膝の痛みを解消

膝の痛みを解消

北九州市小倉北区で膝の痛みを解消するなら、どこが痛くても歩いても階段でも座る事でも原因があるはずですから、初めは体の崩れを整えていくことが最良です。体の崩れから膝に負担が起きています。

膝の痛みを緩和、楽にしていくなら

北九州市小倉北区で膝の痛みを原因から解消することができるので人気があります。

 

膝の痛みが起きたら、多くの方は病院に行きます。

 

病院でレントゲンを撮って骨の異常を見つけることもできますし、骨と骨の間が狭くなっていることもありますし、じん帯の問題、軟骨も問題が起きていることもあり、加齢によるものだとか、歩きすぎ、使い過ぎと言うことも聞きますし、筋肉の弱りから起きていると言うことも。

 

膝に負担が起きることは色々ありますから、何が膝を悪くした原因なのかはわかりません。

 

膝の痛みとは

膝の痛みが起きると病院で水が溜まっていれば注射で水を抜いたり、湿布を貼ったり、サホーターを膝に巻いたり、サプリメントを飲んだり、ストレッチしたりする方法が一般的です。
サポーターは膝を保護して歩きやすくなりますが血の流れやリンパの流れが悪くなり、筋肉にも影響があります。

 

サポーターを膝にすればするほど、固定と圧迫しているだけですから、楽になりますが・・・・。
変わる事もないし、良くなることもありません。圧迫と固定ですから。
サポーターとはサポートする事ですから、テーピングみたいなものです。つまり固定と圧迫しているだけです。
ヒアルロン酸mの注射は加齢による軟骨の部分の関節に刺す油みたいなものです。軟骨や可動する部分には潤いが必要ですから。
筋肉の弱りや栄養不足も考えられますが、もう一つ、原因が考えられます。
それは体の崩れです。

 

体の崩れと膝の痛み

体の崩れが起きると膝の部分にも負担が大きくなります。
体の崩れから、歩き方も変わります膝のは負担が増大します。
体の崩れと言うと、筋肉だけのように聞こえますが、崩れは筋肉だけではありません。

 

体の崩れとは

筋肉のバランスの狂い、弱体化、弱り、硬縮
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレも起こります。

 

ありとあらゆることが膝に負担を強いていきます。

膝の痛みの症例

膝の痛みがある60代の女性の方が以前、来院されました。
病院で水を抜いたりしても、しばらくは歩きやすくなるそうですが、また膝に水がたまるそうです。

 

普段は膝にサポーターをして歩いているみたいです。
ヒアルロン酸を注射で入れることも数回したそうです。
検査してみると痛みがある膝と、痛みが無い膝に差がありません。
普通は痛みがある膝の方が大きくなっているのが多くあるんですが。
検査してわかったことなんですが、膝の痛みがある方の方が、無い側と比べてブヨブヨしている感があります。

 

なので水がたまってきていると言うことだと判断して、水を減らしていく施術をしていきます。
水を減らす前に、膝の大きさを手で触っておぼえてもらいます。(あとで比べてもらうためです)

 

膝を検査してみると炎症がある事がわかりましたので、まずは手技で炎症を取れるか施術してみます。

 

取れない炎症もありますが、この方の場合は、膝の炎症が取れて少しだけ膝の大きさが変わってきました。
痛くない膝と比べてみると大差がなかった膝が、変化しています。
本人に確認してもらうと、目で見ても分かるくらい変わってきています。

 

そして確認のため、歩いてもらいました。しかし、「まだ痛い」と言うことでしたが、『今までの痛みと同じですか?』と聞くと、「少し良い」と言うことです。
と言うことは、さらに膝の炎症を改善することができれば、もう少しは膝の痛みが取れると言うことです。
さらに、膝の痛みを手技で解消を試みますが、少しは小さくなりましたが、あまり変化はありません。

 

なので、さらに検査をしてみると骨の部分にも炎症が反応しました。骨の部分と言うのは大腿骨の末端部と膝から下の骨の関節部分です。
つまり膝の上下の骨の部分です。

 

これも手技で改善する範囲であればできるんですが、取れないこともありますので、施術してみないと何とも言えません。

 

この方の場合は、なんとか解消することができると思い施術してみました。
そうすると徐々にですが、骨の炎症が取れてきているような感覚です。
その証拠に、さらに膝の大きさが変化して炎症が取れてきました。

 

しかし、今日の施術はここまでになります。
時間をかければよくなることもなく、回復する時間も必要です。
次回来た時に、回復度合いを確認する必要があります。
悪い部分ほど回復は遅れますから。
周辺の、そこまで悪くない部分から回復させないと膝の痛みは良くなりませんし、関係するのは、膝の痛みがある現場だけではありません。
そして最終的には体質から、膝の痛みは起きています。

 

年齢や加齢、使い過ぎなども関係しますが、根本的には体質の問題が膝の痛みを起こしています。
なので、できたら体質改善の施術までしていく必要があります。
北九州市小倉北区からも多くの方が膝の痛みを改善する為に
膝の痛みには原因があります。膝の痛みをヒアルロン酸を注射で打っても潤滑液を増やしても原因から変えていくことをしないと根本的には変わりませんし、そんな事をしていると軟骨も痛めやすくなります。

 

ヒアルロン酸などの潤滑液を注入しても油をさすようなことですから、他に原因があるのに原因から改善しないと、もし潤滑液が切れてしまったら、軟骨を痛める事にもなります。
ヒアルロン酸は維持的な緩和しかしていませんし、関節に油をさすことだけです。
膝の痛みのある方は膝の内側の痛み、膝の外側の痛み、階段を上る時の膝の痛み、階段を下りるときの膝の痛み、歩いただけで痛む膝の痛み、お皿の部分が痛む膝の痛み、座って立つときの膝の痛み、色々な膝の痛みがあります。

 

痛みには原因が

必ず痛みには原因があります。病院ではわからない膝の痛みの原因があります。整形外科、外科の病院はケガや外傷、骨折の専門家ですから、膝の痛みは専門外と言う事もあります。
病院では関節も骨折とかヒビとか、ケガとか、傷でしたら専門家ですから膝の痛みと言うのは、それらではありませんから。

痛みを楽にしていくためには

膝の痛みを楽にしていくためには膝を触ればどうなっているかわかります。
水が溜まっていないでも、炎症やハレがあることもあります。炎症やハレがあると炎症やハレを抑えていくことから始めていきますが、多くの膝の痛みの方は、多くの方がハレや炎症があります。
炎症やハレがあると筋肉やじん帯、軟骨、骨も炎症やハレが起きている方もいました。
ただ、注射を打つだけではなく、薬でもなく関節自体を触れば、どうなっているかわかります。
膝の痛みには膝の痛みになる原因があります。
膝の痛みを一時的なもので楽にしようとすると悪化させたり慢性化させることもあります。

膝の痛みには

当院では膝の痛みのある方が良く来院して治療していますが、多くに方の膝を触ると炎症やハレ、又はそれ以上にブヨブヨしていると言う事がわかります。
水ではありませんが炎症やハレを起こしすぎると全体的にブヨブヨしていると言う方もいます。
どうなっているかは、見てみないとわかりませんが、当院の院長は学者ではありませんが治療家なので現場の専門家ですから、そういう方を多く見ています。
治療は信じられないかもしれませんが、膝を触ってマッサージでするだけで関節が細くなります。細くなると言うことは炎症やハレが改善していると言うことです。

変形性膝関節症

膝の軟骨がすり減り、痛みが出てくる状態です。
ひどくなると変形が進行して歩くたびに痛みがある方もいます。
初期の段階では朝歩き始めて痛みがあったりイスから立ち上がる時、また長く歩いた後に痛みがあったりすることが多いようです。
小倉南区、小倉北区で30年になるカイロプラクティック徳力整体院。