小顔矯正で小顔に

小顔矯正をして顔を小さくしていくためにむくみや脂肪を減らすことが一番だと思うのでむくみや脂肪から減らしているんですが、むくみや脂肪を増やしてしまった原因が他に存在している場合があります。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をする時に何を中心に減らしたらいいのかということがありますのでエステなどの小顔矯正を見習うようにしたら発汗させるような小顔矯正をしたり小顔マッサージをして刺激をすることで代謝を上げたりリンパの働きや老廃物を流しているということをやっていると思います。

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが全員と言っていいほど顔が小さくなっているんですが当院の小顔矯正は単純に発汗させるような小顔矯正ではありませんので体を整えていくことで顔を小さくする方法をおしていますので顔のむくみや脂肪がどうして増えてしまったのかという問題や顔が大きくなっている方ばかりですからどうして顔が大きくなったのかという理由を見つけ出すことをしています。

小顔矯正で小顔に

小顔矯正マッサージ

普通一般的には顔が大きくなっていますよと言われるといいという感じで言われますが実際に全員の方が顔が大きくなっていますので、今、現在、自分の顔が正常の方はいないと思いますので全員の方が顔が大きくなっているという事実があるんですが顔が大きくなるためには何かの原因がなければ顔が大きくなりませんのでその一つがむくみや脂肪を増やしているということですけどむくみや脂肪だけが増えることはありませんのでその他に関係するものまで膨張しているということがあります。

小顔矯正をする時に単純に顔を小さくすればいいというわけで小顔マッサージをしたりすることはなくリンパの働きを促すようにリンパマッサージやリンパ療法をするわけではありませんが小顔矯正をする時に一番深く関係しているものがあります。

小顔矯正の方法

小顔矯正をして行く時に一番深く関係しているというのは疲れの蓄積です。

疲れの蓄積と小顔矯正

疲れて説明すると簡単に考えてしまう方が多くいるんですがまたは関係の無いように思えるかもわかりませんが疲れの蓄積ほど小顔矯正をする時に関係するものはなくむくみや脂肪の原因になっています。

原因がなくてむくみや脂肪が増えることはありませんけど本質的にむくみや脂肪というのは全く別のものです。

同じように説明することもありますがむくみと脂肪というのは特に脂肪は高カロリーのあるものを食べたり当分破ら分野炭水化物の摂取などで多くなっていくんですが蓄えられるエネルギー量に対して使う量が少ない時に脂肪になる場合があります。

小顔矯正で顔を小さくするなら

浮腫み、脂肪を減らす

むくみというのは簡単にわかりやすく言うとかなり状態が良くない方が腹水が溜まってお腹がパンパンになることがありますがお腹にパンパンになることが腹水が溜まっているという状態を言いますので腹水というのはリンパの流れが悪くなって老廃物が多くなってしまい九州ができない状況になっているということで、これが、浮腫みなんです。

つまり、むくみが多くなってしまうということは状態が良くないということなんですがそういうこともわからずにリンパ療法やリンパマッサージをして流せばいいのかと言うと大きく違うと思いますのでしっかりとした自分の状態を確認する必要がありますので、どうしてむくみが多くなってしまったのかという理由を見つけ出すことをしていかなければいけません。

顔の浮腫みが増える原因

顔のむくみが増える原因は日常で普段の生活で多くなっていきますがどうして多くなるのかと言うと生活することや料理を作ることや洗濯物を干したり畳んだりアイロンかけたり階段を上ったり下りたりすることやショッピングをすることや歩いたり荷物を持っており車の運転をしたりすることで多くなるものが原因です。

疲れやストレスと小顔矯正

また仕事をしてもバイトで働いてもパートで働いても多くなって行けますし筋トレをしてもプールで泳いでもジョギングをしても多くなっていくものがむくみを作ってしまいます。

普通一般的にはジョギングをしたり筋トレをしたり体操したりストレッチをしたりすることでむくみが減っていくということもありますがむくみは逆に増えていく場合もあり浮腫は簡単に減ることがありませんけどむくみが減る単価になってしまうと体の状態はかなりボロボロでガタガタになっていることもありますのでむくみが作られることはないほど悪くなっているという方がいます。

むくみというのは状態が良くない時にどんどん多くなっていきリンパの働きを悪くなり老廃物が溜まった状態がむくみですからむくみの状態というのは身体全身に疲れが溜まっている時にしか起こりません。

むくみが多くなればなるほど脂肪に変化しやすいこともありますがむくみと脂肪の両方が存在してしまうということがで顔が大きくなっていき顔にもむくみや脂肪が増えていくということが起きてしまいます。

疲れが多くなると

疲れも限界なく溜め込んでしまうことがありますので疲れと言っても日々の疲れと一日の疲れと両方がありますのでそれを合わせたものが全てつかれてなるんですが疲れも限界なく溜め込んでしまえばしまうほどストレスに変換されてしまいストレスの蓄積が限界なが行われていきますので令和疲れやストレスの蓄積が働きを悪くしてしまい会社を落としてしまいリンパの流れを悪くして老廃物が多く溜まっているということが起きてしまいます。

日常で多くなる疲れやストレスが脂肪やむくみになっていき体重を増やしてしまったり徐々に顔が大きくなったり皮膚が垂れ下がったりすることがあるのが疲れやストレスの蓄積から多く増えてしまったむくみや脂肪何です。

しかしそれだけではなく眠りの問題からも多くの疲れが生じていきますので最近は夜寝ようとする時にすぐ眠れなくて寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます方が不眠症という言葉があるように不眠症だと思ってもいない方が、多くなっているんですが不眠症とは違って睡眠負債という言葉があります。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債という言葉は夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがないために寝ていると思っている方なんですが寝ていても眠りが浅い睡眠しかできていないという状態です。

不眠症と小顔矯正

睡眠負債というのは寝ているようで深く眠ることができていないため、体がガタガタボロボロになっていても脳が弱ってるために症状を感じにくくなっている現象が起き脳が弱ると脳から脳内物質のモルヒネに似た物質が出てしまい痛みやコリをありとあらゆる症状を感じにくくなっているという状態の方まで起きていますので、そういうことは麻痺したり鈍感になったりということが起きてしまいます。

眠りが深いと浮腫み、脂肪は増えない

脳内物質が出て痛みやコリも感じにくくなっていくぐらい悪くなっていくとハイテンションになっていきますので自分は元気だと思っている方が多くいるんですが、体の状態をチェックしてみるとボロボロガタガタで骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくありさらに背骨のズレが大きくあるということで症状のを感じていない方も多くなっていますが症状を感じないまでも限界は、いつかは起きてしまいます。

睡眠負債と小顔矯正

夜、寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間というのが圧倒的長くあって時々夢を見るという感じで目が覚めている方が多くなっていますので寝ている本人は分かるわけはありませんし特に目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないこともあります。

夜、寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が長くあって時々夢を見て目が覚める瞬間に夢を見るから夢記憶しか残らないので寝ていると思っているのに寝ていれば顔が大きくなることもなくむくみや脂肪が多くなることもありませんし朝から顔がパンパンということはないと思います 。

2020年05月12日