肩こりとは

北九州市小倉北区からも肩こりを解消するには。

肩こりを楽にするためには筋肉のコリからほぐすようにしていますので筋肉の凝りがほぐれたら終わりではなくその先にあるものを見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを改善して直していくと言う事は言えないと思っています。

肩こりとは筋肉のコリ

肩こりを解消するために

多くの肩こりを改善するまたは治療すると言う治療法は対症療法と言う治療法になっていますので、対症療法と言うのは、肩こりの原因を見つけ出すこともなく確認することもなく検査することもなく表面上の凝りを揉んだりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり病院に行って注射を打ったり低周波治療器や電気などをしたりする行為です。

肩こりと言うのは、どうしても筋肉のコリと言うイメージが強いために一般の方もそう思っているでしょうし、専門家の先生も多くの方が筋肉のコリだと決めつけている場合がありますので、筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨が動いたりすると言うことも考えなければいけないことなんです。

対症療法の治療法

先ほども説明しましたが対症療法と言う治療法が多くの治療院で行われている治療法なんですが代表的なものは、湿布を貼ったりすることでも対症療法の1つですし、家族の方に肩を叩いてもらったり揉んでもらったり、また専門家の先生にマッサージをしてもらうことも対症療法の1つですし、針を打ったりお灸をしたり指圧をしたりと言うのも対症療法の1つですし低周波治療器や電気などをかけるということも対症療法の1つになりますので病院に行って注射を売ったりすることでも

低周波治療器や電器

対症療法の1つになります。

対症療法と言う治療法は多くの治療院で用いられている治療法で良い治療法だと思いますが本当の原因を見つけ出すこともなくしているために、原因が置き去りになったままになっていますので、原因が置きっぱなしになっていると原因もいつまでも留まることができませんので進行していくと言うことが起きてしまいます。

肩こりと言うのは筋肉の中にリンパだけが入っているだけではありませんので、当然として筋肉のコリが起きればリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから、肩こりは起きていくんですが、筋肉の部分には神経もありますし血管もありますから、神経や血管と言うのは腕に行く神経でもありますので神経麻痺状態が起きて握力低下が起きたりすることもありますし血行不良が起きてしまうこともあります。

疲れやストレスと肩こり

肩こりは筋肉のコリ?

肩こりと言うのは原因から見つけ出していかなければ慢性化しやすくなっていくのが肩こりの問題になりますので、原因を見つけ出すことなく、表面上の凝りを解消する対症療法と言うやり方だけでは、どうなのかと言うことがあります。

肩こりを楽にすることができるのは、対症療法の治療法でやる方法が1番短期で楽になるでしょうが原因が残ったままになっていると繰り返したりすることが多くありますので肩こりを感じていない時でも原因は進行していくということが起きてしまうのが対症療法の怖さです。

肩こりの原因

肩こりを感じさせてしまう筋肉のコリと言うのは、筋肉は骨から骨にくっついているものですから、骨がズレて動いたりすると筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりしてリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき肩こりとして感じてしまっています。
しかし何も原因がなくて背骨がズレたりする事はありませんので、どうして取れるのかということを見つけ出さなければいけないので、単純に背骨を矯正すればいいと言うわけではありません。

筋肉の硬さ
2019年04月16日