産後の骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 産後の骨盤矯正で骨盤が大きくなった骨盤を小さくして小尻にしていく施術をしています。北九州市小倉や八幡と戸畑と行橋地区でカイロプラクティック徳力整体院。
産後の骨盤矯正

 

 

産後の骨盤矯正をしています

当院では無理のない骨盤矯正をしています。出産後の体調の悪さ、出産後の骨盤矯正と言うのは大変、重要です。と言うのは骨盤の歪み・骨盤の開きがあると体調だけではなく授乳にも影響が出るからです。

産後は体調を整える事をしないと育児は大変です。寝不足すると自分の体や精神的な悪さが進行していきます。出産は大変な体力を多く使いますから骨盤の歪みや骨盤の開きが起こりやすくなります。

体調管理が大切

出産には本当に力を多く使いますから体調が落ちたまま出産になると時間がかかりすぎたりすることもあります。できたら妊娠中も体を整える事も必要になります。

産後の骨盤矯正だけでもなく体全体的な整えることが必要です。その為には検査する事をしていきながら体を整えていく事をしています。

当院では産後の骨盤矯正をしていますが、出産で歪んでしまった骨盤を整えていく事をしています。出産後に骨盤が歪んだままでは体調もすぐれないし、骨盤が太くなったり大きくなったりして下半身も太くなります。

出産も骨盤矯正

特に出産後と言うのは、赤ちゃんの為にも体調が良い状態を作っていないと母乳の影響が出たりします。

母乳もお母さんの体内で作られますが、飲ませれば良いと言う訳ではなく、お母さんの体調が悪いままでは母乳も栄養成分が混入しません。

母乳にどれくらい栄養が含まれているのか、と言うことは体調に関係しています。体調が悪いと母乳の栄養も停滞してしまいます。

お母さんの母乳問題だけではなくお母さんの体に疲れやストレスが多く蓄積していると精神的にやられやすくなります。特に子育ては大変ですから、精神的ものが安定していないといけません。

マリッジブルーと言われるように、子育てもブルーがあります。精神的にブルーになるような体調では意味ありません。イライラしたり、肩こり、腰痛がおきているとか、体調を整えていく事でも改善できます。

当院ではお母さんの体調を整える事と産後の骨盤矯正を同時にしていきます。しかし初回から色々できませんから始めは出産で歪みが起きた骨盤や開きが起きた骨盤を整うようにして小尻にしていきます。

産後の骨盤矯正をしていくと出産後でも骨盤が小さくなっていきます。出産後に、出産する前に戻りにくいなどの問題が多くあります。

出産する前の体形と体調を戻していくと骨盤が小さくなることができます。そして体調が良くなっていくし体が細くなっていきます。

出産後に起きる体調の低下や、体調の悪さを解消していくと、体が元気になっていくように施術することができます。

出産後は、体力をいっぱい使って体調が戻らなくて、調子の悪さを感じている方が多くいますから、体調を上げて元気にしていく施術をしています。

産後の骨盤矯正

 

出産後

出産後に骨盤が戻らなくて、骨盤が太ってしまう事も起こります。下半身だけが大きくなって太くなってしまう事も起きやすくなっていますから。

産後の骨盤矯正は、重要な問題を含んでいますので、早めに、戻すことを考えて下さい。

産後の骨盤矯正は、体調が落ちて上がりきらないのが原因ですから、体調を上げていく事で色々な面が良くなっていきます。

出産は、

すごく体力を使います。体力を使って出産する訳ですが、普通は戻る体力が落ちたままになっていることがあります。

出産する時には、骨盤の方にホルモンが分泌されて、骨盤が開きようになって出産します。これが開いたままになっていることがあるわけです。

骨盤が開いたままになっていると最悪の場合、生理痛や生理不順、膀胱炎、歩きにくい、骨盤節の問題、骨盤の痛み、腰痛、腰が痛い、など骨盤に関係するトラブルが起きてしまいます。

また、骨盤が開きっぱなしになっていると、子宮や膀胱が下がってくることも起こります。

ひどい方は腸全体が下がります。

骨盤が開いたままだと、色々なトラブルが起こります。トラブルがひどくなる前に解消していく事をしていきましょう。

 

骨盤矯正は

産後の骨盤矯正は、骨盤が閉じない原因があります。この原因から改善することをしていきます。骨盤の開き方は人それぞれ違いますので、一概には説明できませんが。

骨盤が閉じないで開いている原因を見つけていきます。

多くの場合、体調の低下、眠りが浅い、ホルモンの異常、内臓疲労などが主な原因として考えられます。

骨盤が閉じない原因

●出産後は、赤ちゃんが夜泣きしたりするので眠りが浅くなったり、眠れなくなっりしますから、そのことからでも骨盤が開いてしまう事があります。

●出産で体力を多く使って出産したは良いけど、何をしても骨盤が開いたままの原因が体調もあります。良いものを食べても体調は上がると言う事はなく、体調が落ちたままと言う事もあります。

●ホルモンのバランスが悪く骨盤が開いたままと言う事もあります。体には色々なホルモンがありますが、一番関係するホルモンは脳下垂体ホルモンです。

●内臓疲労から内臓が弱ってしまうと骨盤が閉じません。内臓疲労から内臓が下垂している方もいます。内臓が下垂すると骨盤が開いたままになります。

●これら以外も多くの原因が考えられますが、ほとんどの場合、この4つだと思います。

ほとんどの場合

多くの場合、骨盤が閉じない原因は、体調の低下です。

体調が落ちたままだと、骨盤が上手く閉じてくれません。骨盤が閉じないと骨盤が大きくなりますから、大きくなると生理痛、生理不順、便通、膀胱炎、膣炎などになりやすくなります。

こまり、骨盤の中の内臓は、すべて働きが悪くなって低下すると言う事も起こります。

そして骨盤が安定しないと腰痛、腰の痛み、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に進むことも起こります。

体調は

体調とは、体調が長く悪いと、色々な合併症も起こります。合併症が起きると体調に限らず、色々な不調状態が長く続いていきます。

短期で良くなるものも良くならなくなります。

体調とは、ボキボキしても電気をしても上がりません。サプリメントを飲んでも体調は上がりません。

簡単に上がるものでしたら、時間をかけないで上がっています。

当院でも、一番、厄介なのが体調を、いかに上げることができるのか、と言う事です。

体調を上げていく事をしないと、色々な症状が一時的には良くなりますが、安定しません。

安定しないと言う事は、また、崩れやすくなります。

崩れやすいと

崩れてくると、また、しばらくしたら骨盤が開いていきます。

体調が崩れすぎて、体調が上がらない方もいます。この方は、体質の施術で直していく必要があります。

最近、多くの方が、何をしても体調が上がらない方がいます。この方の場合、体調を上げていく為には、無理してでも直していく必要がありますが、無理な施術はダルクなりやすく、体調が良くないと効果も出にくくなりますけど、変えないと一生、体調が悪いままです。

普通は、体調の悪さを自分で感じなければいけませんが、脳が弱り過ぎると、自分の体調を感じません。

脳が弱くなればなるほど、色々な痛みやコリは感じなくなります。そして風邪も引けません。

風邪を引かないではなく、風邪を引けなくなります。

細菌が体内に入ってきたら、自分で細菌を減らすために熱を出します。つまり自力で細菌を減らすことが熱と言う事になります。

せき、くしゅみ、鼻水も同じことです。

元気だから、熱を出して細菌を減らそうとする働きが正常です。しかし、脳が弱くなっていると、拒絶反応が起こりません。

つまり、細菌が多く入ってきても、増殖しても、何も起こらないと言う事になっています。

体質改善

当院では体質改善という施術があります。体質改善の施術で産後の骨盤矯正をしていくと、色々な面で変化が起きて体調も良くなるし、小顔になれる小顔矯正、骨盤が小さくなる骨盤矯正、ウエストがクビレてくる矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正、などもできます。

体質改善をするには条件があります。

定期的に来院していないとできません。 これが条件です。

小倉南区、小倉北区で30年になるカイロプラクティック徳力整体院。