小顔矯正

小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。 今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正に入る前には必ず小顔矯正を希望された方の顔を触って覚えてもらうことをしています。

つまり小顔矯正を受ける前と受けた後を比べることができるのが当院の特徴ですから初回から必ず顔が小さくなるという小顔矯正をしていますが顔にできてしまった脂肪やむくみなども解消することもできますが顔を小さくするためにはそれだけでは効果は少ないようです。

小顔矯正と言っても毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多くなるものが関係しています。

小顔矯正と生活で多くなるもの

体を動かしたりすることで多く蓄積して生み出されていくものというのは疲れやストレスなんですが小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積状態が一番深く関係しています。
疲れやストレスが体に多くたまるとあらゆるところの脂肪が多くなったりむくみが多くなったりしていきます。

疲れやストレスが溜まるということは単純にそれだけではありません。
疲れやストレスが多く溜まってしまうと体に歪みやズレが生じてしまいます。疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み骨盤の開きが起きたり生理痛になったり生理不順になったり膀胱炎を繰り返したり便秘になったりするということは当然、骨盤が歪んだり開いたりすることで考えられる現象です。
体に多くの疲れやストレスが溜まっていくと貯まるところも関係するんですが多くなればなるほど限界なく積み重なっていくのが疲れやストレスです。

積み重なる疲れやストレス

疲れやストレスというのは生活している限り誰でもあるものですから疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので体には何らかの歪みやズレが生じているということはありますが直接的に痛み、コリになっていないということもあります。
歪みやズレがあるからといって直接的に痛みやこりになるとは言えません。

小顔矯正をして行く時には二つの深く関係するものがあります。
一つは疲れやストレスの蓄積です。
もう一つは睡眠負債状態です。

小顔矯正をしていく時には一番深く関係してしまうのが体に蓄積してしまった疲れやストレスと睡眠負債が深く関係をしていますので顔を小さくすると言ってもどういう意味で顔を小さくすればいいのかということがあります。

小顔矯正と疲れやストレスと睡眠負債

疲れやストレスと小顔矯正

何も考えずに顔を小さくすることは意味はありませんしどうやったら顔を小さくすることができるのかという問題があるからです。
小顔矯正というのは顔を小さくするために矯正することですから顔を小さくするためには何をするべきなのかということを考えなければいけません。

小顔矯正を希望されて訪れた方の多くは何も考えずに顔を小さくするために訪れていますがどうやったら顔を小さくすることができるのか何をしたら顔が小さくなるのかということも考えなければいけませんから単純に顔に何があるのかということを考える必要があります。
表面上から見てもわかると思いますが顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と顔の骨しかありません。
顔を小さくするためには顔に多くなってしまった脂肪を減らすことでも顔が小さくなることはあります。

顔を小さくしていくためには顔に増えてしまったむくみを改善して減らすことをすると顔が小さくなることはあります。

どこにたまる疲れやストレス

あと残った筋肉や靭帯は減らすことはできませんからそのままだということです。
脂肪やむくみでもなく筋肉や靭帯でもなく後はどれを小さくすれば顔が小さくなることができるのかと言うと骨しかあとは残っていません。

小顔矯正をして行く時には顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことはもちろんですが単純にそれだけでは顔は少ししか小さく引き締まってくれません。

顔を小さくしていくためには何が必要なのかということを考えなければいけませんが顔の骨が小さくなるのかと言うと普通はなりません。
顔を小さくするということは顔の骨を小さくすることをしないと美容整形外科で手術するわけではありませんが削ることもなく顔を小さくすることができます。

顔を小さくしていくときには顔の骨を削るようなことはしませんが削るような意味合いをしなければ顔の骨が小さくなることはありません。

顔が小さくなるためには

小顔矯正で顔を小さくするためには何をしたら顔が小さくなるのかと言うと表面上に多くなってしまった脂肪やむくみを減らすことでも顔は多少引き締まって小さくなることはあります。
しかし単純に考えてむくみや脂肪だけ減らしても減らすだけではまたすぐに元に戻ってしまいます。

どうして顔にむくみや脂肪が多くなってしまったのかという原因が裏側に潜んでいます。
むくみや脂肪が増えてしまった原因も考えて減らすことをしなければいくら顔にできてしまったむくみや脂肪を減らすことをしても元に戻りやすくなっていきますから原因から減らす必要があります。

顔に多くなってしまったむくみや脂肪というのは原因があるからむくみが脂肪になっているわけですから原因を見つけ出すためには疲れやストレスが蓄積している場所が関係しています。
当院では小顔矯正をする時に検査することをしていますが検査をしてみると多くの方が疲れやストレスを多くためてしまっていますので疲れやストレスが多くなればなるほど顔にむくみや脂肪が増えてしまうことがあります。

疲れやストレスは多くなるばかり

疲れやストレスというのはたまるところがありますからたまるところを探さなければいけませんが小顔矯正をしていくときに一番、関係する部分が深くありますのでそれを探す必要がありますので探すためにも検査することをしています。
そして小顔矯正をして行く時には先ほど説明をした部分に戻りますが顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことはもちろん何ですが顔の骨を削るようにしなければ顔が小さくなることはできません。

しかし手術をすることなくメスを持ったりすることもなく顔の骨を削ることはできませんのでではどうすれば顔の骨を小さくすることができるのかということですが検査をしてみると顔の骨が炎症や腫れを起こしていたりただれた状態になっている方が多くいます。

顔の骨がただれたり炎症や腫れたりすると顔の骨が肥大しながら変形していきます。
顔の骨がただれたり炎症や腫れを起こしていくと顔の骨自体が変形しながら大きく出っ張ったりしていきますので炎症や腫れを抑えていくことで顔の骨は徐々に正常に戻すことができるんです。

誰でも毎日毎日生活や仕事をすること、運動することや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されていきますが生み出された疲れやストレス等あらゆるところに溜まっていきます。
疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら骨にも溜まっていきますので骨が変形したり開いたりすることで顔の骨が大きくなっていきます。

顔の浮腫み

特に朝起きたすぐが一番顔の骨の炎症が持続的に起きている時ですから表面上のむくみや脂肪だけを気にすることなく顔の骨も検査してみると朝が一番、炎症や腫れが多く見受けられます。

顔に多くなってしまった炎症や腫れを減らすことをしないと連続して繰り返された状態で顔の骨が変形を起こしながら大きくなっていきます。

つまり寝ている間に一番顔が大きくなっていくことが繰り返し起きていきますので繰り返し起きることが原因で顔がいつのまにか大きくむくんだり脂肪が多くなったり骨が大きくなって肥大を起こしていき顔が大きくなっていきます。
これは特別なものではなく誰でも起きているものですから最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。

睡眠負債と小顔矯正

不眠症という言葉があるように不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます場合が不眠症と言います。

不眠症でも体に多くの疲れやストレスが溜まっていきますので寝ている間に疲れやストレスが解消できなければ溜まるばかりです。
不眠症とは違って睡眠負債状態という言葉があります。
睡眠負債状態というのは目が覚めないのが特徴です。

夜寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが最悪の睡眠をしている場合が多くありますので目が覚めないからといって寝ているとは言えません。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態です。

大脳が休養とって寝ていることだけを寝ているといいますので寝ながら考え事をしているという睡眠が最悪の睡眠になってしまいますので 考え事をしている睡眠というのは目が覚めることはありません。

夜中に何回も目を覚ますことがないのが寝ながら考え事をしている睡眠なんですが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていることがあります。

睡眠負債と小顔矯正

最悪な睡眠

しかし寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまいますので寝ながら考え事をしていたと思うことはあまりありません。

小顔矯正をして行く時には顔だけ小さくすればいいというわけではなく疲れやストレスの蓄積したところを解消して減らすことも必要ですし睡眠負債状態が確認できれば睡眠負債状態を解消していくことをしないと顔に一番、近いのが滞納です。

睡眠負債状態が多くなればなるほど大脳は急激に弱っていきますので大脳が弱ることが原因で顔がむくみや肥大しながら大きくなっていきます。
睡眠負債状態というのは最近多くの方に気がついていないくらい増えているのが現状ですから気がついていない方が多くいますが本当に毎日毎日の睡眠でいい睡眠ができていれば腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などが起きることはありません、

睡眠負債と不眠症

睡眠負債状態というのは社会現象になるくらい増えているものです。
不眠症というのは何回も目が覚めるのが不眠症ですけど睡眠負債状態というのは目が覚めることはなく体調がどん底のような体調になっていきます。

小顔矯正をして行く時には体調がすごく関係をしていますので体調がどん底での体調をしている方が顔を小さくしても立った瞬間に崩れていくくらいの方がいます。
崩れていくというのは戻っていくという意味です。

小顔矯正をしていく時には顔が小さくなったら顔の小ささを維持できますかとか持続性はありますかとか聞かれますがご自分の体調が全て関係をしていますので小顔矯正のテクニックの関係ではありません。

持続力と維持する力というのはご自分の体に関係がありますので睡眠負債状態がぐちゃぐちゃを多くあったりすると維持することはできないのは当たり前です。
疲れやストレスが多く溜まっている体では顔を小さくしても維持することはできないのは当然だと思います。

小顔矯正する時には

これらを踏まえて小顔矯正をしていきますが初回は色々やってしまうとだるくなる恐れがありますのでだるくならないのが最高ですからだるくなるのを、ならないようにしたいと思いますが完全にだるくなることはないとは言えません 。

小顔矯正をしていく時には体調を上げていくことで顔が小さくなっていく小顔矯正をしていますのでボキボキしたり痛いということはありません。
体を整えたり体を治したり体の調子を上げたりすることで顔を小さくすることができる当院の自慢できる治療のひとつが小顔矯正です。

2018年09月28日