腰痛、腰の痛みの原因

腰痛腰の痛みは楽にしていくためには、痛みの原因になっているものも改善しなければいけませんが、多くの治療法と言うのは痛みの原因なんかは、関係なく表面上にある痛みを楽にすることに集中してしまっています。

腰痛、腰の痛みになるのは

腰痛や腰の痛みが起きてしまうのは原因があるので、重たいものを持ったりして痛みが起きたり前かがみになって痛みが起きたり中腰をして腰が痛くなったりと言うことが起きていますので、原因から改善していかなければいけないんですが、原因を見つけ出すことが簡単な方法ではないために、表面上の痛みだけを楽にすることが多く見受けられます。

腰痛や腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きるときには、どうして起きるのかと言う原因があるんですが原因を直すこともなく見つけ出すこともなく検査することもなく楽にする方法が多くあります。

腰痛や腰の痛みの原因を改善しなくても楽になる方法と言うのは、湿布貼ったりしても楽になることもあるでしょうし、腰痛に効くと言うサプリメントを飲んでも痛みが楽になることもありますし、家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし、専門の先生に筋肉を揉んでもらうことでも楽になることもありますし、整骨院に行って電気治療器などをしてもらうても、楽になることもあります。

痛みを原因から改善することもなく、楽にする方法と原因を見つけ出して変えていく方法と言うのは根本的に違うものですから、腰痛や腰の痛みを楽にするためには2つの方法があると言うことになります。

腰痛や腰の痛みが起きる原因

しかし腰痛や腰の痛みの起きる原因を説明してみると骨盤の歪みや背骨のズレが深く関係しているということが、わかっているんですが、歪みやズレがあるときに、重たいものを持ったり、前かがみになったりすると、体を支えることができないくらいの重圧が腰にかかってしまいますので、支え切れない状態まで骨盤の歪みや背骨のズレが大きくなったときに、一気に痛みが起きるのがぎっくり腰です。

しかし骨盤の歪みや背骨のズレと言うのも原因があって起きている現象ですからどこかに原因を見つけ出すことをしなければいけませんので根本的には骨盤の歪みや背骨のズレを矯正すれば、終わりと言うわけではありません。

日常的に多くなるものが関係している

骨盤の歪みや背骨のズレと言うのはどうして起きるのか原因があると言いましたのでその原因と言うのは、日常的に多くなるものが体に積み重なったのが原因なんです。

骨盤の歪みや背骨のズレ起こす原因と言うのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで身体動かしたりすることや歩いたりすることで、階段を登ったり降りたりすることやショッピングをすることや、車の運転をすることや座っているだけでも多くなってしまうものが原因です。
日常的に多くなってしまうものと言うのは疲れです。

しかし疲れと言うと多くの方が、簡単に考えてしまいますので、あまり使いたくは無いんですが1番、妥当な言葉が疲れで疲れも、限界まで溜め込むことができますので多くなればなるほど、体は疲労していき疲労して多くなったものがストレスになって変換されてしまい体にダメージを与えていきます。

体にダメージを与えていくときには、体の崩れが起きていくわけなんですが、体の崩れから骨盤の歪みや背骨のズレが起きて体を支えきれないくらい大きく歪みやズレが広がったときに重たいものを持ったり前かがみをしたりして腰を痛めてしまいます。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み
2020年02月18日