カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言う意味は手の技と言う意味がありますので手の技を用いて体を整えていくことなんですがマッサージとの違いは筋肉だけを対象にしたものではないと言うことだと思います。

カイロプラクティックと言うと面には簿記簿記したり痛いと言うイメージがあるためにどうしても悪いイメージが多くありますがカイロプラクティックの以前は罰ゲームなどでテレビでカイロの先生などが出てボキボキして芸能人が痛いようなジェスチャーをしてイメージ的に悪いことが広まりました。

しかしカイロプラクティックで行うボキボキする方法の強制は何も痛いだけがまたはボキボキするだけが矯正ではありませんのでボキボキしなくても矯正を行うことができます。

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは100年以上前にカナダ生まれのアメリカ人でダニエルデビットパーマと言う先生が体系づけた骨格矯正法の1つです。

ダニエルデビットパーマは1845年3月7日カナダのオンタリオ州ボート部2年生まれました。

彼は20歳の時に生まれ故郷を出てアメリカに移住しました。
イリノイ州ニューボストンに住まいを構えたダニエルデビットパーマはある1つのテーマに没頭していきます。

彼は以前からごく素朴な思いから悩みを抱えていましたそれは同じ親から生まれ同じ食べるものを食べて生活しているのになぜ兄弟でも1人は強く1人は弱いのかと言う問題です。

内臓のどこかが悪い時でも病院でも全身に効果がある全身に投薬の効果が及ぶ薬を用いるのかと言う問題も彼を悩ませている1つでした。

歪みやズレ

カイロプラクティックの創始者

そこで彼は背骨の異常に注目することをして病気との関係を考察していきます。

1885年ダニエルデビットパーマは研究するためにアイオワ州ダベンポートに引っ越して4階のビルのオフィスを構えました。
彼が4階のオフィスに引っ越したことであるきっかけが生まれます。

そのオフィスビルの掃除人がハービーリダートと言う名前で初めての矯正を受けた人として名を馳せています。

リザードはオフィスのビルの管理人でしたので彼が帰ろうとした時に扉を開けて入ってきてパーマに尋ねました。

掃除に入ってもいいかと言う尋ねでちょうど彼も帰ろうとしたタイミングだったのでいいよと言うふうにおっけいをして彼はすぐに床のモップをかけようとしました。

モップをかけ始めた彼の横を通り過ぎようとしたときにふと首筋に不自然な出っ張りを見つけました。
パーマはちょうど背骨の研究をしている時でしたので不自然な出っ張りがとても気になり掃除をしている彼に聞いてみました。

背骨のズレはどうしてできたんだいとパーマを尋ねるとリザードは狭いところで掃除をしているときに首を上に向けた時に母きっと変な音がしてそれから耳が聞こえにくくなったと言うことを言いました。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み

カイロプラクティックで耳の聞こえが改善

そこでパーマはリザードに頼み込んで背骨を見せてもらうことができました。
パーマが首のあたりを見てみるとやはり不自然な出っ張りだということがわかりましたので彼はもしかしたらと思いこの骨を少し押していいかとリチャードに尋ねて聞いてみました。

リザードも快諾してくれましたのでパーマは思い切って骨を荒々しい技術でしたが押してみることをすると彼も驚く位の大きな音がしました。

音を境にして、しばらくすると彼の耳が徐々に聞こえが良くなってきたと言うことです。

リザードは17年前から耳が聞こえが悪かったので17年間の間、聞こえなかった耳が少しずつ以前ほどとは言いませんが聞こえるようになったと言うことです。

この偶然のきっかけではっきりと目的を持ってなされたはじめての矯正つまりファーストアジャストだと言われています。

元の矯正からほどなく2回目の矯正が行われていますが心臓病の患者で病院に行っても原因不明だと言うことで彼のもとに訪れたそうです。
この時も患者さんが抱えていた心臓自体の問題が矯正をすることで改善されたと記されています。

カイロプラクティックで心臓病も

そして今までの彼の患者さんでもあり友人でもあったネバーランドサミュエルウィードと言う形は言語学者でしたから言語学者の方に治療法の名前をつけてもらうように依頼しました。
その時にウィードがつけた名前がギリシャ語と英語の造成語でありカイロプラクティックと言う単語になりました。

カイロプラクティックと言う意味は街道ではギリシャ語で手と言う意味がありプラクティスと訳しますが技術とかテクニックと言う意味があります。

日本では主に手技療法とか手の技と言う意味もありますが面には主義の方を多く使っています。カイロプラクティックと言う名前がついたのは1896年1月14日に誕生したと言うことです。
カイロプラクティックは今では世界中にかなり広まってきていて日本が1番遅れているのが事実なんです。

疲れやストレスと歪みやズレ

世界カイロプラクティック連合と言う組織がありアメリカのほかにカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、スイス、南アフリカ、ユーゴスラビア、スウェーデンなど15カ国によってカイロプラクティックが国家としている国はイギリスとデンマークオランダ等があります。

カイロプラクティックの日本の実情

日本の実情では日本では昔から柔道が盛んで整体の先生がいましたので整体の先生の矯正技術がカイロプラクティックとよく酷似していたのが原因でいまだに整体やカイロプラクティックが同じように扱われています。

矯正技術だけを言えば整体もカイロプラクティックもほとんど差がないようなものでしたので日本では整体もカイロプラクティックも今では同じようなものとして扱われていますが実際には整体は学問ではなく技術体系はありません。

それに対してカイロプラクティックは国家が認めていますので体系づけられていて矯正技術としてほぼ完成状態にあるわけです。
日本では法律家もなされていませんのでいろいろな整体やカイロプラクティックの先生があり先生

自体の人数ほど治療技術に違いがあり一体化したものではありません。
そのため低周波治療器は電気などを用いてカイロプラクティックと言うところもあれば新しい矯正技術を用いて整体と言う先生もいます。

料金的にも民間療法の1つですから自分で勝手に値段を設定することができ自分の技術に見合った設定を行っているところもあればそうでもないところもあります。

また直マットレスの販売や健康器具の販売や健康食品の販売に利用されている場合もありますので注意しなければいけませんが実際に治療院を用いてやっているところは技術は悪くはないと思います。
しかしカイロプラクティックで行っている骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正して筋肉なども整えて言うことをしていくわけですけどどうして骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きるのかと言う問題までは考えていませんしそのことまではわかっていません。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きる原因は日常で多く積み重なっていく疲れやストレスの蓄積が1番大きな問題を起こしていますので疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは起きていくわけです。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが刺青などで起きる事はありませんし横座りやあぐらを組んだりすることで背骨がずれる事はありませんのが同じ姿勢を続けていると疲れが生じてしまいますので疲れの蓄積から骨盤が徐々に歪みが大きくなったり開いたりまたは背骨がずれたりと言うことが起きてしまいます。

2020年04月18日