骨盤矯正で小尻へ

骨盤矯正で小尻へ

北九州市小倉北区で骨盤矯正で骨盤を小さくしていく為には何をすれば良いか、何をしたら骨盤が小さくできるのか

北九州市小倉北区で人気がある骨盤矯正をしています。
骨盤矯正で骨盤を小さくするためにはどうしたら骨盤を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんが多くの方は運動したりストレッチをしたり締め付ける下着やストッキングなどを履いてしている場合がありますが骨盤矯正をしていくときには一番重要なものが二つあります。骨盤矯正をして骨盤を小さくするためには関係する二つのものというのは体調と睡眠負債状態です。
骨盤矯正とは
一見、関係ないような感じなんですが体調と睡眠負債というのは骨盤矯正をしていくときに一番重要なものになります。実は体調というのは意味不明な言葉でもありますので自分で体調が良いと思えばいいことになりますし痛みやこりがないからと言って実は体調が良いとは限らないんです。
体調というのは体にしっかりと現れていますので検査をしてみるといろいろな状況がわかってきますが今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方が同じような答えを返してきます。
体の状態
同じようなこと愛というのは体調はいいですとか調子は悪くありませんということなんですが検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるということがあります。骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるということは実は体調が悪いことを指しています。体調が悪いから骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなります。
体調が良い時には骨盤の歪みは小さく少なくなりますので体調が悪い時ほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていき骨盤周辺の脂肪やむくみが多くなっていきます。体調が良いか悪いかというのは自己判断に限らなければいけませんが多くの方が体調が悪いのに体調の悪さを感じていないということがあります。
体調と矯正
体調が悪いから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因までありますので単純に骨盤を矯正すればいいというわけではありません。体調が悪い時ほど色々な問題が起きてきますが骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするのは体調の悪さを表していますが単純に骨盤だけが関係してるものではなく背骨がずれて片方状態になっていても痛みやコリを感じていないという方がいますので麻痺したような状態で鈍感になっています。普通でしたら骨盤の歪みは骨盤の開きがあると腰痛が起きたりぎっくり腰が起きたり椎間板ヘルニアが起きたり足のむくみなどが起きたりしますから普通でも生理痛は生理不順や便秘を起こす場合があり膀胱炎を繰り返すこともあります。
小さくする為にも
全ては体調の状態から表しているわけですけど 、体調というのは疲れやストレスが溜まった時の状態を言いますので疲れやストレスというのは生活している限り生きている限り誰でも存在するものですから毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や不安などで生み出されていくものです。生活している限り生きている限り疲れやストレスと無縁でいることができませんので生み出されたものが多くなればなるほど貯まれば貯まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり循環が悪くなっているを履い物が多くたまるということが起きますのでリンパの働きも当然、停滞気味になっていきます。骨盤矯正をしていくときに単純に骨盤矯正をすればいいというわけではなくどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかということを探さなければいけません。骨盤の歪みや骨盤の開きを探すためにも体調の検査をしたりすることが一番重要になりますので総合的な体調の状態が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。
骨盤矯正と体を整えること
骨盤矯正をして骨盤を小さくする小尻にしていくためには骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというものではありませんので単純に骨盤矯正で骨盤を小さくすることをしても維持することや持続性がないと効果はありませんから維持するためにはどうすればいい子するのか持続性を上げるためにはどうしてやれば持続力を上げることができるのかということを探さなければいけませんのでそのための検査するために体調の検査をしています。
体調の検査をするためにもまずは骨盤を小さくすることを優先しなければいけませんので初回は骨盤を小さくすることに専念していきます。
疲れやストレスを減らす
体調を上げたり疲れやストレスを減らすことも考えていかなければいけませんし睡眠負債状態を改善しなければいけませんが何と言ってもその前に本当に言葉を小さくすることができるのか骨盤が小さくなるのかということをお見せしなければいけませんので骨盤を中心的に触って骨盤を小さくすることに専念していくということです。
しかし疲れやストレスが多く溜まっていたり睡眠負債状態がたくさんあると体調がすごく悪くなっていますので骨盤矯正をして骨盤を小さくしても変化に体がついていかなかったり体調や体力がなかったりすると、だるくなる場合があります。揉み返しのようなだるさが大きいたりしますが揉み返しというわけではありませんので注意してください。
体調や体力がないと体の変化について行くことができなくてだるくなる場合がありますので今現在あるパワーが小さくなる方法に取られてしまうことが起きるとだるくなるということです。
骨盤矯正をする時には骨盤を触って覚えてもらうことをしますので骨盤の真横に手を当てて幅を感じ取るようにしてください。
骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば良いと言う訳ではない
単純に手を当てただけではわかりませんので単純に手を当てたりすることなく感じようとしてください。
今まで骨盤矯正を多くの方に行ってきましたが時々わからないという方がいますので小さくなっているのにもかかわらずわからないということは触り方に問題があります。
体調や体力落としていたりすると疲れやストレスがない脳にも溜まっていますのでさらに睡眠負債状態であると自分でも分かっていないぐらい痛い膿を弱らせている場合がありますから大脳にある感覚神経を動員することができなくてての集中力が極端に落ちてしまっているという方がいますので手の集中力が落ちてしまったかたほど骨盤を触っても変化したのがわからないということがあります。
しかしウエストの部分まで細くなりますのでウエストの部分が分かるということで納得してもらうこともありますが骨盤矯正をしてズボンやスラックスやスカートなどがゆるい感じがするということで分かるという方もいますが本当は自分の両手で触って変化が分かるということが一番、重要なものになりますので自分の手で触って変化が分かるように触っておいてください。
小尻に矯正は
骨盤矯正をする時に骨盤を触る時には単純な触り方なんですが一番、難しい触り方になります。単純な触り方というのは骨盤の真横に両手を当てて幅を測るようにして触るだけです。
しかし手をいただければわかりませんので中心軸を境目にして右側と左側がどちらが出っ張っているか大きいかということを手だけで確認するようにして触ってみてください。人の骨盤というのは左右が対象ではありませんので必ず左右差が存在しています。骨盤だけではなく小関節の部分が出っ張っているという方がいますので股関節でも骨盤でも左右さを感じようとしてください。
触り方
一番大切なことは骨盤の真横に手をおいて中心軸の方に少し押してみて左右さを感じようとしてください。
中心軸に押してみるということはむくみや脂肪を除去することになります。もちろん骨盤矯正をしていくわけですから骨盤周辺にあるむくみが脂肪も減らさなければいけませんが一度にいっぺんに減らすことはできません。骨盤矯正をして行く時には単純に骨盤の矯正すればいいというわけではないと説明したように骨盤矯正で歪みやひらき起こした原因が体の中に存在しています。