生理痛を楽にして直す

  • はてなブックマークに追加
  • 生理痛は生理になるときに骨盤の歪みがあると生理痛になります。北九州市小倉や八幡と戸畑と行橋地区ででカイロプラクティック徳力整体院

生理の時に、生理痛を楽にする為に多くの方が薬ばかり飲んでいます。しかし薬は一時的に、その時の症状を緩和しているだけです。一時的な緩和よりも、生理痛の原因を見つけ出すことも考える必要があります。

その為には、まずは、体を整えていくことから始めていく必要があります。

来て、すぐに生理痛の原因が見つかる事はありません。生理痛の原因を隠してしまうほど、複雑にこじらせている方が多くいるからです。

その為には、体を整えていくだけでも生理痛は楽になることもある為に、体を整えていく必要があります。原因を見つけ出して改善していくのは、それからです。

ひどい生理痛

生理痛になる方は毎月の月経で多くの症状に悩まされています。これを改善したり解消する為には、体を整えていく事からしていかないと先に進める事ができません。

多くの方は初回の時に検査してみると、体調が悪く、自分でも気が付いていない悪い状況になっています。そこから改善しないと原因も、見つかりません。

生理痛を解消していくなら、体を整えて蓄積して起きた骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを解消することからしています。最低でも解消して減らす事をしないといけないのが日常で積み重なってしまった疲労です。

日常で多くなる疲れが生理痛に生理痛とは生理痛がひどくなるのは

体に多くの疲れや疲労がたまっていくと、誰でも起きる現象があります。それが骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレです。

日常で多くなる疲れや疲労の蓄積ほど、ありとあらゆる事が起きる事はありません。しかし、一番、検査する事も、解消する事も難しいのが、蓄積した疲れや疲労です。

疲れや疲労がたまっていても、感じやすい方もいれば、感じない方もいます。感じる方はダイレクトに感じてしまいますが、感じない方は、疲れたともダルイとも、どこかが痛いとかコリがあるとか、感じていない方もいます。

しかし感じていないだけで、疲れや疲労は蓄積しています。

気が付いていなくても、日常で毎日、疲れや疲労が多く体にたまっていきますが、時間が経過したり寝たりすると、それを感じなくなっていますから、良くなったと思う方ばかりですが、良くなることや解消することもあるでしょうが、残る疲れや疲労もあります。

疲れや疲労が減る場合と、減りにくい場合があります。でも、それは場所で別れます。

つまり、たまった疲れや疲労が減る部分と、残る部分があります。

一番、問題は減る部分よりも、残る部分が問題です。

疲れや疲労が残りやすい部分は、どうして残るのか、理由があります。

どうして、疲れや疲労が減らないのか!!

それは、弱いからです。弱いと言っても、一時的に弱っているとか、弱くなっていると言う意味ではなく、体質的に弱い部分に疲れや疲労が残りやすくなります。

女性は妊娠する為に生理になる訳ですけど、それが生理痛になる理由は、体質的に弱い部分が生理に関係する部分だからです。

生理に関係する部分が、体質的に弱ければ、疲れや疲労の蓄積を減らすことができません。その蓄積が、生理痛を起こしたり、生理痛がひどくなる原因になります。

体質的に弱さがあるから生理痛に

もし、体質的に生理に関係する部分が、弱くなければ生理痛にはなりません。

女性でも、軽い方もいれば、生理痛が多くある方もいれば、ひどく生理痛がある方もいます。これは体質的な弱さの程度・段階と疲れや疲労の蓄積が深く関係して起きています。

弱い体質も程度・段階・レベルが全員の方が違います。

体質的な弱さが、重症の方は、込むような生理痛の方もいます。

体質的な弱さが、中程度の方は、寝込むようなことはないかもしれません。

体質的な弱さが、軽い方は、少し調子が悪くなる程度かも知れません。

あとは体質的な弱さと、疲れや疲労の蓄積度合いが、関係しています。

生理痛に関係するのは院長の説明

眠りの問題と生理痛

生理痛になる時には、眠りの問題も、深く関係しています。

最近は、多くの方が眠りのトラブルを抱えています。眠りも気が付いている方もいれば、気が付いていない眠りの悪さの方もいます。

眠りと言うのは熟睡の事を言います。多くの方が、布団やベットの上に横になって目を閉じてスースー寝息を立てていると寝ていると思います。

しかし、これが大きな間違いです。

本当に眠りが出来ているか、できていないかは、恰好だけでは判断できません。目を閉じてグーグー寝息を立てていても、脳が寝ていない限りは、寝ることで疲れや疲労をためていきます。

寝れば寝るほど疲れや疲労が多くなります。

眠りには2通りの眠りがあります。

不眠症と生理痛

不眠症と生理痛

不眠症と言うのは、夜に寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないことです。

また寝つきが悪くないけど、夜中に何回も目が覚めるのも、不眠症です。すぐに目が覚めて眠れても、不眠症です。3時間か4時間すると目が覚めることがあるのも不眠症です。

不眠症の方は、状態が良くありません。眠りが浅いと言う事は脳疲労が強く起きているからです。脳疲労が強くあると体のすべてのホルモンに関係がある脳下垂体ホルモンにも影響が大きくあるからです。

それだけではなく体もボロボロになっていることも考えられます。それをダイレクトに感じる方と、感じない方に別れる事もあります。

自分でも気が付かないうちに、眠りが浅いと、ありとあらゆる悪さが起きています。

当院、神経の働きの低下、血流の流れの低下、リンパの流れの低下は起こりますが、それだけではありません。筋肉だけではなく内臓にも悪い影響が広がっていることもあります。

また骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレも起きていますが、感じていない事もあります。

こんな状態の方が生理になると、色々な症状の生理痛になることもあります。

まずは日常で多くなってしまった疲れや疲労の蓄積を減らすことと、眠りの問題も改善しなければいけません。

疲れや疲労の蓄積よりも、難しいのが眠りの問題です。

 

睡眠負債と生理痛

睡眠負債と生理痛

不眠症とは違って、睡眠負債と言う言葉があります。睡眠負債と言うのは、朝まで目が覚める事が無い為に、多くの方が寝ていると思っています。

しかし寝ているけど、眠りが浅い睡眠しかしていません。

単純に、目が覚めないけど寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

この方も、体の中はボロボロですから不眠症の方と同じような状況になっています。

 

生理痛の症状

 

 

生理の前や生理痛になってしまうと色々な症状が起きてしまうんですがか腹部の問題や腰痛や吐き気が伴ったり頭痛がしたり肩こりがひどくなったり気分の落ち込みはだるいとかあらゆる症状が起きてしまうのが生理痛なんですが生理痛がどうして起きるのかということを考えてください。


何かの原因があるから生理の時に生理痛になるわけですから原因がなくて体がなにかの異常を起こすということはありませんので原因を究明するためにも、まずは体を整えていくことが必要になります。

生理痛とは

生理痛とは

多くの方が生理の時に生理痛になってしまうのは、昔からあるために当たり前だと思ってしまって、薬ばかりに頼っていることが多くあるんですが生理痛というのは、しっかりとした原因があるんですが病気ではないため病院に行ってもわからないということがありますので、ホルモン系の薬をもらったりして飲んでいる方も多くいます。

出来たら生理痛になっている方も程度と言うか段階がありますので簡単に諦めることなく自分の体を直していくことからしていますので体を直していくと色々な症状が緩和されたり起きなくなったり治ったりということがあると思います。

生理痛を楽にしたら、そこから直すという2段階の方法があるんですが、一番、関係するのは体質が関係しますので生理痛が起こりやすい体質というのがあります。

 

ひどい生理痛

ひどい生理痛になってしまうのは体質的に生理に関係する内臓が弱いから起きている現象なんですが、弱い部分に疲れやストレスが溜まることが原因で、生理痛がひどくなってしまいます。

ひどい生理痛

全ては生理に関係する部分が弱いからひどくなったりしていますのでどうしてひどくなるのかということも考える必要がありますので知識として説明をしっかりと聞いてください。

 

生理痛の緩和

生理痛を緩和していくためには生理に関係するものを変えていかなければいけませんので一番変えなければいけないものは体質と体調の二つです。

何事にも全て体質が関係していますので腰痛であると肩こりであろうと生理痛であろうと頭痛であろうとすべての根底にある悪さのものは体質になりますので体質的な弱さがある上に疲れやストレスが溜まっていくと色々な症状になっていきます。

 

生理痛と頭痛、腰痛、腹痛

生理になってしまったら頭痛が起きたり腰痛がおきたり腹痛が起きたりという色々な症状を起こしていますが腰痛を起こす場合は卵巣と子宮に関係する腰椎と骨盤の問題が関係していますのでゆがみやズレが起きていれば生理の時に腰痛を起こし生理に関係する内臓がある部分ですから腹痛が起きるのは当然です。

頭痛になる時にはいろいろなことが関係していますので検査をしてみなければ頭痛の主な原因は判明しません。


生理痛と薬

生理痛と言うと多くの方が生理痛薬を飲んで痛み止めを測っていますが、病院の生理痛を緩和するというホルモン系の薬や痛み止めの薬などいろいろな方法があると思うんですが、どれもこれも原因を見つけ出すことをしていませんので、対症療法的に一時的に緩和をしているだけですから原因を見つけ出すことも考えてください。

 

生理痛とツボ

生理痛に効果のあるツボを押しても実際に直接的に何かのコンタクトを取ったほうがいいと思いますので生理に関係するツボを押しても効果はどうなのかなと思っていますし専門家の先生に押してもらうことも構わないと思いますが直接的な原因を探すほうがいいと思います。

 

生理痛の原因

生理痛には生理痛になる原因がありますので原因から見つけ出すことをしなければいけませんが原因というのは体を整えてから反応するものですから、まずは疲れやストレスが溜まったからだから解放することをしていかなければいけません。

生理痛になっている方は必ず弱い部分に疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスから減らしていかなければ、本当の原因を見つけ出すことはできませんので本当の原因を見つけ出すためにも体を整えていくことから始めていきます。

 

生理痛になりやすい体質

生理痛になるのは何かの原因があるから生理痛になっているわけですから、その原因を見つけ出して変えていくことができれば生理痛が良くなるという原理なんです。

しかし簡単な方法で生理痛が良くなることはありませんので、生理痛というのは一番深く関係しているのは生理痛になりやすい体質です。

もし生理痛になりやすい体質がなければ生理痛が起きることはありませんので、生理痛になりやすい体質から変えていかなければどんな方法も、一時抑えにしかならないので、ツボをしたりマッサージをしたり色々な方法があると思うんですが一時抑えばかりしていては、原因も、いつまにか進行してしまうということがあります。

生理痛の原因

生理の時に生理痛になるのは生理に関係するものが関係しているんですが、生理に関係するものというのは、ホルモンの問題と子宮や卵巣の問題があるんですが、根底にあるのはホルモンと子宮と卵巣に何かの問題が関わっている方が生理になっていますので、体質的に根底にあるものはホルモンの問題と子宮と卵巣になります。

体質的にホルモンの問題と子宮と卵巣の問題があるから生理の時に生理痛になって色々な症状を起こしているわけですから体質レベルのものを改善していかなければいけませんので根本的に生理痛を支えていくためには体質改善の治療が必要になります。

しかし生理痛になりやすい体質があってもあることが重なって起きていないと生理になっても、ひどい生理痛まで落ちることはありませんので、どうして、ひどい生理痛になってしまうのかという問題が別にあります。

ひどい生理痛の方も、いつも、ひどい方もいるでしょうけど時には、生理痛が軽い場合もあると思いますので、変化するという感じで生理痛が起きているのは関係しているものがあります。

軽い生理痛、ひどい生理痛の関係は

変化がないという方もいるでしょうけど、いつも、ひどい生理痛が起きたりするのは原因がありますので、変化する方の場合は、生理痛が軽くて済んだり、また、次の月には生理痛が、ひどくなったりという感じがあると思いますのでこれが関係するのは、すべて毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーや寝不足状態で体調を落としているのが原因です。

生理痛が変化するものは特別なものではなく、多くの方に蓄積しているものなんですが体質レベルで、どれぐらいホルモン系や子宮や卵巣が弱くなっているのかという問題に原因があります。

疲れやストレスの蓄積

生理痛と疲れやストレスの蓄積

毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することや歩いたりすることや階段を登ったりすることや体を動かしたりすることや精神的な緊張やプレッシャーなどを加えられた時なのでも、多くの疲れやストレスが生み出されて疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので、弱い部分が、どこなのかで起きる症状が違います。

根底にあるのはホルモン系の弱さと子宮と卵巣の弱さになりますので卵巣と子宮の弱さのある方が、 卵巣や子宮に多くの疲れやストレスを溜めていくと、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていき、背骨がズレることから、腰痛を起こしたり腰の痛みを起こしたりか腹部のだるさやハリや重たさを起こしたりしていきます。
腰椎の5番目は膀胱と子宮に関係する部分ですから、腰椎のズレが起きるというよりも先に内臓に疲れやストレスが溜まっていくと骨盤の歪みが起きたり、背骨の5番目の腰椎がズレを起こして行きます。

卵巣に関係する部分も卵巣に疲れやストレスが溜まっていくと、骨盤の歪みを起こし腰椎の3番目の骨がずれを起こして行きますので腰痛になります。

生理痛の原因

腰椎5番目 ⇒ 膀胱、子宮に関係する骨

腰椎3番目 ⇒ 卵巣に関係する骨

生理痛のある方は、必ず腰椎の3番目と5番目のズレが有ります。

弱い子宮と卵巣に多くの疲れやストレスが溜まっていくと骨盤の歪みや背骨のズレを起こしながら生理痛になっていきます。

生理痛というのは体質レベルの弱さの上に疲れやストレスがたまってよけいに子宮や卵巣の働きを悪くしてしまいひどい生理痛になっていきますので生理痛を改善するためにはまずは体を整えて蓄積してしまった疲れやストレスを内蔵から減らすことをしていかなければいけませんが内蔵と言っても病気ではありません。

 


北九州市小倉北区で生理痛を解消していくなら徳力整体院。

生理痛になるのは原因がありますから、生理だからと言って、あきらめないで下さい。生理痛にきく薬ばかり飲んでいないで原因を見つけていきませんか?

 

生理痛

生理があるたびに薬を使うことなく、原因から改善していくと生理痛が起きなくなります。1回でという訳にはいきませんが、体を変えていくことをしていきます。

生理痛

生理痛になってる原因から変えていくことをしていきます。

生理痛になる時には、生理痛になる原因がありますから、原因から変えていくことをしないと、薬は間に合わせですから、一時的な症状を治している訳ではなく抑えているだけです。

押さえてばかりいると原因は時間の経過とともに進行していきます。

生理痛になるのは

生理の時に症状が起きるのは

生理痛は誰でもあるものではありません。生理痛の原因がある人に起こります。

生理痛の原因が多いとひどい生理痛になります。

生理痛の原因が軽いと生理痛はひどくありません。

生理痛の原因がない方は、生理痛にはなりません。

研究者の生理痛に関係する説明は省きます。

当院の院長と施術法は現場担当なので、実際に患者さんの体を確認して検査して治療することをしています。現場で良くしていくことをしているので机上の空論は置いておきます。

多くのネットで情報を見ることは構いませんが、学者、研究者、製薬会社とは、実際にする現場とは違います。

実際に血液検査や尿検査、レントゲン、などの機械で検査できるものは病気になってからです。病気を見つけることができるのが、血液検査、尿検査、レントゲン、MRI検査です。

生理痛は病気ではありません。生理痛は症状です。

痛み止めの薬、ホルモン系の薬などを用いても、飲んでいなければ改善しないと言うことです。

それらを原因から変えていくことができます。

当院の体質改善の治療というのは、その原因から改善していくことができる唯一の治療法です。

体質改善というのは変わらないものを変えていく治療です。体質改善というのはアンチエイジング、若返りの治療です。

治療法の中でも唯一、体を変えていくことができる治療法です。

病院で手術しても切除はできます。薬任せにしても、薬で数値は抑えたりすることができますが、本当にそれだけです。物自体は変わりません。変えなければいけないのは数値もですが、物自体です。

例えば、生理痛に関係する卵巣、子宮、ホルモン系です。

それらの変えていくことをしていくのが体質改善という施術になります。

体質改善を進めていく前にも、体調を整えていく必要があります。

体調が悪いと、疲れやストレスが多くたまっています。

体調が悪いと、骨盤の歪み、背骨のズレが起きています。

体調が悪いと、ホルモン系はバランスが悪くなっています。

特に単純に見ても体調が悪いと骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤が不安定になっています。

子宮や卵巣は骨盤の中にある臓器です。骨盤に何らかの問題が起きているときに、骨盤の中の臓器が正しく働きことはありません。

骨盤の歪みや骨盤の問題はない方はいません。誰でもあるのが骨盤の問題です。多くの方が痛みやコリがない状態で起きています。

特に体調が悪いと骨盤の問題は多くなります。

骨盤はその時、その時で大きくなったり、少なくなったりしています。

つまり生理痛になるときには、体調が異常状態ではありませんがバランスがくるっています。

特に、生理痛になりやすい原因があるかたほど、バランスが悪くなります。

生理痛に悩む

生理痛を改善する

生理痛を改善するなら生理痛の改善で人気の30周年のカイロプラクティック徳力整体院へ。当院は生理痛を改善していく為に、生理痛の原因になる骨盤やホルモン系、そのほかの原因から改善していく事をしています。

生理痛が起きるのは、生理が来たときの体調にかなり関係しています。生理が来た時に体調を落としていると、体の歪み、骨盤の歪み、背骨の歪み、頭の歪みなどが起きています。

もちろん体調が悪い時にはホルモン系のバランスが崩れていますから、安定しません。

体調が落ちるとは、眠りが浅いとか、疲れやストレスがたまっているとか、風邪を引いているとかです。

しかし、体調が落ちても生理痛にならない方もいます。この場合は体質が関係しています。生理痛になりやすい体質があると、体調が落ちると、生理痛になりやすくなります。

生理痛になる方は、体質的な弱さがあって、体調が落ちた時に生理痛になります。

同じ生理がきても、生理痛が軽い場合があるのは、体調が少し良い場合です。

生理痛の体質の方の場合も、体調の良しあしで生理痛の度合いが違いますから。

体調で

体調で生理痛の度合いが、かなり左右されます。生理痛が起きても軽い時や、ひどい時があるのは、体調が関係していますが、子宮や卵巣なども骨盤の内臓だからです。

そして脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなるのも、眠りや体調に関係しています。

体調が悪いと歪みやズレが起きています。

骨盤の歪みが生理痛になる

 

 

骨盤が歪みを起こしていると、骨盤の中にある子宮や卵巣は影響を受けていきます。働きも低下していきますから生理痛になる場合が多くあります。

当然、骨盤の歪みが起きていると、骨盤の中にある内臓はすべて影響を受けています。

 

生理痛は根本的には体質で起きています。体調に関係なく生理痛が起こってしまうこと事態は良くありません。

ですから生理痛に関係する所を直していく作業をする必要があります。生理の時に生理痛になるのは、弱い所です。

弱い所が生理痛を起こしますので、弱い部分を強くしていきます。弱い部分は体質改善の施術ですか変わりません。