肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら肩こりの原因になってるものを見つけ出さなければいけませんが多くの治療法は何も考えもせずに筋肉のこりだと決めつけてしまっている場合が多くありますので検査をすることをしていますが普通に検査するということは簡単な方法ではないために見た目だけで見て判断している場合が多くあります。

多くの肩こりを解消していく治療というのは筋肉ばかり注目してほぐしたりマッサージをしたり電気をかけたり湿布を貼ったりということをしていますが原因を見つけ出すこともしていませんし筋肉を触ってみて判断している場合も多くありますが筋肉も人それぞれ硬さが違うということを考えなければいけません。

肩こりの治療法は

肩こりを治していく治療法というのは多くありますが運動したりすることでも楽にすることも出来ますしストレッチをしたりすることでも肩こりを楽にする方法だということで多くの方が実践していると思います。

肩こりの治療法と言うと湿布を貼ったりすることでも楽になることもあります。
ドラッグストアで売っている肩こりを解消するというグッズを買ったりすることでもよくなることもありますしサプリメントを飲んだりすることでもこりを楽にすることはできるかも分かりませんし低周波治療器や電気などをかけても肩こりを楽にすることができる可能性もありますしネックレスなどを首にかけても肩こりを楽にすることができるかも分かりませんし 磁気を帯びているネックレスをかけることでも肩こりを楽にする方法もあると思います。

対症療法とコリ

対症療法

しかしどの治療法も対症療法という治療法になりますので対症療法というのは原因なんかは関係なく楽にすることをしていくのが対症療法です。

対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんのでコリには原因があるということですから原因が進行していくのは必然だと思います。
普通一般的には対症療法の治療法をして治したと言っている場合が多くあります。

しかし肩こりには重大な原因が潜んでいますので説明をすると多くの旗がびっくりするかと思いますが単純に筋肉のこりだと思ってばかりいると大変な結果を招くということもあります。

肩こりを治す治療というよりも肩こりを楽にする治療をしている場合が多くありますので本当の意味で肩こりを治す治療というのはあまりしていないと思います。

コリには何が有効?

肩こりを治していくためには何をすればいいのか。
肩こりがどうして起きるのか。
肩こりはどこから起きるのか。
考えなければいけないのは原因です。

体には何が起きても原因がありますので原因を見つけ出さなければいけませんが原因というのは体の中にあるものが原因ですが病気というわけではありません。

色々な症状というのは病気ではない状態でも起きていますので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく病気ではない状態で起きています。

筋肉のコリと思っていない?

疲れやストレスが肩こりになる

肩こりというのは筋肉のコリだけで起きているものはありませんので必ず筋肉のコリが起きる時には筋肉疲労が起きて乳酸が多く溜まっている時出しリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していますが何も原因がないのにリンパの働きが悪くなってることはありませんので何かの原因があるということです。

逆に考えても何も原因がないのにリンパの働きを悪くなっているとしたら大変なことです。
リンパの働きが悪くなっているから老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなったり乳酸が多くなっていきます。

リンパの流れも悪くなる

何かの原因があるからリンパの働きが悪くなったりしますので何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることがありません。

肩こりが起きる時には筋肉疲労が起きる場合がありますが筋肉というのも毎日毎日の生活や仕事することや運動することや精神的なプレッシャーを加えられることで多くのものが生み出されるものがあります。

多くのものが生み出されてしまうものは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは生活している限り生きている限り必ずつきまとってしまうものです。
疲れやストレスが溜まっていないという方はいません。

疲れやストレス

体に多くの疲れやストレスが溜まっていくとどういう現象が起きるのかということなんですが疲れやストレスが溜まっていくと必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

体というのは自分自身に感じさせたりすることで痛みやコリを起こしていきますが痛みやコリを起こす時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていますが肩こりというのは土台が歪んでしまって起きる場合もありますが直接的に背骨のズレから起きている場合も多くあります。

骨盤というのはどないというイメージがありますので土台の上に乗っている背骨は土台が歪んだりすることで歪みを起こすということはよく言われます。

もちろん骨盤の歪みや骨盤の開きも起きていますが肩こりというのは背骨の部分が大きく関係して起きている場合がありますので背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたりすることで引っ張られたり緩んだりして肩こりになります。

背骨のズレ

疲れやストレスが溜まっていくと体にたまるということが分かっていると思いますが体のどこに溜まるのかということが一番の問題なんですが、体のどこに溜まっていくという歪みやズレになるのかという問題なんです。

疲れやストレスというのは筋肉にも溜まるということが分かっていると思いますが筋肉だけに溜まることはありませんので身体全体に泊まりながら何かが起きていきます。

疲れやストレスが溜まるところというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張などを加えられることで生み出されてしまう疲れやストレスなんですが例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということです。

水分と言っても単純な水ではありませんのでリンパ液だったり血液だったり細胞の中の水だったりということの水分ですが水に疲れやストレスが溜まるということはありませんので、あと残った

40 kg の中に疲れやストレスですが食べるところが存在しています。
40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

肩こりになるのは
疲れやストレスがたまる所

この中で疲れやストレスが多くたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。
しかし内臓と言うと多くの方が病気というのをイメージしてしまいますが病気と言ってるわけではありません。

内臓に溜まっていくということで疲れやストレスが多く蓄積していきますので内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で体は歪みや開きやズレを起こしていきます。
毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで多くなってしまう疲れやストレスが体に溜まっていきますが人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。

そうでもない部分というのは筋肉だったり関節だったり内臓とかだったりなんですがそうでもない部分に疲れやストレスは多くたまることはありません。
弱い部分には疲れやストレスが多くたまりやすくなりますので弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと体は自然と歪みやズレや開きを起こしていきます。

弱い部分に溜まってしまった疲れやストレスが背骨のズレを起こしていきます。
筋肉は骨から骨にくっついていますので背骨がずれて動いたりすることで引っ張られたり緩んだりしてリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまります。
これが肩こりになります。

2018年11月20日