骨盤矯正で小尻を目指す

骨盤矯正をするときには骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が大きくなってしまいますので骨盤矯正で骨盤を矯正したり整えたりすればいいだろうと思うでしょうが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのか原因が存在しています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときに矯正に入る前に、自分の骨盤の幅を覚えておかなければ変化したのか分かりませんので、普通はメジャーや計測する道具などを用いて骨盤の幅を計測しておくんですが当院ではメジャーや計測する道具を用いる事はしていません。

当院では自分で確認した方が矯正した後の顔が違うと思っていますので他人がメジャーで測ってどれぐらい変化したのかと言うことを聞くよりも自分で分かったほうがいいと思いますので、自分でわかる方法を矯正する前に説明して覚えてもらうことをしています。

矯正をする前に自分の骨盤を触って覚えてもらうことをして覚えてもらった後に骨盤矯正をしていくことをしていますので自分でわかるのが当院の特徴でもあるんですが簡単な方法ではありません。

骨盤矯正をする前に

骨盤矯正をする前に骨盤の幅が自分でわかるようになるためには手で触ることをお勧めしていますが手で触っても手を置いただけでは分かりませんので自分でしっかりと意識を持つということが大切になります。

骨盤矯正と骨盤の開き

骨盤矯正をするときに骨盤の幅を触る位置は骨盤の横を触ってもらいますが、横の幅が変われば全体的に幅が変わってきますので、股関節の部分を触ってもらいますが股関節の部分を触ってと言うとよくわかっていない方が多くいますので院長が同じようにしてここを触るんですよといっても触れていない方もいますのでしっかりと意識をすることが大切になります。

普通、一般的に骨盤の言うこと言っても、単純に聞いただけではわからないと思いますので院長が実際に石を触ると言うことを、お見せしていますので、その通りに触ってもらうだけなんですが触ったときに、手を置いただけでは分かりませんので骨盤の幅を分かろうと意識してください。
他人が測ったりするときには意識する必要はないし、目で見て確認できるかもわかりませんが自分の両方の手のひらを骨盤の横に当てて幅を感じると言う事は意識をしっかりしていないと変化がわからなくなりますので、変化がわからないことがないように触ってください。

骨盤の幅を触るときに意識をする

骨盤の幅をするときに意識をすると説明しましたが、意識をすると言う事は大変難しいことですからそのため左右差を感じとるようにしてください。

骨盤矯正の触る位置

骨盤と言うのは左右が対象ではありませんので多少なりとも中心軸をイメージして右側と左側を幅が違うことが多くありますので、幅が違う場合左右差を感じとるようにして触ると骨盤の幅が分かる方が多くいますので当院では、骨盤の左右差を感じ取るようにしてもらうことをお勧めしています。

例えばですけど、中心軸を真ん中の状態としてイメージして右側と左側の幅が触ってみると違う場合が、多くあると思いますので、右側が大きいとか左側が右側よりも小さいと言う感じだと思います。

左右差を感じると言う事は骨盤矯正だけではなく小顔矯正でもお勧めしている方法なので骨盤は実際には目で見てもわからないし自分の手で確認することが1番だと思いますし、自分の手で変化がわかれば、本当に変わっているんだと言うことを納得してもらえると思います。

骨盤矯正に入ります

骨盤の幅を触って覚えてもらうことができたら骨盤矯正に入りますのでボケボケもしないし痛くもない方法で矯正を行っておりますので、手の技術だけで骨盤を正常にもっていくことができますが1度で小さくなったからといってそれで終わらないでください。

初回からいろいろやってしまうと体調を落としたりだるくなることがありますので骨盤矯正をやっていくときには、まずは骨盤を整えて骨盤が本当に小さくなるんだと言うことを納得してもらうために1度目はしています。

骨盤矯正と歪みやズレ

骨盤矯正をするときには、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた原因を解消しなければいけませんのでその原因が、どこにあるのかと言うことも検査してみなければ見つかりませんけど、検査をする前に体の崩れがある方が多くいますので体の崩れを矯正して整えていくことも必要になりますので単純に骨盤だけを小さくすればいいわけではないんです。

体を整えていくこと骨盤矯正

当院の骨盤矯正は体の崩れを整えていくことで代謝率をあげたり、リンパの流れを調整したり老廃物を流したりすることで骨盤を小さくしていくんですが、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると代謝が悪くなりリンパの問題や老廃物が多くたまる現象が起きてしまっています。

リンパの問題と言うとリンパマッサージやリンパ療法というのがありますが軽いマッサージをすることで、リンパを流す方法なんですが、どうしてリンパが流れていかないのかと言うことを考えてもいないしただ流せばいいと言うわけではないんです。

骨盤矯正と働き

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくなら体の崩れが大きな原因を招いていて骨盤が大きくなっていますので、体の崩れを整えていくためには体の崩れがどこから起きているのか、どうして起きているのかということを見つけ出す必要もありますので単純に骨盤だけを、小さくすればいいわけではなく、多くの場合全身にむくみや脂肪が存在していますので骨盤矯正といっても骨盤だけ小さくしたりする事をすればいいわけではありません。


2020年05月20日