最新の症状


骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレ

最近の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレがあると痛みやこり、内臓の不調状態が起きているはずです。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレ

 

しかし、最近の方は、どんなに骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあっても感じていない方が増えています。

それには理由があります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあっても感じない方は、痛みやこりがないという方は脳疲労が起きている方です。

脳疲労が起きていると脳は疲労どころか、脳衰弱状態になります。この状態になると痛みやこりが感じません。

どんなに歪みやズレが起きていても感じないから、本人は元気と言います。

しかし、体を検査して調べてみると、すごく悪くなっています。そして背骨を触っても歪みやズレが大きく、椎間板ヘルニアもあることもありますが、椎間板ヘルニアまであると痛みやこりが強いハズなんですがマヒしてしまって感じていません。

この状態が起きるのは

普段の生活に原因があります。

普段の生活自体が寝不足状態が慢性化している方です。

つまり、

睡眠負債状態です

睡眠負債と言う言葉は新しい言葉ですがNHKの特集で使っていました、普通は睡眠不足とも言います。

睡眠負債をすると脳には疲労が蓄積していきます。脳疲労が多くなると脳はとんでもないことが起きていきます。

それは脳で作られる麻薬です。

脳はあまりに疲労していくと、自分で麻薬を作ります、この成分はエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンといいます。

つまりモルヒネに似た成分で痛みやこりはがわからなくなります。

最近、多くの方がこの状態になっています。

睡眠負債

しかし、おおくの方が寝ていますから夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っています。

これが大きな間違います。昔の方は眠れないのが普通でした。寝つきまで1時間、2時間かかるとかでしたが、最近の方は目が覚めません。

しかし、こんなことをしていたら目が覚めないうちに、あの世に行ってしまいます。

眠りが浅いと言うことは心臓にも負担がかかっています。

心臓の負担で心臓肥大も起きています。

心臓肥大が起きると、普通は息苦しさ、動悸、胸が痛むこと起きているはずですが、それを感じていません。

肝臓がどんなに弱っていても感じませんから痛みやこりもおこりません。

感じないと言うことは強いこととは違います。

しかも、脳にエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンなどの脳内ホルモンがでるという事自体異常ですから。

 

 

治療法は

体調から上げていくことです。一度に上がる体調はありません。体調と言ってもエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンがでるくらい悪くなっていると極端に落ちています。

そんな方が簡単に上がるわけありません。

痛みやこりがあるのにわからないかたは、うつ、パニック、不安神経症、認知障害になる確率が高い方です。

また、病気にもなりやすい方です。

痛みやこりが感じない時も、体は進行していますから、内臓や脳の問題を起こしやすくなります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを改善するカイロプラクティック徳力整体院。