腰痛の原因は

腰痛を楽にしていくためには色々な方法があると思うんですけど普通一般的には湿布を貼ったりしても腰痛や腰の痛みは楽になることもありますし家族の方に腰を揉んでもらうことでも腰の痛みが楽になったりすることもありスースーするクリームを塗っても腰痛が取れることもありますし専門家の先生にマッサージをして腰を揉んでもらうことでも楽になることもあるでしょうし病院に行って注射を打ってもらうことでも痛み止めの効果が出て腰痛が楽になることもありますして周波治療器や電気などをしても鍼を打ってもお灸をしても楽になることもあるでしょうが腰痛や腰の痛みを起こした原因が残ったままになっている場合があります。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みと言うと必ず原因が存在していますので原因から変えていかなければいけないんですが原因を改善することもなく表面上の痛みを楽にする対症療法という方法が多く見受けられますので対症療法というのは一時的に痛みを止めているだけであり原因が残ったままになっているということも考えなければいけませんし原因があるということも念頭におく必要があります。

体に何かの痛みやコリが起きる時には必ず原因が存在していますけど原因を確認することもなく検査して見つけ出す事も知っていないで痛み止めをしている方法のことを対症療法といいます。

しかしまずはどんな痛みでも対症療法をして改善をして楽にすることをしなければいけませんので当院でも対症療法の方法を用いていますが当院のやり方は他とは違います。
腰痛や腰の痛みが起きた時にはどうして起きているのかどこから起きているのかどうなっているのかということを見つけ出すことをしているのが当院の特徴です。

強い痛みになる腰痛

腰痛や腰の痛みが起きる時には強い痛みは湿布を貼ったりしてもマッサージをしても鍼灸をしても低周波治療器は電気などをかけても楽になることはあるんですが根本的な原因が残ったままになってしまっていますのでまた戻りやすく繰り返すことも多いのが対症療法の特徴です。

対症療法で一時的に痛みを楽にすることはできても原因の部分は残ったままになっているので原因を残したままだと腰の痛みや腰痛がないからといって安心してはいられません。

急に痛くなる

腰痛は腰の痛みが起きてしまう時には必ず体に疲れが多く溜まった状態で起きていますので体に多くの疲れがたまると体は限界を超えた状態になってしまい骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして潰れのズレを起こしていくと徐々に筋肉や靭帯が引っ張られたり伸ばされたり緩んだりしていき体を支えることができないことになっていきます・

体を支えることができない状態になってしまうときっかけで腰痛や腰の痛みを起こしてきます 。
骨盤の関節というのは上の体と足と骨盤の部分をつないでいる関節になりますので関節の部分が緩んだり開いたりすると安定状態をなくしてしまって不安定になってしまいますので不安定状態から起きる時に中腰をしたり前かがみをしたり合わない布団に寝たり前かがみで靴下を履こうとしたり同じ姿勢を続けたりすることで余計に歪みや開きが大きくなってしまい歪みが開きが大きくなることが原因で体を支えることが出来ない状態まで限界突破してゆがんだり開いたりすることで急激な痛みになっていきます。

骨盤の歪み、広がり

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤が安定状態をなくしてしまった時に重たいものを持ったりすることで体を支えることができない状態にバランスを崩した時に腰の痛みとして起きてしまうのがぎっくり腰です。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きる原因というのは特別なものが原因ではなく日常的に多く存在しているものが原因になってしまっていますので体にどういう状況が起きているかでどれぐらい多く蓄積してしまったのかで骨盤のゆがみは骨盤の開きそして背骨のずれの度合いが違います。

多くのものというのは必ず日常的に仕事をしたり運動したり体を動かしたりすることでも積み重なるものが多くなってしまいますので積み重なり方が多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨のズレを起こしたりして骨盤が徐々に不安定状態になってしまっていることに気が付かないで重たいものを持ったり同じ姿勢をしたりすることで急激に痛みになっていきます 。

2019年10月02日