ダイエットして痩せる為には基本から

ダイエットして痩せる為には基本から

北九州市小倉北区でダイエットして痩せるなら運動したり汗をかいたりする事よりも体の崩れを整えることからしています。

ダイエットしたり体を細くしたりむくみや脂肪を減らしたいと思う方は多くいるんと思うんですが方法的に何をしているのかと言うとジョギングをしたり筋トレをしたりストレッチをしたり体操したりサウナに入ったりする方法やサプリメントを飲んで脂肪の燃焼を促したり健康食品を服用したりと言う方法が一般的だと思います。
エステのダイエット
ダイエットと言うとエステのダイエット法がありますので一応概略だけで説明してみると顔マッサージするようにして死亡やむくみを減らしたり発汗を促すようなクリームを塗って8汗をくださいしたりラップを巻いたりタオルを巻いたりして汗を発汗させたり上記を当てて汗を出すと言う方法が一般的だと思います。
確かにエステのダイエット法でも汗を出させることで効果があるかもわかりませんけど当院のダイエット法はエステとは違います。
当院では考え方から違いますのでダイエットを希望して訪れた方の体の状態を検査することをしています。
クリームを塗ったり発汗させるような方法や運動療法ばかりしていては疲れが多くなるばかりですから疲れの蓄積と言うのはダイエットをするときに1番の点滴になりますのでできるだけ疲れを溜めないようにしながら刺激を加えないようにしながら体を整えていくことで細くしていくと言うダイエットをしています。
ダイエットをするためには
ダイエットをするためには体の状態がボロボロでは効果は上がりませんのでまずは整えていくことで代謝率を上げていきリンパの流れを良くしたり老廃物を解消したりすることでむくみや脂肪を減らしていくことをしています。
逆にたどれば、どうしてむくみや脂肪が多くなってしまったのかと言う理由があるわけですけど言うというのは毎日毎日の日常で多くなっていくものが体に蓄積していることが原因で代謝率を低下させてしまったり老廃物を多くしたりと言うことが起きてしまいます。
むくみが多くなったり脂肪が多くなったり理由は脂肪と恵みと言うのは、全然、違うもんですから脂肪と言うのは体に溜まったカロリーを発散できない状態で増えてしまうのが脂肪です。
脂肪と言うと運動をすることや食事制限をすることが中心だと思いますので、食事を減らす事でもまたは等分油分や炭水化物等を減らすことが、代表的な例なんですが減らしても、お腹の空腹感がなくなる事はありませんので逆に増えてしまいます。
日常的に仕事をしている人はお腹がグーとなっただけでも空腹感を漂わせてしまいますので動くエネルギーをなくしてしまうことがあり食べるものは食べてエネルギーを生み出すことをしないと働くことができなくなります。
太ってしまったりむくみや脂肪が多くなってしまった場合、体重を気にしたりすることでもストレスを与えて体重を減らすと言うダイエット法もあると思うんですがストレスを与えれば与えるほど、逆に太ってしまうたりむくみが多くなってしまいます。
むくみや脂肪を減らすために
むくみや脂肪が増えてしまう原因と言うのは運動不足や高カロリーのあるものを食べすぎたり炭水化物や糖分や油分の摂取だけではありません。
疲れが多くなると言う事は、限界なく疲れは多く蓄積していく場合がありますので、疲れが多くなった状態でストレスに変換されてしまいストレスに変換されてしまうと代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が溜まりむくみや脂肪になりやすく太ってしまうって体重が増えてしまいます。当然炭水化物や油分や糖分の過剰摂取と言うのは良くありませんのでお腹いっぱい食べると言うよりもドンダケ食べたのかと言う量によって左右されますので自分の体重や体型などを見たらどれぐらいの量が適切なのかと言う事はわかると思います。
当然、誰でもお腹いっぱい食べてしまったり腹八分目しか食べていないと言う方も多くいますが腹八分目は自分で感じている位の大きさによって左右されますので多くの方が食べ過ぎているということがあります。
満腹でもないけど
腹八分目食べてても後でお菓子などを食べたりすると効果は半減してしまいますので注意しなければいけないところです。
しかしそれ以上に日常的に多くなってしまう疲れと言うのは何かをしてあー今日は忙しかったから疲れたなぁと思ってもしばらくするとなくなったように感じなくなります。
しかしこれが大きな間違いなんです。
疲れと言うのはいちど生み出されてしまったものは体に蓄積していきますのでなくなる事はありません。
なくなる事はありませんが体に蓄積してる状態が日々日々積み重なっていく状況で自分の体を1番ダメージを与えていく結果になってしまいます。
運動不足や高いカロリーの食べ物を過剰に摂取したり腹八分目以下で抑えていると言うよりも自分の食べた量を確認しなければドンダケ食べているのかと言う事は分りません。
自分の食べた生量と同じものをお皿で積み上げてみたりするとドンダケ食べたのかと言う事はわかりますがお腹の中に入ってしまったものはなくなってしまいますので比べることができないのが事実なんです。
食べた量と体を動かすこと
日常的に多くなってしまうものを減らすことが大切なんですが食べることも考えないと栄養失調に落ちたりバランスが悪くなったりして体を壊す結果にもなりますので注意しなければいけないところです。
疲れやストレスが溜まるのは日常的に生活をしたり料理をしたり掃除をしたり洗濯物干したり階段を登ったり降りたりすることや歩いたりすることや車の運転や買い物をしたり重たいものを持ったりすることでも疲れは多くなってしまいます。
そしてさらに日常的に仕事をしたりパートで働いたり営業で車の運転をしたりすることでも疲れは生じて行きますので何をしてもまたは何もしなくても疲れと言うのは多くなるばかりだしアルコールを飲むことでもタバコを吸う事でも疲れは多くなっていきます。何をしても疲れというのは生じてしまいストレスに変換されてしまいます。
何もしなくても疲れは多くなり家で、ごろごろ、ゆっくりしていても疲れは多くなるばかりでストレスに変換されてしまいます。
ストレスの蓄積というのがかなり体にダメージを与えていきますので悪くなるのは代謝だけでもなくリンパの働きだけではなくありとあらゆるものに疲れは蓄積していきストレスとして変化していきます。
眠りの問題から
また眠りの浅い方が最近多くなっていますが眠りの浅い方と言うのは脳が弱っていきますので脳が弱ると自律神経の働きのバランスが悪くなりホルモンの脳下垂体にも影響与えてしまい、脳下垂体が影響受けてしまうと体、全部にあるホルモンの働きが悪くなります。
眠れていなければ毎日毎日の疲れが解消できなくなって骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレに進行していくと言うことで痛みやコリになっててなっていても不思議ではない状態になっているんですがあまり症状を感じている方は少ないようです。
眠りと言うのは大脳が寝ている状態のことをいいます。
たとえ6時間睡眠時間がある方は大脳が寝ている睡眠つまり熟睡状態はたった何分かの時間しかできないと言われています。夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないから行く出しているまたは眠れていると言えません。
人が寝ているときには夢の記憶しか残らないためさらに浅い睡眠の記憶つまり寝ながら考え事をしている睡眠と言うのは記憶に残りにくくわからないんです。1番まずい睡眠というのが寝ながら考え事レシーブしている睡眠ですから眠りの問題で考えると夢を見ていればさらに1番浅い睡眠になります。
寝れば寝るほど疲れていく睡眠残念ながら考え事をして睡眠で目が覚める寝ながら考え事をして睡眠と言うのはれているようで眠れていないんです。