小顔矯正

小顔矯正

北九州市小倉北区は小顔矯正をしていくと顔が小さくなっていきます。ボキボキしない痛くない矯正、

北九州市小倉北区で小顔矯正なら徳力整体院。
初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています.。小顔矯正をしていく時には小顔矯正の意味を知ってもらいたいですから意味を知って小顔矯正を受けてもらっています。
小顔矯正というのは顔を小さくすることなんですが顔を小さくするということはどういうことなのかどういう意味があるのか何に影響するのかただ顔を小さくすればいいのかという問題なんですが。
顔は頭がい骨の一部
小顔矯正をしていくときには顔というのは頭蓋骨のひとつです。顔面骨ともいいますが顔面骨という正式な名称がつくものはありませんので頭蓋骨の一つが顔なんです。
つまり小顔矯正というのは顔だけ小さくするということは不自然ですから頭蓋骨全体を小さくすることが小顔矯正になりますしとくに顎の部分はすっきり細く引き締まっていくという効果がある小顔矯正なんですが顔だけ小さくするということはないと思います。逆に顔だけ小さくなっても頭でっかちで頭が大きくなったままでは全体的にバランスが悪く宇宙人のような状態です。
しかし頭蓋骨というのは 大脳、脳幹、脊髄を納めているものです。小顔矯正というのは頭蓋骨矯正とは全然意味が違いますが顔を小さくしていくということは頭も小さくしなければ全体的なバランスが崩れてしまい頭でっかちになるということです。
小顔矯正と頭蓋骨矯正
当院では体質改善で頭蓋矯正をしていますが小顔矯正は頭蓋骨矯正とは違いますのでどうやれば顔を小さくすることができるのかという問題なんですがそれとよく聞かれるのが小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力があるのかということを聞かれます。それについてお答えしていきたいと思いますが本当に顔が小さくなります。
しかし顔を小さくするためには あれば顔を小さくすることができるのか、また何をして顔を小さくしているのかという問題があります。そして顔が小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力はあるのかということを聞かれますのでつまりは戻りがあるということです。
顔が小さくなっても
人の体は何かをしたら必ず戻りがありますがこの戻りがどこから戻っていくのか何から戻っていくのか何が原因でも戻りやすくなるのかということなんですがこれも原因があります。小顔矯正を訪れた方に 始めに効く言葉があります。院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと多くの方が同じ答えを返してきます。同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんと答えていますが当院の院長は体の状態を検査することができますので検査をしてみると逆のことが判明します。
逆のことで判明することというのは体調が異常と思えるほど悪いのに悪いということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが大きくあるということです。
痛みやコリがあるとは限らない
しかし歪みやズレがあるからといって痛みやこりになっているとは限りませんので女性で言えば生理痛や生理不順や便秘などを起こしているということもあります。
そして体調を落としている時には顔色が悪くなったり肌のツヤがなくなったりしています。この体調の落とし方がすべて顔に出てしまっているんです。小顔矯正をして行く時には顔だけがターゲットではないんです。
初回は顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきますが体調や体力がない方ほど小顔矯正をした後だるくなるか違います。
顔を小さくしてもダルクなる
揉み返しのような感じでだるくなりますが揉み返しではありません。揉み返しではない理由が体は触っていないのにだるくなることがあるんです。
揉み返しではないのにだるくなるのは体調や体力が異常と思えるほど悪い形ですが顔を小さくした変化に体がついていかない関係です。小顔矯正をして顔を小さくするときも体調や体力を必要としますので変化していくためにはエネルギーが必要ですからエネルギーがない方ほど消費してしまいますのでだるくなります。しかし多くの方が説明をする時にだるくなるけどいいですかと聞くと全員の方が構いませんいいですと簡単に答えてしまっています。
最近は多くの方が体調が悪い方が多くなっていますし毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することでいろいろなものごとで体を動かしたり動かさなかったりでも疲れやストレスを置くためてしまっていますので疲れやストレスが溜まっていると必ず骨盤の歪みが骨盤の開きそして背骨のズレになっています。
体を整えることで顔が小さくなる
本当に体には生活することが基本で多くの疲れやストレスを溜めることばかりですから疲れやストレスというのは限界泣く溜まっていきます。
普通は限界なこと待っていたものは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきますが水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり色々な部分に水が存在していますので水が65 kg にもなるということです。
疲れやストレスの蓄積
しかし水分に疲れやストレスがたまるということはないと思います。あと残った35 kg の中に疲れやストレスですがたまるところが存在している。35 kg の中には神経と血管とリンパと筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。しかし多くの方がイメージをしますが内蔵と言うと病気というのを結びつけてしまうことが多くありますが内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので病気と言っているわけではありません。しかし病院というところは病気の専門家ですから病気になってしまったら病院に行って検査をして異常が見つかれば治療をしなければいけません。
内臓疲労が顔に影響
当院で言う内臓というのは数値的な異常が出ないものですから疲れやストレスが溜まることが原因で色々な体の歪みやズレが起きるということがあるんです。ですから病気というわけではありません。
毎日毎日の仕事をすることや生活すること屋歩いたり走ったりすることが原因で疲れやストレスが多く蓄積していきます。
この多くが筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。内臓というのは筋肉よりも内側にありますので身体全体的なバランスを崩していきます。特に骨盤の歪みは骨盤の開きなどは特徴的に内蔵に溜まった疲れやストレスが原因です。
そして背骨のズレというのは内臓に直結していますので内臓の弱った部分の骨がずれ起こしていきます。例えばですけど胸椎の8番目の骨というのはアルコールに関係なく肝臓に行く神経が出ているところですから肝臓が弱ると背骨の8番目の骨はずれを起こします。
背骨のズレ
胸椎の11番目と12番目の骨は腎臓に関係する部分ですから塩分の摂りすぎなどに関係なく腎臓が弱っていると背骨の11番目と12番目の骨はずれを起こします。骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレというのは内臓に直結していますのでどこの内臓がどれくらい終わったかで歪みは何が変化していきます。
歪みやズレが全然ないという方はいませんので生活している限り生きている限り誰でも存在するものです。歪みやズレ 誰でもあるものなんですが体の状態を検査することでわかりますが体の状態が顔にも現れてきます。
顔にむくみや脂肪が多くあるということは体調の状態が悪いということを表しています4顔色が悪かったり顔のツヤがなかったりすると体調は落ちているということですから体調が落ちているだけではなく内臓に疲れやストレスが溜まっている状態です。
肌のツヤ
特に肝臓が疲れて行くと肌のツヤがなくなります。顔に脂肪が多くなることも体調の状態を表している場合が多くあります。朝から顔がむくんでいるという方は眠れてもいないし疲れやストレスがとれていません。
寝ている時だけに疲れやストレスが内臓から少しだけですけど減っていくことがあります。しかし最近、多くの方が眠れていません。夜寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしています。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。寝ている人を見てスースー寝息を立てて気持ち良さそうな寝息を立てていると寝ているなと思うでしょうが大脳の中のことまでわかっていません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。つまり目が覚める前に夢を見ているということです。
夢を見る睡眠
夢よりもさらに最悪な睡眠があります。夢が多いということは眠りが浅いことになります。目が覚める瞬間ではなく、その前にも見ている可能性もあるからです。夢を繰り返し繰り返し見たりすることも多くありますが覚えているのは目が覚める前だけです。しかしさらに浅い睡眠は最悪な睡眠がありますので、その睡眠の事を寝ながら考え事をしてる睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまっています。寝ながら考え事をしてる睡眠というのは長くなります。寝ながら考え事をしてる睡眠というのは例えば睡眠時間が8時間ある方が寝付く時間に5分、目が覚めようとする時間が2分、 後残った7時間58分が寝ながら考え事をしている時間になっています。
小顔矯正をして行く時には一番近くにあるものが大脳です。眠りが浅いということは睡眠負債状態と言いますので睡眠負債状態が多くなって行けば行くほど顔が変形していきむくみや垂水だけではなく顔色や肌のツヤだけではなく大脳が弱っていきます。
大脳疲労と小顔矯正
大脳が弱ったかは痛みやコリを感じにくくなります。 大脳が元気だから自分の状態を把握することができます。痛みやこりというのは信号です。警報と同じことです。体が良くないぞということを知らせてくれているのが痛みやこりであり肩こりや腰痛や生理痛や便秘などです。
これを人は簡単に考えてしまって薬で抑えようとしています。 痛み止めの薬というのは一時的な効果はありますがその時を抑えているだけですし楽にしているだけです。
原因を見つけ出して直しているわけではありませんし原因がそんなに簡単に治るわけはありません。
楽にしていくことと直していくことは全然意味が違います。
一時的な症状
一時的にしろ楽にする方法というのはいろいろな方法が存在しています。湿布を貼ったりしても楽になることもあるでしょう市ドラッグストアなどに売っているサプリメント屋健康食品を飲んでも楽になることもあるでしょうし家族の方に揉んでもらっても楽になることもありますし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽になることもありますし低周波治療器などをかけても楽に感じてしまうことがありますが楽になっているだけで治っているわけではありません。
最近は小顔矯正に訪れている方が怖いと思うぐらい背骨がガタガタになっています。こんな背骨の状態をしていたら大変な結果を招いていくだろうなと思うことがしばしばあります。小顔矯正をしていく時には一番近い大脳も関係がしますが顔から下の体も深く関係をしています。全体的に整えていかないと持続力や維持する力は上がりません。当院では体質改善という治療がありますので体調を上げてよくしたら体質改善ができます。