頭痛、片頭痛には

頭痛、片頭痛には

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるのは原因がありますから原因から改善していく為には体の崩れから整えないと。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の起きやすい方、繰り返す方、痛み止めの薬ばかり飲んでいる方などは、そろそろ、どうして頭の痛みが起きるのか、見つけ出すことをしていきませんか??頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きたら、すぐに頭痛薬を飲んでしまえば、痛みは、しばらくすると直ります。
しかし、収まつているだけで、原因が残ったままになっていますから、徐々に進行していきます。進行状況は皆さんで違いますので、千差万別ですが。進行する時には、痛みが強くなる方もいます。進行する時には、痛みの間隔が近くなる方もいます。進行する時には、頭痛薬を飲んでも、時間が以前よりも時間がかかる事もあります。進行してしまうと、ズキッズキッする方もいます。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛は病院でも原因が見つからず、わからないことが多くあります。と言のは頭痛、頭の痛み、偏頭痛は病気ではないからです。テレビや雑誌の特集でもでも頭痛、頭の痛み、偏頭痛は肩こりから起きているとか、首の痛み、首のコリから起きる頭痛だとか、眼精疲労から起きる頭痛とか、言われます。しかし、検査してみると、肩こりや首の痛み、首のコリや眼精疲労を伴いながら起きている現象です。
つまり原因は、それではないと言うことです。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因
頭痛、頭の痛み、偏頭痛の方を検査してみると、脳圧が上がっています。脳圧とは流れができていない方、脳圧が上がります。脳圧が上がると、脳を圧迫してしまいます。普通は脳の圧力は一定なんですが、なにかの原因で脳圧が高くなっています。この脳圧が上がる原因がなんなのか??また、
本当に脳圧が上がっているのか、確認する必要があります。そのためには、検査することをできないと、触っても、目で見て判断できることはありません。脳圧が上がると、脳の血液の循環、老廃物の流れも悪くなります。北九州市小倉北区からも多くの方が頭痛の治療を受けています。頭が痛くなったり頭の一部分が痛くなる偏頭痛が起きるのは原因があって起きています。この原因から改善していくようにしないと薬などでも一時的に抑えることはできるかもわかりませんがあくまでも一時的に抑えているだけです。
一時的に抑えているだけなので原因はどんどん進行していって悪化の一途をたどります。頭痛になりやすい方は先将来ですが最近見たテレビで病院の先生が云っていましたが頭痛の約半数の方が脳梗塞になっているといっていました。当院の院長も納得することもあります。進行してしまうのを待っているだけではなくならないように進行しないようにしていく治療をしていきませんか。頭痛の原因を短期で治すことは困難ですが回数と時間をかけてやれば方向転換ができると思います。
脳梗塞になってしまうと大変なことなので頭痛というのはその進行途中で起きている現象です。
進行途中で起きている現象を
そんなに簡単に治せる訳はありませんが、当院には体調を上げることから始めていく頭痛の改善と体質改善で頭痛を解消する方法があります。まず初診時では体調を上げていくことから始めて、この時に頭痛が起きている方も楽になります。しかしこれで治ったわけではありません。
一時的に頭痛を良くしただけなので治ったと勘違いしないでください。初診から数回は今までの体調の悪さから上げていかなければいけません。あまりに体調が悪すぎたりするとあげるだけでも数回かかるほどのひどさが方もいます。体調というのもそんなに簡単に上がるものでもないし何をしても難しいのが体調を上げるということなんです。サプリメントや薬を飲んでも体調が上がりませんし病院などで注射や点滴をしても体調は上がりません。
体調を上げるということが一番重要なことなんですが皆さん簡単に考えています。体調というのはボキボキしても体調は上がりません。マッサージをしても体調は上がりません。体調を上げるというのはなんだろうということをしっかり考えるようにして下さい。
最近多くの方が無茶苦茶と言っていいほど体調としています。落とし過ぎた方ほど体調というのを感じていないしわからなくなっています。
そして頭痛が起こりやすい方は
頭痛が起こりやすい方は眠りが浅くなりやすくなります。眠りが浅いと体調がすごく寝ている間にどんどん悪くなっていきます。寝ている間に体調が悪くなるので自分でも気がつかないぐらい眠りが浅く夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている眠りになります。こんな状態が長く続けてると脳梗塞になる確率がどんどん増えていきます。そして脳こうそくにならなくても、ウツ状態やパニック状態や不安神経症を患うようになります。当院の院長は頭をさわるだけでその人が眠れているか眠れていないのか検査で判断することができます。頭をさわるだけなので本当は検査をしなくてもすぐにわかるぐらいになっています。最近多くの方をの頭をさわるとこんな状態では大変なことになりそうだと思ってもあまり言えないことも多くあります。それほど甘く見ているし甘く考えている方が多いようです。
頭痛というのは
頭痛には頭痛が起きる原因が潜んでします。頭が良く痛くなる方がいますが、多くは頭痛薬などで治しているわけではなく押さえているのが現状です。頭痛が起きたりする時には、脳は疲れやストレスを多くためて弱っています。脳が弱ると言う事は、脳に緊張や炎症、ハレ、ただれなども起きていることが多いようです。痛くなるときには頭が痛くなる時には、体調が悪いときに頭痛になりやすくなります。体調が悪くないと思う方もいるかも知れませんが、それ自体が違います。必ず、体調が落ちて悪くなっているときに、頭痛は起きやすくなります。
体調が関係して
頭痛は、体調が関係して起きています。体調とちうのは疲れやストレスの蓄積です。体に多くの疲れやストレスがたまると、誰でも体調が落ちていきます。寝込んでいないと体調は悪くないと思うのは違います。寝込んでいなくても、体調の悪い方は多くいます。体調が悪い方ほど、風邪も引きません。「ここ何年も風邪も引いたことが」ということをよく耳にしますが、本当にそうでしょうか。体調が悪すぎると、痛みやコリも感じませんし、自分の体が、どうなっているのかわからなくなります。
体調が悪すぎて、疲れやストレスもわからなくなって痛みやコリも感じない方が多くいます。当院では特殊な検査法で、それを判断することができます。脳が元気だから、風邪の細菌やウィルスが体内に侵入してきたら、熱を上げて細菌を減らすことをする事が出来ます。
細菌が
細菌が体内に入ってきても、普通は何も起こりません。風邪も引きませんし、どうもありません。風邪の細菌が体内に入ってきたら、自分の力で細菌を減らそうとするのが風邪の諸症状です。体内に細菌を多く、蓄積していても、何も感じません。風邪の諸症状は、脳が元気だから風邪の症状を起こして減らす働きがあります。なぜ、そんな話をするのかと言うと理由があります。
その理由とは、毎日、眠りが浅くて、そのことさえも考えないで、また、わからないで毎日過ごしていると、心臓も弱るし、普通は体のバランスが崩れて体調を落としますが、落ちている事さえわかないような感じになります。脳が弱るとマヒが起きています。脳がマヒすると、痛みやコリを感じません。脳が弱ると、脳も炎症やハレなどが起きやすくなります。脳が何らかの状態になっているから頭痛になるからです。