小顔矯正とは

北九州市小倉北区からも多くの方が来院して小顔矯正をしています

当院では小顔矯正をしていくときには、初回から顔が小さくなることをしていますが、初回から顔を小さくなったからといって、1回で終わる小顔矯正はありませんので注意してほしいところなんですが顔を小さくすればいいと言うわけではないんです。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには当院では、矯正に入る前に顔を鏡で見て、確認してもらったり手で触ってもらったり、さらに院長とともに、もう一度、顔を触ってもらう練習をしていますので、3回も練習すると言う事は本当に初回から顔が小さくなるからわかって欲しいためです。

顔が小さくなったのがわかるように。

顔が小さくなったのがわからなければ意味はありませんので、当院の小顔矯正は院内のスタッフが測ったり、メジャーで計測したりする事はしていませんので、自分の手や鏡で見た自分の顔の大きさを比べてもらうことを中心として、小顔矯正をしていきます。
自分で矯正する前と矯正した後を比べることができるのが、当院の小顔矯正の特徴なんですが触り方は、すごく簡単でシンプルなんですが意識をしないと顔が小さくなったのがわからないと言う方が、時々いらっしゃいます。

小顔矯正をしていくときに、本当に顔が小さくなったのに、わからなければ当院の院長も苦労が報われませんので、がっかりしてしまいますので、そういうことがないように、しっかりと変化がわかるように触ることを説明しています。

本当に顔が小さくなることがなければ3回も説明をしていませんし、勝手に測って小さくなったと言うことが関の山だと思いますので、しっかりとご自分でわかるように顔を小さくすることができますが顔と言うのは、その時、その時の状況に応じて変化しているということをご存知でしょうか。

小顔矯正と疲れやストレス

顔と言うのは変化している

顔と言うのは変化していると言うことを説明すると朝の顔と昼の顔と言う形の顔の大きさというのが違うんです。

どうして朝の顔と昼の顔の大きさと夕方の顔と寝る前の顔の大きさが違うのかと言う理由があります。

時間において変化すると言う事はどうして変化しているのかということを考えなければいけませんし朝から顔がパンパンになっているとか朝から顔がむくんでいると言う状態はどうしてなのかと言うことも、考えなければいけないものだと思います。
そういうことを考えれば朝から顔がパンパンになっているとか、朝から顔がむくんでいる体状態は

朝と言うのは1番顔が引き締まっていなければいけないわけです。
寝てすぐから
寝てすぐと言うのは1番疲れやストレスが、取れているまたは解消できているはずですから朝から顔がパンパンになるわけはないし、朝からむくみが多いと言う事はまずないと思います。

寝ているときには

寝ているときには唯一日々の疲れやストレスが解消することができるのが眠りと言う事ですけど眠りと言うのは大脳が、休養とって寝ていることだけを言いますので眠りと言うのは=熟睡の状態だけなんです。

眠りと小顔矯正

疲れやストレスが取れていくのは脳が寝ている時間や回数が、どれぐらいあるのかということに問題がありますので、眠れていなければ、朝からパンパンになっていると言う状態で動き出せば、少し減っていくと言う状態を繰り返していると言うことで顔が徐々に大きくなっていきます。
どんなに人が、目を閉じてスースー寝息を立てていても、寝ているとは限らないと言う状態ですから姿勢や格好だけで本当に寝ていると言う判断はできないと言うことです。
よくテレビや雑誌などでイビキをかいているときは、眠りが浅い状態だと言うことがありますので眠りが浅いのは、イビキだけではありません。

疲れやストレスが蓄積と小顔矯正

疲れやストレスと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くなっていきますし、熟睡ができない睡眠をしていると疲れやストレスが解消できないで、さらに多くなっていくと言うことで浮腫みや脂肪が増えていきます。

疲れやストレスと言うのは誰でもあるものですから疲れやストレスを溜めないようにすると言うのはできない相談だと思いますので体を強くしていくと言うことで対応できるようにしていきたいと思っていますので当院では小顔矯正をしていくときには体質改善の矯正をして体を変化させていくことができると言う小顔矯正をしています。

不眠症と小顔矯正
2019年04月16日