触って感覚神経を動員してもらい触ってもらうことをしていますので感覚神経を働かせることができない方は小さくなっても分かりにくいということがあります。

目で見て比べてしまうと分かりやすいと思いますがそれでは何となくしか分からないと思いますがいつもメイクなどで見ている顔ですけど自分の両手を触ってしっかりと、わかった方が変化がわかります。

小顔矯正に入る前に顔の触り方を2度ほど練習をするようにしています。
まずは始めに院長と机に対面した状態で触り方を説明をしています。
もう一つは小顔矯正に入る前に治療する台に上向きになってもらって寝た時に触ってもらうようにしています。

鏡で見るよりも手で実感する

そして鏡も院内においていますので鏡で見て判断してもらうことも構いませんが当院の中心的な触り方というのは手で触るということは中心ですから鏡で見て覚えるというよりも目で見て覚えるというよりも何よりも自分の手の感覚を中心に触ってもらうようにしています。
触り方を説明すると両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひら全体を広げて手のひらと指で顔を触るだけなんです。

しかしただ顔を触っただけではわかりません。
その時に顔の左右差を感じようとすると感覚神経が働く場合が多くありますので左右さを感じようとして比べてみてください。

左右差で顔が違う

左右差がある

顔というのは左右差が同じ方はいませんので左右の輪郭が違います。
顔の右側と左側で輪郭が違いますので輪郭の違いを手で判断してもらいたいわけです。
ですから単純に顔に手を当てただけでは輪郭はわかりません。
顔に手を当てて左右差を感じようとしてください。
例えばですけど右側が全体的に大きく左側の頬骨のあたりが出っ張っているとかという感じが多くの方に見受けられます。

右側というのは例えていますので逆の場合もあります。
小顔矯正をしていく時には小顔矯正をする前の顔の大きさや形や輪郭などを覚えておかなければいけませんのでしっかりと触ることをお勧めしています。
単純に考えて触ってしまうと小さくなったのがわからないということがありますので単純に考えることなく難しいと思ってしっかりと触って覚えてもらいたいところです。

顔を小さくすると言う事は

どうしてここまで小顔矯正をするときに顔を触ってもらうのかと言うと本当に小さくなるかからですし顔が小さくなったのがわかれば驚く方もいますし笑顔が違うからです。

顔の触り方がわかったら今度は小顔矯正に入っていきますが小顔矯正をする時には顔を無理に押さえつけたりすることもなくボキボキしたりすることもなく評判の良い小顔矯正ですからどうやったら顔を小さくしていくことができるのかということを瞬間的に判断するようにして小顔矯正に入っていきます。

当院の小顔矯正は闇雲にやっている小顔矯正ではありませんのでしっかりと検査することを重要視しています。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をする時には顔だけではなく体調の状態や体の歪みやズレも重要な小顔矯正の要素になりますので検査をしなければ全体的な判断はできません。

小顔矯正と疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていく時には一番厄介なものというのは疲れやストレスの蓄積になりますし睡眠負債状態も小顔矯正をしていくときにはクリアしなければいけない問題の一つです。
例えばですけど小顔矯正をしていくときには体に多くの疲れやストレスが溜まっている状態では骨盤が開いていたり骨盤が歪んでいたり背骨がずれてガタガタ状態になっているということもありますのでそれらは解消していかなければ顔を小さくしても維持することはできませんし持続力はありません。

顔を小さくして持続力や維持する力というのはご自分の体の状態に深く関係していますので小顔矯正時代のテクニックや技術力だけではありません。
ご自分の状態が良くないのに維持することができるのかという風に聞かれるとありませんと答えています。

ご自分の状態をしっかりと考えなければいけないところなんですが小顔矯正のテクニックの問題や技術力の問題に が多くありますのでしっかりとその辺は注意しておきたいところだと思います。

疲れやストレスを減らすと顔が小さくなる

小顔矯正をしていく時には多くの疲れやストレスが溜まっているとあらゆる部分に浮腫が生じて行きますし脂肪が多くなっていきます。

特に小顔矯正ですから体よりも顔にも疲れやストレスが多くたまるということがあります。
顔に疲れやストレスが多くたまるとむくみや脂肪が多くなっていきます。
顔色が悪くなったり顔のツヤがなくなったりするのは全体的なものも関係していますが顔だけの場合もあります。

小顔矯正をして行く時には体に溜まった疲れやストレスが深く関係していますので疲れやストレスと言うのは毎日の生活や運動することや仕事をすることで生み出されて体に蓄積していきます。

疲れやストレスを減らすことができるのは美味しいものを食べても焼肉を食べてもうなぎを食べても疲れやストレスを減らすことはできません。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスは減りにくい

疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけなんですけどただ寝ているだけではなく深い眠りの時だけ疲れやストレスを減らすことができます。

しかし最近は多くの方が疲れやストレスを増やしてしまう傾向が出てしまいますので増やしてしまう傾向というのは眠りが浅いことなんです。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りと言います。

睡眠負債と小顔矯正

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが多くの方が最悪の睡眠状態をしていますので最悪と睡眠状態の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪の睡眠です。

しかし寝ながら考え事をしてる睡眠というのは例えばですけど6時間の睡眠時間があるとしたらに着く時間が3分から5分目が覚める時間が1分としたら夢を見ている時間は5分以内の時間になりますので後残った全ての時間が寝ながら考え事をしている時間になっているということです。

しかし体というのは変なものですから目が覚める瞬間に少しだけ寝ているんです。
目が覚める瞬間に寝ているから 寝ていると勘違いしていますが、あと残った多くの時間は寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠が多いと

寝ながら考え事をしている睡眠というのは最悪な睡眠ですから体を弱らせて行きますが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで疲れやストレスは生み出されて多くなるばかりですけど減ることがないと体に蓄積していくものが多くなってしまいますので体に蓄積していく疲れやストレスが減ることがなく溜まるばかりですから体を弱らせていき一番、弱らせてしまうところというのは大脳になります。

大脳が弱ってしまったほど体の状態が良くない場合が多くありますので維持することはできないのは当然ですけど初回からすべて何でもかんでも判断できるものでもありませんしよくなることはできませんから体調の悪い形ほど小顔矯正で顔だけ触っても顔の小さくなった変化に体調や体力がついていかないとだるくなることがあります。

顔だけしか触っていないのにだるくなることがあるため注意するところなんですがすべてを判断することは大変難しく誰でもできませんので体調の悪い方ほど、だるくなるということを覚えておいてください。

小顔矯正を希望されて訪れた方は顔をできるだけ小さくしたいと思うでしょうが、こんな体の状態で小顔矯正なのかと思うことも多くあります。

疲れやストレス解消すると小顔に

普通一般的には疲れやストレスの蓄積を減らせば顔を小さくなるということはありますが睡眠負債状態と疲れやストレスが多く溜まっていると顔の部分にも炎症や腫れやそれ以上のことが起きています。

小顔矯正をしていく時には顔の炎症や腫れを減らすことをしていけば顔が小さくなっていきます。
今まで多くの方の顔を検査してきましたが全員と言っていいほど顔に炎症や腫れを起こしていたりむくみや脂肪が多くなっていますのでむくみや脂肪や炎症や腫れを減らすことで顔を小さくすることはできます。

しかしそれらのものはすべて体調の悪さから起きていますので体調を上げて整えていくことで維持しやすくなったり持続力が向上していきますが単純にそれだけではなく、さらに小顔矯正を続けて受けていくことでいろいろなものが解消していくという効果があります。

始めから顔が小さくなる

初回から顔が小さくなる小顔矯正ですが初回は顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきますので必ず小顔矯正を受ける前に自分の顔の大きさや輪郭を覚えるようにしてください。
小顔矯正をしていくときには顔を小さくすればいいというわけではありませんけど体の状態や歪みやズレや疲れやストレスの蓄積や睡眠負債状態というのも深く小顔矯正をしていく時の関係があります。

それも小顔矯正をしていくときには検査することができなければ単純に揉んだりをしたりしても疲れやストレスは簡単に減ることはありません。
今まで色々な小顔矯正を受けた方が当院に来ていますが簡単にしているようにしか見えないために驚いている方も多くいますが体調の悪さというのは深く関係してしまいますので体調の悪さを上げたり体を整えたりしなければならないということです。
そして当院では小顔矯正をしていく時には体質改善の治療がありますので体質改善の治療をしばらく受けていくと身体全体が変化していき顔だけではなく ウエスト、骨盤まで細くなったり上半身まで細く引き締まるということもあります。

睡眠負債と不眠症と小顔矯正
2018年10月16日