肩こりを解消する


  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを解消するなら筋肉のコリを改善して歪みも整えていかないと肩こりはその場しのぎになります。

肩こりには原因がありますが、多くの肩こりを治す治療は原因まで見つけ出す事をしていません。

肩コリと言うと筋肉のコリと言うイメージが強くありますが、コリを上手に説明できる方は少ないようです。コリとは意味不明な言葉です。コリを正確に言うと筋肉疲労のことを言います。

 

日常にある肩こり、肩の痛みの原因

毎日、毎日の生活したり、仕事をしたり、運動したりすることは、スマホを扱うことでも肩や腕や指に力が入っています。モノをつかんだり、荷物を持ったり、指先を使ったりすることで多くの疲れが溜まっていきますから、何をしても、また何もしなくても疲れは蓄積されていきます。

例えば、筋トレしても筋肉を鍛えても疲れは多くなります。

買い物で荷物を持ってもバックを下げても肩の筋肉を使っています。

車の運転でもハンドルを回したり、保持することで肩の筋肉を使っています。

掃除することでも手を動かす事でも疲れが筋肉にたまります。

料理を作る時でも包丁で野菜やお肉を切る時でも肩に力が入ります。

さらに、運動しても体操をしても筋トレしても疲れはたまっていきます。鍛えても簡単には筋肉は鍛える事ができません。

そして湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽にすることと、肩こり、肩の痛みの原因になっているモノを見つけ出して変えていくことは簡単ではありません。

簡単な方法は、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をすることです。

肩こりの原因

肩こり、肩の痛みになるのは、日常で多くなる疲れが原因で起きています。これがあると、当然、乳酸が多く蓄積することも起きますが代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

リンパの流れが悪くなるのも原因がありますから、リンパを流せば良いと言う訳でありません。と言うことはリンパマッサージ、リンパ療法は意味がありません。軽いマッサージにしか過ぎません。

肩こり、肩の痛みとリンパ

と言うのはリンパが、どうして滞留しているのか、見つけていません。ただ、流しているだけです。リンパの流れが悪くなるのも、しっかりとした原因があるからなんですが、リンパ療法や、リンパマッサージは、そこまでしていません。

どうして筋肉疲労が多くなっているのか??

その原因は??

本当の肩こりの原因

本当の肩こりの原因は、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れに関係しています。

特別なことではなく、日常にあるものが、体の弱い部分に多く蓄積したのが原因です。

つまり疲れは全身にたまって蓄積していくんですが、弱い部分には多くの疲労がたまっていきます。

人の体は弱い部分とそうでもない部分に別れます。誰でも弱い部分は存在します。弱い部分は遺伝的な要素や家系的に関係がある部分です。

弱い部分にたまる蓄積疲労から肩こり、肩の痛みに

遺伝的に弱い部分には多くの疲労が集中してたまっていきます。

もちろん、関節が弱い方もいれば、肩の筋肉が弱い方もいます。

しかし肩こりが起きたり、強くする時には、全身に疲れがたまりながら筋肉にも疲れがたまり、体の奥にも疲れが溜まっていきます。どこと構わず疲れはたまります。

体には何があるのか、と言うと神経、血管、リンパ管、皮膚、皮下脂肪、他の脂肪、筋肉、じん帯、骨、内臓(脳も)にもたまっていきます。

疲れは筋肉にもたまりながら、食べることやアルコールを分解したり、消化することや空気を吸って血液に混ぜる肺にも疲れはたまっていきます。

いつも人は気にもせずに食事したり糖分を取ったり炭水化物を食べたり、ご飯を食べたり、お水を飲んだり、アルコールを飲んだりすることで、いつもいつも内臓は働いてくれています。

食べたものを分解したり消化したり酸素を血液に混ぜる事でも内臓は働いて、働いた疲れが弱い内臓にたまっていきます。

さらに、それだけではなく、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れが体にたまっていき、筋肉にもたまりながら、内臓に多くたまっていきます。(内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です)

この両方からたまる疲れが体のバランスを崩していきます。そうするとあらゆることが起こります。当然、その中には筋肉疲労もありリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。それだけではなく内臓疲労から骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。

疲れの蓄積は代謝を悪くするだけではなく、あらゆることが起こります。

体にとって一番のダメージは筋肉の疲労よりも、内臓の疲労です。

内臓疲労から、どこの内臓に多くの疲れが溜まったのかで起きる背骨のズレの場所が違います。

蓄積疲労の多さと肩こり、肩の痛み

腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みでも蓄積疲労から歪みやズレになって起きている症状です。

疲労が多く蓄積すると、体調が悪くなったり、調子が悪くなったり、ダルクなったり、疲れやすくなったり、キツクなったり、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み等になります。

その一環が、弱い部分が肩の方が、肩こり、肩の痛みになっています。

また、眠りの浅さからも疲れが弱い部分にたまっていきます。

眠りと言うのは寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

眠りは脳が寝ている事を言います。布団やベットの上で横になって寝息をスースー立てていても脳が寝ている時間が寝ていると言います。

熟睡

スースー寝息を立てていても脳が寝ていなければ、眠れていません。

つまり脳が寝ている熟睡が出来ているのかで、疲れの減り度合いが決まります。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

寝つきが悪くしても、寝つきが良くて朝まで目が覚めなくても眠りが浅ければダメなんです。

眠りが浅いと体、筋肉、じん帯、内臓にも全身に疲労がたまっていきます。

疲労が多くたまる弱い部分は、蓄積したものが、そのままではありません。細胞を変化させていきます。細胞を変化させたものが大変なことになる事もあります。

眠りには寝つきが悪い不眠症と、目が覚めないけど眠りが浅い睡眠負債があります。

 

体質改善と肩こり、肩の痛み

弱い部分には疲れがたまりやすくなっていますので、変えない限りは変わりません。毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れがたまっていくからです。

そのため当院では体質改善の矯正をお勧めしていますが、体質改善は特別な矯正になりますから体の状態から良くしていないとできません。

体質改善の説明へ

 

 

肩こりがどうして起きるのか、考えた事がありますか、肩こりには単純な筋肉のコリと、それ以外で起きている肩こりがあります。

肩こり、肩の痛み

肩こりを楽にして肩こりの事を知る事

肩こりと言うと、ただ筋肉を揉めば良いという訳ではありません。肩凝りになっている原因は、どこから肩こりを起こしているのか見つけることが大切です。

肩こりの原因

肩こりを起きたら湿布を張ったり筋肉をもんだり電気をかけたりコリの緩和をするために薬を飲んだりしても原因はすべて残っていますので、肩こりを感じていない時も原因はどんどん進行していきます。

一番大事なのは原因なので原因から改善していくようにしないと中和や緩和だけしていると本当の原因は進行していつかは大きくなってまたひどくなって出てきます。

肩こりとは

コリを感じると言う事は

肩こりを感じるときにはある部分に蓄積したものが原因です。このものが多いか少ないかで肩こりの度合いが違います。

日によって肩こりの強さが違うのは、この多さが減ったり増えたりするからです。

この肩こりの原因になるものは疲れやストレスです。しかし、疲れやストレスがたまる場所が問題になります。

肩こりになるのは

 

当院では肩こりの原因を見つけるために、

当院では肩こりを改善するために、検査を重要視しています。病院などでも一緒ですが検査を正確にしないと色々な原因や隠れている問題がわかりません。

当院で行う特殊な検査法ですから誰でもどこでもできるものではありません。検査法をおぼえるだけでも2年から3年の臨床経験を要します。

個人個人、体や体格や歪みの度合いや体調も違いますので全員に合わせた正確な検査をしなければいけませんので。

体格や年齢や性別なども違うので臨床の経験が必要ですから。

当院の院長は30年の経験がありますので臨床経験が豊富ですから色々なことがわかります。患者さんを見ただけでわかるような感じに見えますが瞬間的に検査をして状態を確認しています。

肩こり

肩の筋肉を触れば実際に筋肉は凝っているかどうか検査で判断をしています。普通はこういうことはわかりません。肩凝りに関係する筋肉というと僧帽筋という筋肉ですが、この筋肉を触るだけでこの筋肉がコリを起こして肩こりを起こしているのかということを検査しています。

まずどんな場合も病院の血液検査や尿検査と同じように検査というのが重要になりますので、ただ肩などの筋肉をもみほぐしても繰り返し起こりやすく肩凝りが、また起きていきます。

そして肩こりを感じていない時も肩こり起こした本当の原因は進行していく場合が多くありますので、コリを起こしていないからといって安心はできません。

肩凝り起こす場合は

①僧帽筋の筋肉の肩こり

②歪みから起きる肩こり

③内臓から起きる肩こり

この三つが主な肩こりの原因になっているからです。本当の裏側を探っていくと肩凝りというのは初めに筋肉のコリが起きて筋肉のコリが筋肉だけで解消できなくなると内臓に蓄積していきます。それらを繰り返していくことで最終的に内臓にどんどん多くの疲れやストレスがたまっていきます。

内臓に多くの疲れやストレスがたまることが肩の付近の背骨にゆがみを起こして歪み起こすことでさらに筋肉のコリを起こしていきます。

疲れやストレスがたまると肩こりになる

この堂々めぐりのような関係が肩こりの原因です。

つらい肩こりを本当の意味で楽にしていく為には、ただコリをほぐすだけではなく原因から解消していくことを考えて下さい。

肩こりには筋肉のコリというイメージが強いですが、筋肉のコリだけで起きている肩こりはあまりありません。多くの場合、筋肉のコリと歪みが重複して起きて肩こりになっています。

低周波などの電機でも湿布でも一時的な肩こり解消はできるかも知れませんが、その奥には原因が潜んでいます。

原因はいつまでも同じままではなく、進行していきます。原因が進行すると、手や指のシビレや握力が落ちたり、セキが出やすくなったり、ダルクなったり、心臓の負担まで起きることもありますから。

筋肉は筋肉で疲労したりして筋肉疲労を起こすとリンパの流れが悪くなって老廃物も多くたまります。

歪みも歪みが、どうして起きたのかという理由があって歪みを起こしています。

肩こりは筋肉のコリだけではありません。背骨の歪みや骨盤の歪みからも起こります。

多くの方は肩こりは筋肉のコリと思っていますが、ほとんどの場合、筋肉のコリが起きる原因があります。肩こりに関係する筋肉と言うのは僧帽筋と言う筋肉になります。

肩こりを解消するなら

 

この僧帽筋がコリを起こすと肩こりになります。

肩のこりを楽にしていくには

事務仕事で肩こり、パソコン仕事で肩こり、いつものスマートフォンで肩こり、レジ打ちの仕事で肩こり、洋裁和裁で肩こり、いつもを同じ肩に荷物を持つので肩こり、長時間の車の運転で肩こり、首のコリから肩こり、目の使い過ぎで肩こり、そして何もしていないのに肩こり、色々な肩こりの原因があります。

肩こりは切っ掛けで

しかし、これらの原因は、実は、切っ掛けです。
ほとんどの場合、切っ掛けで発症していきます。
発症する前にあるのが、原因です。
と言うのは、いつもと同じことをしても肩こりにならないこともあるからです。

肩がコルのは原因があります

原因は、肩こりと言うと、筋肉のコリのことを言います。
①肩こりは筋肉のコリから
②歪みやズレから肩こり
③免疫力が落ちると肩こりになります。
④内臓から肩こりに
⑤体質から肩こり

本当の肩こりの原因は体質から起きています。体質と言うのは一時的なものではありません。肩こり体質があると関係するのは筋肉と内臓の関係が疑われます。

①肩こりは筋肉のコリから

肩こりの筋肉と言うと、普通は、僧帽筋という筋肉の事です。

左側側にあるのが、僧帽筋です。主には、肩こりは、僧帽筋のコリで起こります。
コリと言うのは、固くなっていたり、緊張している事を言います。筋肉が固くなったり、緊張したりすると、肩こりになります。

肩こり

固くなったり、緊張したりするとすると、リンパの流れは悪くなります。リンパの流れが悪くなると、老廃物も多く蓄積していきます。リンパは清掃車と同じなので、、老廃物が流れないと、ゴミだらけです。ゴミだらけになると、大雨が降った時みたいに、橋にゴミが引っかかるように流れも阻害してしまいます。

どうして、リンパの流れが悪くなるのか??理由があります。

その理由の最大なものが、体調です。

体調と言っても、わかりにくいものです。体調と言うのは、疲れやストレスが多くたまったことです。
疲れやストレスが多くたまると、体調は落ちて、悪くなっていきます。この時には、リンパの流れも悪くなっています。

この場合の肩こり解消法は、体調を上げて良くすることです。体調を上げていくと、蓄積した疲れやストレスが減っていきます。
疲れやストレスが減っていくと、循環ができるようになります。そうすると、リンパの働きが良くなります。これで、肩こりは楽になります。

②歪みやズレから起きる肩こり

② 肩こりは筋肉だけではなく、骨のズレや歪みも考えられます。
骨がズレを起こすと、初めは、軽く重くダルクなります。
そして腰を感じるようになります。
悪化させると、ヘルニアや神経圧迫も起こる場合があります。
コリではなく痛みになる場合があります。しびれや痛みになります。

③免疫力が落ちると肩こりになります

そして、この僧帽筋という筋肉は、免疫に関係する筋肉でもあります。
免疫力が落ちているときに、寒い場所や、寒い格好、汗などをかいて体を冷やすと、風邪ぽっくなります。
免疫力が落ちていないと、同じ事をしても、風邪を引きません。

④内臓から肩こりに

肩こりと内臓と言うと関係ないように感じますが、実は、内臓が一番密接に関係しています。内臓と言っても病気と言う訳ではありません。内臓に疲れやストレスがたまると言うことです。
内臓から起きる肩こりもあります。(病気ではありません)
内臓に疲れがたまると、骨のズレになります。体が疲れたと言う事は、内臓が疲れたと言う事です。

⑤体質から肩こり

本当の肩こりの原因は体質から起きています。体質と言うのは一時的なものではありません。肩こり体質があると関係するのは筋肉と内臓の関係が疑われます。

肩こりを改善