腰痛を楽にして改善

腰痛や腰の痛みを解消していかないと痛みだけを楽にすることだけしてしまうと原因が残ったままになっている場合が多くありますので、原因が残ったままだと繰り返し熱く戻りやすくなっていく事は当然ですけど痛みがない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことで痛みを数年で1回でも繰り返しながら悪くなっていきます。

腰痛、腰の痛み

腰痛とは

腰痛が起きてしまう原因と言うのは見つけ出すこともなく楽にすることができる治療法が多く見受けられますので原因から改善していかない限りは、体は何も変わってない状況ですから体は何も変わってない状況で痛みだけを楽にしても原因が残ったままになっている場合が多くあります。

腰痛が起きるときには、重たいものを持ったりして腰が痛くなったり、前かがみになると腰が痛いとか車の運転で座っているだけで腰が痛いとか靴下をはこうとするときに腰が痛くなるとか朝、起きてから、いつも腰が痛いとかくしゃみをして腰が痛くなるとか、いろいろなことを言われますが、すべてこれらは切っ掛けにしか過ぎません。

重たいものを持つときには体の重心を気をつけたほうがいいとかできるだけ体に寄せて荷物を持ったほうがいいとか言われますが同じことをしても痛みがない時もあれば痛む時もあるのでこの変化と言うのは日常的に多く積み重なっているものが原因なんです。

日常的に多く積み重なっているものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスと言うのは誰でもあるものなんですが人それぞれである弱さが違います。

腰痛の原因

腰痛になりやすい部分が弱い方が腰痛になっているだけであり、弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすくなっていきますので、疲れが多くなってしまうとストレスに変換されてしまいストレスと言うのは、限界なく積み重なっていくものですからストレスが原因で、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていき、背骨のズレも起こすと言うことで体を支えることができない状況になった段階で前かがみをしたり中腰をしたりすると腰が痛くなります。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れやストレスが溜まるときには、生活したり料理を作ったり洗濯をしたり掃除をしたりショッピングで歩いたり荷物を持ったりすることでも、疲れが多くなってしまいますし仕事をする時でも疲れが生み出されてしまって体に蓄積していくと言うことが起きてしまうんですが、何かをして疲れたと思ってもいつの間にか時間とともに疲れは感じなくなっていきます。

疲れの蓄積がダメージを与える

疲れと言うのは時間の経過とともになくなったような感じに思えてしまうことが1番の問題なんですが実は疲れの多くは残ったままになっているんです。

風邪やインフルエンザを、一度、ひいて激症が治まったり高熱が治まっても、だるさがなくなっても、関節の節々の問題も解消できても全てがなくなったわけではなく残ったままになっていると言うことをテレビなどで、専門家の先生も言っている場合があります。

歪みやズレと腰痛、腰の痛みと疲れやストレス

疲れと言うのも同じように、体に蓄積した疲れは残ったままになっているんですが人と言うのは買ってたものですから、感じなくなっているだけなんです。

感じなくなっているだけであり、体に多く蓄積した状態の疲れが体にいろいろなダメージを与えていきます。

腰痛を楽にするために

腰痛を楽にするためには筋肉や靭帯の炎症や腫れを見つけ出して、確認することも必要ですしさらに筋肉のバランスの状態や骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを確認する必要もありますし、背骨の部分の椎間板にヘルニアがあることもありますのでヘルニアの改善もしなければいけませんし、さらに、その上の骨盤の歪みや背骨のズレが、どこから起きたのかと言うことも見つけ出す必要もありますし、体質改善と言う次のステップの矯正として体の中から変える必要があります。

腰痛を起こすときには必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが存在していますので歪みや開きがズレが、どうして起きてしまうのかということが日常的に多くなってしまう疲れが限界なく溜まることで、ストレスに変換されてしまいストレスの蓄積が、体にダメージを与えていき骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていくということでストレスの蓄積度合いに応じて、多く溜まれば溜まるほどヘルニアになりやすくヘルニアから坐骨神経痛や椎間板ヘルニアと言うことも進行した状態で起きて行きます。

眠りの問題と腰の痛み

眠りの問題も腰痛を起こす要因として挙げられますので、疲れやストレスが日常で溜まるだけじゃなく、眠りの浅さからもストレスが溜まっていきますので、眠れているようで寝ていない状態の方が多くなっていますので眠りが浅いと言うことに気がついていないで寝ている方が多くいます。

眠りの問題と言うのも不眠症と睡眠負債と言う言葉がありますが不眠症の場合は夜寝ようとするときに1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたり夜中に何回も目を覚まして眠れなかったりすることが不眠症なんです。

しかし不眠症とは違って睡眠負債と言う言葉があるように夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚める事は無いけど眠りが浅い睡眠しかしていません。

腰痛、腰の痛みと骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレ

夜、寝ようとするときに朝まで目が覚めないため寝ていると思っている方が多くいるんですが眠りが浅い睡眠しかしていないのに気がついていないんです。

夜寝ようとして夜中に目を覚ますこともなく朝まで眠れて目が覚める瞬間に夢を見ると言う状態なんです。

しかも眠りと言うのは熟睡状態のことだけをいいます。

つまり熟睡と言うのは脳から寝ていない限りは眠れていないわけですからどんなにすす寝息を立てていようが大脳が寝ていない状態で寝ながら考え事をしている睡眠の場合は眠れていない状態ですからストレスが多くなって溜まっていってます。

この状態でも骨盤の歪みや背骨のズレを多く起こしていきますので朝から腰が痛いと言う状態の方は完全に眠りが浅いからです。

腰痛を改善して楽にしていくためには痛みの原因になっているものを見つけ出すことをしなければいけませんので見つけ出すためにもまずは筋肉や靭帯の炎症があるか確認する必要がありますし、じん帯の筋肉や炎症があれば改善することから始めていきます。

腰痛や腰の痛みがあるときには熱を持ったりしている場合もありますので熱も下げなければいけませんので暖かい感じがあれば人肌以上に熱があると言う確認ができますので熱を抑えていくこともしています。

腰痛、腰の痛みとは

そしてさらに筋肉のバランスを整えなければいけませんので骨盤周辺にある筋肉の問題を確認する必要があります。

さらに腰痛といっても揉んだりマッサージをすればいいわけではありませんので骨格構造の歪みがあるのかないのかということも確認する必要があります。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあれば必然的に筋肉や靭帯は緩んだり緊張したり引っ張られたりしている場合がありますし炎症や腫れがあると言うことも確認する必要もあります。

そしてさらに骨盤の上の部分の椎間板や背骨と骨盤の間の椎間板も確認する必要がありますので椎間板ヘルニアがあれば改善する必要性に迫られます。

さらにどうして骨盤の歪みや背骨のズレが起きたのかと言う原因も潜んでいますので原因も改善するためにも確認する必要がありますから検査することを重要視して体を整えていくことをして腰痛や腰の痛みを楽にすることをしていきます。

疲れやストレスの蓄積
2020年03月02日