腰痛、腰の痛み、腰が痛い

腰痛や腰の痛みを起こしやすい方繰り返しやすい方などは原因が残ったままになっていますので腰痛を治す時には二つの方法があります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

一つ目の方法は表面上の痛みを楽にする対症療法という方法です。
対症療法という方法は原因を見つけ出すこともなく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にする方法なんですが湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりする事や家族の方に、揉んでもらったりすることや専門家の先生にマッサージをしてもらうことや鍼を打ってもらうことやお灸や 指圧をしてもらうことや電気治療器をなどをかけてもらうこと などでも色々なことをが対症療法という治療法になります。

確かに対症療法というのは、痛みを楽にすることをやコリを楽にすることができるわけなんですけど対症療法ばかり探していると根本的なものを置き去りにしてしまいますので、根本的な原因が改善されることなく徐々に進行していくということでこじらせたり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになったりすることもあり 、足のしびれが起きたり足の痛みが起きたり足のしびれよりも強い麻痺状態を起こしたり感覚的な麻痺が起きたりということも起きてしまいます。

対症療法と原因療法

対症療法ほど簡単なものはありませんので原因療法とは違って対症療法は短期で楽になることもありますが原因療法である根本療法とは簡単に短期で楽になる というよりも楽になってからの治療になりますのでしばらくの治療が必要になる場合があります。

低周波治療器や電器

痛みを楽にすることと治していくということは意味からして全然違います。
例えばですけど低周波治療器などをかけたりする時には痛い部分にプラス端子とマイナス端子を当ててタイマーをセットして強さをセットすればいいというわけです。

サプリメントなども 栄養を服用しているだけですから栄養でよくなる部分はいいでしょうが残ったままになっていることが多くあるということです。
マッサージというのは筋肉に対してほぐすことをしていますので単純に筋肉だけで起きている腰痛や腰の痛みであれば効果がてきめんでしょうが多くの場合、筋肉だけで起きているものはありません

骨盤の歪みや骨盤の開き

腰痛や腰の痛みがある時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが存在していますので骨盤の歪みや骨盤の開きから改善していただければ、起こしたままになっていると、癒着したり、固着したりいくら矯正をしても動かなくなったりということが起きてしまうこともあります。

腰痛や腰の痛みがある時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが存在しているんですが骨盤の歪みや骨盤の開きというのはどこから起きているのかということを考える必要もあるということですから背骨の影響も考えて背骨の部分も 異常のある部分を見つけ出さなければいけません。
しかし背骨のズレや骨盤の歪みというのはどこから起きているのか。
骨盤の歪みと背骨のズレ

骨盤の歪みと背骨のズレというのはどこから起きているのかという問題がありますが姿勢でずれたりすることもなく歪んだりすることもありませんので 横座りをしてもあぐらを組んでもずれたり歪んだりすることはありません。

骨盤の歪みや背骨のズレが起きるのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることやストレッチをすることや精神的な緊張や眠りに関係したものが増えていくのが原因なんです。

歪みやズレから痛みになる

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは誰でも多くとまっているものなんですか 溜まれば溜まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨がずれてガタガタ状態になって進行してしまうと椎間板ヘルニアが起きているという方までいます。

疲れやストレスを溜め込んでしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こして行くんですが、そして背骨がズレてしまうんですが歪みや開きやスレがどこから起きるのかという問題があるんですが 中心 になるのは骨ではありません。
今まで多くの方の腰痛は腰の痛みを改善して行きましたがこじらせている方もいますし短期で楽になるという方までいますが体調が悪いから腰が痛くなったり、腰痛を起こしているわけですから体調からもあげなければいけませんがまずは痛みを改善することから優先しています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因
2019年03月26日